スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
164 PRO-CAR
2009-01-26 Mon 06:24
去年にリリースのニュースと同時に予約したSparkの164 V10 PRO-CARが遂に入荷した、との知らせが入り受け取ってきました。MINICHANPSの164も久し振りの164モデルということもあって一部でかなり盛り上がりましたが(笑)
今回のモデルも珍ラインナップということもあり「果たして本当にリリースするのか」少し疑わしいミニチュアモデルでした。

164procar01.jpg

クオリティーはSparkらしいもので、レジンモデルならではのシャープなスジ彫りやエッチングのモールなど質感が良くできたモデルといえるでしょう。定価が6400円と他のモデルと比較しても若干高いのですが、このようなマイナーモデルでハイクオリティーな製品ならムリからぬプライスでしょう。
ケチをつけるというか残念なのはフロントライトの再現なのですが、実車はスタンダードの164に倣っていますが、モデルの方は何故かクリアカバーの中にあたかもプロジェクターランプが装着されたかのようなモノになっています。クルマの顔ともいえる重要な部分だけに残念。少し角度も立ち過ぎな感もあります。まぁ、この辺は原型を作った人の感覚が出ますのでイロイロいえない部分ですが(笑)

164procar02.jpg

写真で見るとピンクの発色があり、若干蛍光色が含まれていると思われます。

164procar03.jpg

最大の見せ場である3.5ℓ V10エンジンもミッションを含め、かなりそれらしい再現となっています。

164procar04.jpg

今回の164 V10 PRO-CARはマニアックというか、実にSparkならではのセレクトだったと思われます。恐らくこんなマシンが存在していたことすら知られていないマシンで、誰もが飛びつきそうなFerrariなどのマシンとは対極にあるモノだからです。
Alfa Romeoは、戦後にTipo158と159というマシンでF1に参戦しレースの名門たる実力を思う存分見せつけましたが、その後、資金難に陥り76年までF1に参戦することは適いませんでした。
ブラバムとの契約が切れた1979年に自社製シャシーで復活を遂げたAlfa Romeoは179と182にV12エンジン、83年の183からはV8エンジンで戦いますが、信頼性の問題から戦闘力が低いものでした。戦績は83年にAndrea de CesarisがドイツGPと南アフリカGPでマークした2位が最高位で、完走することすら儘ならない状況でした。
85年を最後にF1からは撤退することになるのですが、この85年に164 V10 PRO-CARプロジェクトは始まったといえます。正確に言えば3.5ℓ V10エンジンの開発がこの時、決定したのです。このエンジンはリジェのF1マシンに供給する予定でした。85年頃というとターボ全盛の時代でしたがNAに移行することを読んでの対応だったと思われます。排気量も上限枠一杯の3,500としたのは当然でしょう。
開発の陣頭指揮を執ったのはPino D'Agostinoでした。彼はシリンダーブロックを72度の角度で鋏むV型エンジンを構想していました。このエンジン形式が最も最良だと考えていたようで、当時のフォーミュラーカーに搭載されるV8エンジンに取って代わる新しい時代のエンジンと位置付けていました。
72度という角度は中途半端な角度と思われるかも知れませんが、4サイクルエンジンは吸気と排気の2回転中に1回爆発します。つまり720度で1回の爆発ということになります。それを気筒数で割った角度が最適なバンク角となるのでV10エンジンは72度が理想的な角度となるのです。
85年11月に開発は正式に認可されたこのエンジンの開発スピードは極めて早く、86年7月1日には最初のテストが行われています。ルノーは翌年、ホンダは1ヶ月後にやはりV10エンジンを発表しています。

