スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
156車検
2007-02-27 Tue 23:31

今回、156は生まれて3回目の車検を受けました。
持ち込んだのは正規ディーラーのアレーゼ中九州さん。昨年から入庫させる件は話していましたので、作業自体はスムーズで3日で終了しました。
加えてタイミングベルトの交換メニューが入っていてそれなりの出費を覚悟しなければなりません。
エンジン開腹作業があることから、今回は思い付く油脂関係を全て交換しました。気になるのは費用と思われますので見積り書を公開します。
今回はそれ以外に、25,000kmで交換して以来無交換だったスパークプラグの交換が含まれます。
記事が長くなりますので「車検編」と「タイミングベルト編」に分けてUPします。

shaken1.jpg



工賃・部品費用合計 ¥81,927
自賠責保険・重量税・印紙代合計 ¥69,580
車検費用総額 ¥151,507

ユーザー車検や激安車検に慣れているならかなり高いと印象を持たれるでしょう。しかし車の健康状態をチェックするという意味においては、一度ディーラーで診てもらうのは損じゃないと思います。況してや新車のフィーリングを知らないのですから、素人判断は致しかねる部分もありディーラーで診てもらう事にしたんです。
状態は良好で至って健康って事でした。98,000km走行で良い状態を保っている原因は前オーナーが大事にしていた事と交換すべき部品を交換しなければならない時期にしっかり交換してメンテナンスされてきたからでしょう。工場長も大変良くメンテされてますからまだまだ大丈夫ですと太鼓判を押して下さいました。
次回はヤレ始めているダンパーとピロマウントを交換しなければならないようです。





スポンサーサイト
別窓 | AlfaRomeo | コメント:6 | トラックバック:0 |
Xantia参上!その2
2007-02-27 Tue 22:03

斜め後ろの勇姿もご覧にいれましょう、と、ただそれだけです(笑)

xantia03.jpg



置き場所の都合で後ろからの写真が少ないんですよね。
この角度からだと、ぶつけてしまった傷も良くお分かり頂けるかと思います。多分花壇くらいの高さだと思うんですよね。傷の位置からして。

少しステアリング切り過ぎたかな?
ガリッ!
!うわぁ、やっちゃった。(恐る恐る車を降り自分のミスをチェック)

ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

前オーナーさんのこんなシーンが頭の中を走馬灯の様に・・・





別窓 | Xantia | コメント:0 | トラックバック:0 |
Xantia参上!
2007-02-26 Mon 18:16
前歴がわからないまま、Xantiaは栃木から1週間かかってやって来ました。


Xantia01.jpg


xantia02.jpg




気になるのは車の状態。ルーフの退色はアンテナ基部まで及んでいます。

RドアCピラーにもクリアに劣化が認められました。「リアスポイラーには塗装剥れはありません」と言っておきながらクラックが入っているじゃありませんか!これってダメージって意味では同義ではないの?
内装は何とドアを閉めたらスピーカーカバーがポロっと脱落!フロントツィーターカバー左右とも劣化で崩壊寸前。

極め付けは

エンジン掛けたら「カラカラ」と地獄の底から忍び寄る不気味な異音・・・・・触媒逝ってるかぁ?
お約束のトラブル満載でやって来たXantiaは先行きに早くも赤信号が出ていました。
翌日は日曜日なのでとりあえず洗車と室内の清掃。こういう作業って車の状態を見極めるお約束みたいなもの。
外装に付いてはルーフとリアハッチの退色が激しく、表面が荒れて洗車スポンジが引っ掛かるほどになっています。リアスポイラーは中央付近に前後に走るクラックが一本あり、これもルーフ同然になるのは時間の問題。左リアドアのモール下に目立つ接触キズ。板金が必要なダメージですが幸いモールは無傷。右リアフェンダー前端にも線キズ。
右フロントフェンダーの上部に何か落とされたのかと思われる軽いヘコミがあります。ボンネットは洗車中に小さなクリア浮きのコロニーを発見しましたが、拭き上げてみると右前方部に板金跡を発見。どうやら走行には支障のない程度と思われる事故をしているようです。
ゴム、プラスチック部品が弱い欧州車としては内装の主要部品は悪い部類ではなさそうですが、ドアのストリップは波打っており見た目も含めて交換した方が良さそうです。
11年も経過した車なら、当然のことながら磨きキズはおろか飛び石や木の枝などが接触して無数のキズが付くのは仕方のない事。このエグザンティアも例外ではなくフロントバンパーには無数のキズが見受けられました。どの辺りまで修復するかによって、全面塗装した方が安上がりのケースもありそうです。
気になるカラカラ音を確かめるべく、車高をHiにして下回りを覗くとやっぱり触媒が疑わしい。このタイプの触媒は、中の構造が炭化して崩壊しこのカラカラ音が発生するそうです。そのまま乗り続けて音がしなくなった(中身が完全に抜けてしまった)と言う猛者もいますが、勿論車検には通りません。Xantiaのキャタライザーは新品じゃあ高いしどうしたものか?
奇跡的というか、ちゃんとメンテされていたのか心配のハイドロ関係は異常がなくLHM漏れも発生していないようです。特に配管の繫ぎ目から漏れるらしいですが、この車に関しては見受けられず安心できそう。
売主は「一応、基本整備は定期的にやってました」と言っていましたが、信用できる内容と見て良いようです。
車検整備と登録の件でZXと156でお世話になっている近所の平山自動車さんに連絡。
社長かなり驚いた様子で

「こ、今度は何?」
「シトロエンのXantiaって車です」
「またシトロエン!」←そんなに驚かなくても~

車検がないのでレッカーで運んでもらう事になりました。
現在、気になる部分とリフトアップして見つかる不具合を知らせて欲しい旨を伝えておきました。社長もすぐに「カラカラ音」が気になったらしく「触媒かな~」と下を覗き込みます。ともかく工場へドナドナ。
その間に、車庫証明などの書類を揃えておきます。

P1000048.jpg


P1000047.jpg





別窓 | Xantia | コメント:6 | トラックバック:0 |
誕生日
2007-02-26 Mon 18:02
20日は次男の4歳の誕生日でした。
我が子のなかで一番の車バカである彼は、誕生日に貰うプレゼントがいつも車のオモチャ。
親としても可愛い息子のために英才教育買ってやらねばと薄給からプレゼントを捻出しております。

で、今年は


トミカ回転パーキング!


tomica1.jpg


今まではミニカー主体だったのが遂に周辺機器に及んでおります。
エレベーターは回転しながら下がるギミックが施されており、だから「回転パーキング」
僕も彼くらいの時にガソリンスタンドとサーキットのコースを買って貰いました。そういうお年頃なんでしょう。


駐車場に入る車も必要です。

彼セレクションは「インプレッサWRX」と「ランサーエヴォリューションⅦGT-A」


tomica2.jpg



彼なりの選択基準が既に形成されているようです。
但し、「いんぷれった」としか言えてませんが(笑)

しかし、なぜ回転して車庫出しするんでしょう?
食事終わって、さーて帰るか、てな場面では確実に逆噴射してしまいそうです。
人間の三半規管に果敢に挑んでいるのでしょうか?
謎は深まるばかりです。


tomica3.jpg


こうして夜も更けていくのでした。





別窓 | 日々記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
聴けアルファの歌うぉ!
2007-02-25 Sun 15:46

アルファロメオのオーナーならやはりエンジン音、っていうより排気音に興味がおありではないでしょうか?

そこでブリッピングでの音をデジカメで収録してみました。
最大で8000rpm近くまで回した音です。
収録日が結構寒かったものですから水蒸気が良く見えます。つぅか、マフラーエンドに水溜まってますがな。
CFカードの残量が少なかったので15秒のムービーになっちまいましたが、長すぎるのも考え物です。

で、UPしようとFLVメーカーに送ってますが・・・


エンコードに時間掛かりすぎっ!(怒


経過のパーセンテージ出して貰いたいですねぇ。
「もうチョットの辛抱だ。がんばれ」とかメッセージ出るとより親切。


無理か、やっぱり・・・・・・




相互リンクさせて頂いているペコーさんのTSサウンド記事にトラバさせて頂きました。
あちらはユニコルセマフラーにレゾネータ交換で吸気音もバッチリ収録されていて快音ですよ。
是非、聞き比べて下さい。

ひよさんのTS動画、追加です。
こちらもユニコルセのマフラー。同時点火導入と導入前の比較。そしてペコーさんのブログ同様に、走行シーンも楽しめます。

お二方とも手が込んでおります。

広熊さんのTSサウンド追加です。
上記のお二人はユニコルセでしたが、広熊さんは147のOVER RACING。
低音から響く力強い音です。




別窓 | AlfaRomeo | コメント:7 | トラックバック:2 |
君はサラブレッドを見たか?
2007-02-23 Fri 22:55
IKEAです。久々の更新となってしまいました。
猛威を振った嘔吐下痢症もやっと小康状態となり家族の健康も取り戻せつつあります。
度々、この貧弱ブログに足を運んで下さる奇特な方々にご心配かけ申し訳ありませんでした。
僕もスッカリ元の調子を取り戻したようです。