164pro06.jpg

このテストでマークした成績は583hp。この結果に満足したAlfa Romeoはこのエンジンを熟成させていく方向で決定します。このエンジンで培った技術は現在のF1にも基礎技術として使用されています。
このエンジンのシリンダーブロックは高密度シリコンが配合されたアルミ合金製でピストンにもこの合金が使用されていました。この当時はまだ高価なチタンがふんだんに使用されコンロッドなどの強度部品以外にもバルブやタペット、フライホイールまでもがチタニウム合金が奢られ、かなりのコストが掛かっていたに違いありません。このバルブは当初1気筒当たり4バルブでしたが後に5バルブに変更され、最終的な出力は620hp/13300rpm、39kgm/9500rpmに及びます。
しかしリジェとの契約が立ち消えになってしまい、Alfa RomeoがF1にエンジン供給するというプロジェクトも夢となってしまいました。行く先のなくなったV10エンジンは暫くの間、まるで忘れられたかのようにワークショップの一角に捨てられるままだったのです。

トコロがFIATの最高幹部たちは新しいプロジェクトにこのV10エンジンを使おうと考えます。それがF1のサポートレースとして企画されたプロカー世界選手権だったのです。
それはかなり規制がゆるいもので、車体がベースとするロードバージョンのモデルと同一の形状なら、重量が750kg以上で、3500cc12気筒以下ならナンデモアリ、というレギュレーションだったのです。またこのレースの側面には多くの自動車企業をF1のエンジン供給に巻き込もうという狙いがありました。市販車とほとんど同じ車体に各社のハイテク技術が導入され戦績がよければ販売拡大へのより大きな広告効果があるから、様々なメーカーが参加するだろうと考えていました。
Alfa Romeoが(FIATというべきか)プロカー世界選手権に参加する決定をしたのも、恐らく宣伝効果を狙ってのことだと思われます。何故ならF1ではイイトコロを見せられず拡販に繋がらなかったからです。そのためベースカーは当時ツーリングカー選手権などのレースに参戦していた75ではなく新型車164がベースに選ばれるのです。ベースとはいっても形ばかりで、見ての通りエンジンが後部座席の場所に鎮座していて、ボディーはこのように分割式でしたから中身はほとんどGPカーです。メーター廻りはさり気なく164の面影を残していますし、空調なんかない筈ですが、送風口が残されているトコロなんか笑えます。

164pro01.jpg
164pro02.jpg
164pro03.jpg
164pro08.jpg
164pro09.jpg

Alfa Romeoはエンジンこそ完成させていましたが、そのエンジンに耐えられる新しいシャシーを開発しなければなりませんでした。そこで開発はF1時代の盟友ブラバムとMRD(Motor Racing Developments Ltd)に委ねられます。
シャシーはハニカム構造のノメックスアルミ合金にカーボンパネルを貼り付けて構成し、いわば1976年のBT45以降に培った複合素材による技術の集大成でした。

164pro05.jpg
164pro07.jpg
164pro10.jpg
164pro11.jpg

1988年9月までにエンジンが15基、ボディーは2台完成しました。Alfa RomeoはイタリアGPでこの164 V10 PRO-CARをデヴューさせる心算でした。この完成したばかりのマシンをテストすべくバロッコのプライベートコースにに持ち込みGiorgio Francia にテストを依頼します。ここではおよそ10日間テストが行われたのですがその時にマークした性能は、最高速度340km、0-400mは僅か9.7秒、0-1000mは17.5秒という記録を叩き出して、しかもそれがタマタマではなく常に引き出せる性能であることを証明しマシンの完成度は上々だったのです。
このテストを終えた数日後の1988年9月9日、イタリアGPの開催されるアウトードロモ・ナツィオナーレ・モンツァに持ち込まれます。このサーキットは高速サーキットで知られ、164 V10 PRO-CARをデヴューさせるには持って来いの舞台でした。そして衝撃的なデヴューを果たすのです。
ドライバーはブラバムの契約ドライバーだったRiccardo Patreseでした。ここでも164 V10 PRO-CARは最高速度329km、0-100km/h2.4秒をマークし、これはF1のパフォーマンスに手が届くほどの性能だったのです。市販車のようなボディーを持つ164 V10 PRO-CARがこれほどのパフォーマンスだったのは、パワーも然ることながら、そのボディーデザインのエアロダイナミクスが優れていたことも大きく寄与していました。
この時の走行シーンがYou TubeにUPされていますのでリンクしておきますね。