ところで、僕が病に倒れている間にこんなイヴェントが行われていました。

それは・・・



FERRARI 60 REARAY in JAPAN



1947年創業から今年60周年を迎える記念行事として、「オーナーから次のエントリーオーナーへと直接バトンを手渡す」というこの企画。日本では正規ディーラーであるコーンズが執り行っています。

1月28日にアラブ首長国連邦をスタート(さすがはオイル王!)したフェラーリオーナーは60年の輝かしいフェラーリの事業を刻んだバトンを手に、次のオーナーに手渡すという壮大なもの。
オマーン~カタール~バーレーン~クウェート~サウジアラビア~シンガポール共和国~マレーシア~中国というコースでひたすらアジアを走ったバトンは日本へ。

日本でのスタートは2月17日に東京からスタート。
南下を続け九州には2月21日に突入!
山口~大分~熊本と走り福岡入り。
九州からは20台の参加だそうです。いや、あるところにはあるもんですなぁ~

この後、東南アジアを南下しオーストラリア大陸へ。一旦南アフリカへ渡った後は北米大陸を北上しヨーロッパ各地を縦断して一旦アフリカ大陸を経た後、6月24日イタリアに到着するコース。正に世界をまたに「駆けた」企画です。



ところでアルファロメオ社はこんな企画やらないんでしょうか?


別窓 | AlfaRomeo | コメント:2 | トラックバック:0 |
軍曹であります!(敬礼)
2007-02-19 Mon 23:25

隊長IKEAが体調不良の為、私、軍曹がお送り致します。
どうやら隊長…








嘔吐下痢症、かも??







子供にうつされたのかもしれないです。下痢ピーだそうです。辛そうです。軍曹、先程下痢止めを買いに近所の薬局まで走りました。そこで、薬剤師さんに相談したのですが、「僕も、えーーと…2月…3日だったかな。やっぱりウイルス性の下痢になったんですよ。その時に、この薬飲んだんですよ。で、最初は効いたんですけど、次が中々効かなくって、4時間おきに飲んでましたねー」(註:まだまだ続く)









「貴様の話は聞いとらん!!(怒)」



と、言いたかったです、はい。
明らかに「2月3日」と「最初は効いたんですけど云々」あたりはどうでも良いと思うんですよね。いや、親身になってくれてるんだと思ったんで、相槌打ちながら聞いてましたよ。軍曹偉い!(自画自賛)


と、どうでもいい話書きましたが。


要するに、IKEAは体調悪くて2、3日更新できないかも知れないという事です。もし、もしこのブログの更新を楽しみにされている奇特な方がいらっしゃいましたら申し訳ないと思いましたので、軍曹、この記事を乗っ取り、だらだらと書かせて頂きました。


それでは、失礼致します!(敬礼)






別窓 | 日々記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
全滅(´Д`)ハァ…
2007-02-19 Mon 20:54

先週、娘から発生した嘔吐下痢症はまず次男を血祭りに。
家内のお父さんの車に思いっ切り吐いてしまいましたぁ、ゴメンナサイ・・・
で、次男が大分良くなって来たと思っていたら今度は長男。
学校からの連絡で家内が迎えにいったそうですが、病院に行くと案の定「嘔吐下痢症」
子供全員に一巡してしまいました。



全く進まんじゃないか、ガミラス艦!



家族が回復まで暫し基本塗装はお預けのようです。





ところでこの問題。

下の図のような直方体で点Aから点Bへ面上を通っていくとき、その最短経路は何㎝か答えなさい。

rippoutai1.jpg


因みに僕が出した答えは√138。不正解だそうです。
ガ━━(;゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(   )━(゚;  )━(Д゚; )━(゚Д゚;)━━ン!!!!!
中3レベルでヤバイぢゃん!

僕はl=√a二乗+b二乗+c二乗という法則で出したんですが、求め方が違うようです。
だとすれば以下のように

rippoutai2.jpg


仮点cを設け、bc間の長さ(底辺)を計算して斜辺abを求めるんでしょうか?
まぁ、それも可能ではあるのですが。


どなたか解る方いらっしゃいましたら模範解答お願いします。






別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
それでは落札ボタンをポチっとな
2007-02-15 Thu 20:47

06年8月13日 いよいよ決戦の日です。正直、競らないだろう、との予測は外れました。高値掴みしてしまった…

何でココまで競ってしまったんだろう?

1円スタートでお約束の塗装状態が悪い車両なので、せいぜい5、6万が相場と思いきや超ご近所さんがそれを上回る金額で入札しています。マズイなぁ、競り上がりそう・・・
結局、僕の初期予算を超えて終了。金策に走らねば_| ̄|○
ハイドラ関係はLHMの漏れはないとの事。無改造派の多いシトロエンにしては、ホイールは交換、リアスポ装備で極め付けはヘッドライトを4灯化。純正か社外かもわかりません。
現状で車検はなし。一時抹消の状態です。内装は状態良好と言いますが、肝心な記録簿がない。これが致命的。
自分で確かめて行くしかないだろうねぇ( ´―`)フゥー...

95年式 Citroen Xantia V-SX 2.0i
走行51,000㎞ 複数オーナー 記録簿なし オプションのサンルーフ付き
ホイールはテクノマグネシオの15インチ、マフラーはDevilのものに換えられてます。

落札後に台風が直撃。振込みは22日に延ばして貰いました。
とりあえず書類だけ先に送ってもらう事とし、その後車両は陸送でやってくる事に・・・


本日は夕食の後、2日触れなかったガミラス艦に取り掛かろうと思っていたのですが、娘の体調が悪く出来そうにありません。夕食の時、あまり食べないのでおかしいとは思っていたのですが、その後何度か吐いてしまいシンナーを使う作業は無理と判断しました。こういう時にちゃんとした設備が欲しいと思いますね。風邪が治りきってなかったのでしょう。
長男はいつものようにガッツリ食べて、その後デザートまでシッカリ(笑)






別窓 | Xantia | コメント:2 | トラックバック:0 |
バレンタイン
2007-02-15 Thu 19:31

昨日は全国的にバレンタインでした。本命や義理のチョコが飛び交ったことかと思われます。
我が家では・・・
娘からの生チョコ☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ


choco1.jpg


choco2.jpg



でも。

いつまで父にくれるのかなぁ…(´・ω・`)ショボーン


何気に毎年腕前が上がって上手くなっています。
この味、10年後は他の男にあげてる…の?


父親の心境はこんなものかと、ねぇ…(世の娘を持つ父親わかるよね!ねっ!)






別窓 | 日々記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
第2回ムルシエラゴ再び
2007-02-15 Thu 08:38

これは軍曹@家内の収穫です。以下のコメントは軍曹談(笑)
夕方いつものように近所のスーパーに買い物へ。帰り道で信号を待っていると、向こうから他の車とは明らかに違うオーラを放つ車が近付いて来ます。


( ゚Д゚)アライヤダ!!ムルシエラゴ!!!!


murcielago3.jpg



幸い渋滞の時間帯で少しずつ進んでいます。

今からでヤレルのか?

横断歩道が青になった途端ダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノ

はいっ、ちーづ!ぱぢり!


murcielago4.jpg



・・・

・・・・・・ふぅ
見事ムービーに収める事ができましたv( ̄Д ̄)v イエーイ
最後に軍曹の「はぁ~」という全力疾走後の息が収録されております(笑)
エンジンはそんなに回してない筈ですが、結構音もキッチリ録れてますね。





しかし、またもや発見となれば近所に越してきた方所有なのかも知れません。←県外ナンバー
これは由々しき事ですぞ(何が?)

別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:5 | トラックバック:0 |
ガミラス艦 その2
2007-02-12 Mon 20:14
ここの所、冬とは思えない暖かさです。
なのに僕は風邪をひいてしまったようです。一昨日、体が妙に重いので熱を計ると37.8℃。
娘が前日に熱を出したので伝染されたようです。今日も朝から37.2℃の微熱。
昼頃は7分に上がってウギャー(トホホ)調子が乗りません。
しかしガミラス艦の製作は続けます。
今週は何故か忙しくて捗らなかったんですね。
ブログの記事は、元々長文癖があるのであまり書くのに時間は掛かりません。
しかし用事の対応はそういう訳にはいかず、雑務に追われてました。

本日は修正箇所の傷をチェックする為、その他の修正済みパーツ共々サフ吹き。







……



………あ。


修正できてない段差発見!Σ(゚д゚lll)ガーン


gamiras2.jpg


目立つ傷に溶きパテ、1500番ペーパー空研ぎ。プラパテだと乾燥時間が長いので埒があきません。やっぱり納得いく面が出ないと気持ち悪いじゃないですか。パテ、替えようかな。使った事ないんですがタミヤの光硬化パテってどうなんでしょう?値段も1,200円とチト高いです。使ってる方のご意見も伺ってみたいです。
基本塗装に使う船体のカラーを調色。一度9年前に作ったガミラス艦の色に近付ける為、モニターと見比べながら作って行きます。しかーし!モニターの色も実は当てにはならんのですよ。
多分感じが違うだろうな。記憶色という事で勘弁して下さい。
明日は基本塗装へ突入か!