トコロがAlfa Romeoがプロカー選手権に名乗りを上げたものの、いつまで経っても他のメーカーからは参加する兆しはありません。Alfa Romeo以外チャンピオンシップのマシンを開発するリスクや経費を出そうというメーカーはなかったのです。プロカー世界選手権が始まることはありませんでした。
FIAはプロカー世界選手権そのもをお蔵入りしてしまい、折角完成した164 V10 PRO-CARもそのパフォーマンスを披露する場所を失ってしまいます。その後、ツーリングカーのレースはグループAのSuper2000規定が用いられるようになり、いよいよ3,500ccのエンジンは使いどころがなくなってしまいます。

どうしても15基も作ったV10エンジンの使いたいAlfa Romeoは、91年にWSPCの規定が変更されNA3,500ccのみとなることを受けてプロトタイプカーにこのエンジンを載せようと計画します。

ワルアガキもココまで来ると立派だ(笑)

元々この規定変更はグループCのエンジン規定をF1と同じにすればグループCに参戦するメーカーがF1にもエンジンを供給しやすくなるので、グループCもF1も活性化するだろう、というFIAの目論見でしたが、結果は全く逆でそれが裏目に出てWSPCに参戦していたメーカーの多数撤退を招いてしまい、翌年にはやっと開催できたという具合でレースそのものが消滅してしまいます。
Alfa RomeoはSE 048というV10エンジンを載せたマシンを完成させていましたが、レースが消滅しては走る場所がありません。このマシンも日の目を見ることは叶わずお蔵入りとなってしまうのです。

SE0481.jpg
SE0482.jpg

現在、この2台はAlfa Romeoの本拠地アレーゼにあるMuseo Alfa Romeoに保管されています。164 V10 PRO-CARは1度サーキットを走っていますが、SE 048は冗談抜きにお蔵入り(笑)
因みにこの博物館、撮影はOKらしいですね。



スポンサーサイト
別窓 | ミニチュアカー | コメント:11 | トラックバック:0 |
Alfa Romeo MiniCar Collection
2008-10-22 Wed 19:11
前回は大いに盛り上がった“MASERATI MiniCar Collection”
今回はAlfa Romeoシリーズの第2弾です。前回は車検の終わった翌日が発売日で運悪くゲットすることができませんでした。今回はそれの雪辱戦ということもあって燃えています(笑)

alfa_mini01.jpg


コスモス狩りを終え、そのまま熊本を目指した我々ですが、今回も大分県から最も近い店舗、サンクス熊本大津吹田店で購入します。

到着して探すと箱に全部収まった状態であります。前回は歯抜け状態になっていましたからコンプリートは無理だったかも知れません。その状態で純粋なダブリが1台だけだったのは幸運としか思えません。
イヤでも「コンプリート」への期待は膨らみます。が、しかし一箱目を引き抜く時にしっかりと納まっているためか、手に強いテンションが掛かってしまいました。こういう余計な力は手の感覚が鈍るので避けたかったのですが、持ってみなければ重さがわからないので仕方がありません。
ところがです。

持ってみても全然わからない!

軽いと感じたものは隣に分けておき、もう一度持ち比べてみても重さの違いが分からないのです。重いグループも僅かに重いか軽いと感じたものがあり、それを別にしますがその差とてやっと違いが分かるレベルなのです。しまったさっきの余計なテンションで感覚が鈍ったか…
か~なり自信がないので保険として追加購入を軍曹に申請すると「何個追加?」というので「2個」というと安心して許可が下りました。結局、合計12個を購入しました。
レジに進むと軍曹も狙いの商品があったらしく「私は2個で我慢するから(怒り)」と差し出します。その様子はかなり面白いらしくお店の人に笑われてしまいました(笑)
お店のハナシではAlfa Romeo MiniCar Collectionに関しては追加発注ができるそうです。他のシリーズは最初のロット発注だけで後の注文は受けないそうですが、Alfa Romeoだけは何故か3ロットまでの追加発注ができるそうです。何故にそうなのか京商の社員を小1時間問い詰めたいw
そうやってオハナシしていると背後での異変に気付きました。薫が泣いているのです。しかも声を立てずに(笑)実は先程、コレが欲しいとのたまっていたのですが前日に他のオモチャを買ってもらっていたので「我慢しなさい」と言ったのです。彼が欲しいと言った“SKYLINE COLLECTION”は買わずにはこの場を凌げないようです。一台だけと約束して買って上げました。

という事で開封式に入りたいと思います。
alfa_mini02.jpg

重いグループを3台セレクトして開けてみます。

最初が156GTAのRosso。156オーナーなら持ってないとね(笑)

alfa_mini03.jpg

重さが微妙な一箱は…147 GTA(被らんかった)

alfa_mini04.jpg

次は156GTAの青だー。被っちまったorz

alfa_mini05.jpg

軽い方もも開けてみます。
最初はTipo33 Stradaleです。しかしネロだ…
これはアバルト美術館が健在だった頃に見に行けば良かったと今でも後悔しています。

alfa_mini06.jpg

こうなると片っ端から開けていきます。
Giulietttaだー!しかしシルバー。コレはビアンコかロッソだろうね。

alfa_mini07.jpg

次、TZ2(よっしゃー)色はロッソではないですが…

alfa_mini08.jpg

チョイ重めの箱を…おっ、やって来ました155V6TIタソ。
BTTCを制した94年のマシンです。

alfa_mini09.jpg

調子こいてもう一箱を開けてみましょう。
な~んだSpiderです。しかもシルバー(コテコテじゃん)

alfa_mini10.jpg

ショウガナイ、軽い方を開けてみましょう。
TZ2のシルバー…これで後がなくなりました。

alfa_mini11.jpg

ならばどうよと開けてみたのがTipo33 Stradaleのロッソ~キタ━(゚∀゚)━!
被ってしまったので一台落としましたです←確定

alfa_mini12.jpg

次、Giuliettta。希望色ビアンコだぜぇ~ ついでに2台目落としたの確定orz

alfa_mini13.jpg

そして運命の最後の箱……ブレラ。
軍曹はブレラが好きなので大喜びですが、ちょっと複雑な心境(笑)

alfa_mini14.jpg

結局、12台購入して159SWとRZが出ませんでした。
前回の“MASERATI MiniCar Collection”同様に重量を計ってみます。その結果、何故今回はこれほどの苦戦をしたのか嫌というほど思い知らされます。

156GTA 48g
147GTA 46g
Giuliettta 38g
Brera 48g
Tipo33 38g
155V6TI 46g
TZ2 38g
Spider 49g

これじゃ~分からなくても当たり前です。
何、ウェイトコントロール始めた訳ッ!?

でも逝って置くぜっ、

2グラムの差はチャンと感じたとな(核爆)


別窓 | ミニチュアカー | コメント:25 | トラックバック:0 |
IKEA、ミイラになる
2008-07-20 Sun 14:19
京商の“MASERATI MiniCar Collection”が何故か盛り上がっています(核爆)
510さんこ~んずさんが惜しみなく資金を注ぎ込み、毎日その成果を報告されています。特にこ~んずさんは「意地になっている」としか思えません(激爆)
ついコメントで「買おうかな?」などと口を滑らしたばかりに、こ~んずさんから
「購入レースに参加表明?」
などと書かれてしまいました。

漢に二言はないのだ!有言実行あるのみっ!!

というわけでお隣、熊本県に遠征してきましたよ。
軍曹のお許しが出たからですがね(苦笑)
このために用意周到に準備し仕事は定時でキッチリ終わらせ、156と人間様の燃料補給も準備万端でいざ出発。
目指すはサンクス熊本大津吹田店
大分から一番近いと思われる店です。それでも往復200kmですが。

到着するとその類の商品棚へ直行します。良かったありましたよ~
こ~んずさんも記事で書かれていますが、1/64というスケールモデルである以上、実車の大きさが違えばモデルの重さに影響するはずです。僕はこの微妙な重さの違いに敏感という、職業柄の特技があります。

よって今回は10箱のみ購入、という賭けに出てみました。
10箱でどれだけ引き当てられるかが腕の見せ所(笑)
欲言えば「手の感覚で色がわかればいいんだけど」

エスパーかっ!

慎重に基準となる重さを決め、感じた重さの順で振り分けて行きます。この時、大事なのは「無の境地」になることです。雑念があっては感覚が鈍ります。まして雑誌コーナーでHな雑誌を立ち読みした後などでは、このような作業は不可能とさえ言えます。それほど真剣勝負なのです。

慎重にセレクトした10箱のみを抱えレジに向かいます。すると横から
「まだたくさんありますから出しましょうか?」
キッパリお断りしました。一度決めた事は曲げないのがですからっ!

今回のお目当ては何と言っても“Tipo 61”です。これだけは極端に軽いのでGETしやすいと思います。僕は念のため、軽いと感じた箱を2つ仕込みました。色違いでも嬉しいので。
あとMC12はGT1が一番重くMC12は若干軽いと予測しました。Quattoroporteもこのグループです。中間の重さで最大がGranSportは間違いないのですが、その他の車種はおそらく+-5gの世界でしょう。その他のお目当ては”Bora””Merak””Ghibli””Khamsin””MC12シリーズ“です。

帰宅すると軍曹が開封したそうにします(笑)
開封は翌日にしようかと思いましたが、本日開封決定。

box.jpg

まずは軽いと感じた箱から。
じゃ~ん“Tipo 61”ゲット!こいつは楽勝。
tipo61rosso.jpg


中間グループに移動。
おぉ~“Khamsin”できればシルバーじゃなくゴールドが良かった…
khmasin.jpg


じゃあと重いグループも一つ開けましょう。
予想通り“MC12”あと3個あります。
mc1201.jpg


中間グループへ。
おっ“Bora”ここまでカブリなし。
bora.jpg


な~んだ“GranSport”(´・ω・`)ガッカリ…
gransport.jpg


次、“Merak”いやっほ~!
merak.jpg


軽い「保険」の箱“Tipo 61”白。やり~!
tipo61Bianco.jpg


残りは重い3箱。
1箱目。が~ん“MC12”
カブっちまった~
mc1202.jpg


もう一つ
おっ“MC12 GT1”
mc12gt1.jpg


最後の運命の箱
じゃ~ん“Quattroporute”
quattroporte.jpg


完全にカブったのは“MC12”のみ。
まずまずの成績ではないでしょうか。ただ色が黒っぽすぎです。

葬式かっ(爆)

今回ゲットできたモデルの重量を測ってみました。

MC12 GT1 58g(最重量)
Quattroporut 54g
MC12 50g
GranSport 48g
Merak 47g
Bora 46g
Khamsin 44g
Tipo 61 35g(最軽量)
(いずれもブリーフケースでの状態)

今回“Ghibli”がゲットできなかったのが残念ですが、重量的には”Khamsin“とほぼ同じなのかも知れません。

ところで帰り道、ちょっとヤラカシマシタ…

センターにあるプラスチックのポールに当ててしまったんですよ~
国道から外れて山道に入った時の出来事。
向かってくる対向車がハイビームのまま来ましてね、蒸発現象って言うんですかね。メクラマシ状態で目が戻ったら、目の前にポールがあったんですよね。
Una ferita01


はぁ~
Una ferita02


でもコンパウンドで磨いたら消えました。
この程度で済んで良かったけどポールが人だったらと思うとゾッとしますね。

別窓 | ミニチュアカー | コメント:10 | トラックバック:0 |
| 欧州車貧乏記録簿 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。