宇宙戦艦ヤマトのエンディングを観て気分転換(笑)


gamiras3.jpg


は~、今回は手間取ってるなぁ・・・






別窓 | プラモデル | コメント:0 | トラックバック:0 |
第1回「うおっ!こんな所にこんなものがっ!」
2007-02-08 Thu 21:19

このカテゴリーは、街で見掛けた気になる車を撮影しちゃえーという企画です。
隊長こと私IKEAと軍曹(家内)が街で見掛けた気になる車を激写しようという目論見です。
で、その第1弾はコレ。








ランボルギーニ・ムルシエラゴLP640






ええ~!ウソ?マジでっ!?
でもウソでもデッチアゲでも何でもありません。撮った本人が一番驚いてるかも・・・
撮影は我が家から100m程離れたある空き地。
交差点が青になって空き地の前を通り過ぎようとしたら、何か変わった車が見えます。
僕の妖怪アンテナ、じゃなかった車レーダーがビビッと反応(笑)
「ウソ!ムルシエラゴじゃねぇかぁぁ!!」
一瞬、頭の中真っ白。しかし次の行動はとりあえず戻って見てみよう、という謂わば本能的行動を取ってました(笑)
確かにそこにあるのは紛れもなくムルシエラゴです。間違ってもムシカゴなどではありません。
非日常的風景ってこういう事を言うんでしょうね。しかも、無造作に空き地に停めてある所が笑えます。
しかし田舎じゃ5年に一度見るか見ないかの車であることは間違いありません。
ちょっと遠慮がちに携帯のカメラでパチリ。レンズが曇っていて少し画質が悪いですがご覧下さい。


murcielago1.jpg


murcielago2.jpg



目の前にあるのは1万円札が3142枚必要なお車です。640頭のお馬さんがパッカパッカです。
あんまりジロジロ見るのも悪いので遠巻きに鑑賞させて頂きましたが、どうやらMTのモデルみたいでした。
それにしても最小回転半径6.27mって小回り利かなさ杉。






別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:0 | トラックバック:0 |
僕これ欲しくなっちゃいましたよ~
2007-02-06 Tue 21:35

このブログは過去と現在がゴチャマゼに進行しているので、支離滅裂な部分があります。
晴れて156のオーナーになり、登録はいつもお世話になっている整備工場にお願いしました。
「で、今度は何買ったの?また外車?」
「えっ・・・!ええ、まぁ(苦笑)」
「アンタも外車好きだねぇ~」
「・・・」(別に外車が好きなんじゃなくて車が好きなだけなんだけど・・・)
車庫証明が出るのに1週間くらいかかります。手続きが済むまでの間は156を横浜ナンバーのまま乗る事に。
10日位して社長さんから連絡があって、明日登録するので車を取りに行きます、と言います。足はどうしよう?
「明日はシトロエンの方に乗ってもらえますか?」
1日くらいなら、不調のZXも騙せない事はないだろうと思いOKしました。
翌日の朝、久し振りにZXのシートに座ります。
すると何か懐かしい感じがします。なんだろうこれ?ホッと落ち着く感じ。
フロントガラスもサイドガラスも大きくてルーミー。開放感に溢れています。
エンジンを掛け走り出します。相変わらずブレーキが開放されず引き摺ってノイズを出しています。しかし・・・・・・







あえ~ 身も心もトロケソウっす~






正直、毎日乗っていてこの乗り心地に慣れていたのでしょう。久し振りのZXは以前にも増して素晴らしい乗り心地に感じられました。低速では荒さの微塵もなく、速度が乗るとうねるように走るZXはバネサスでも十分にシトロエンです。
しかし帰り。自宅手前の交差点でとうとう最後を迎えました。どうにか自宅の駐車場に入れるのがやっと。

力尽きたか・・・

翌日、廃車処理の為に引き取られて行きました。
「本当にこれで最後だからね。廃車にすると1週間以内にスクラップになるよ。」
社長、そんな事と言われると別れがつらくなっちゃうよ。
「腹決まってますからお願いします」


しかしシトロ病という病は重いのです。
思いの外、病は進行していました。
ある日、何とはなしに、Xantiaの売物を眺めていました。
「ん!?何だこのXantia?」
妙に気になるV-SXが1台、オークションに出品されていたのです。


気が付くと「僕これ欲しくなっちゃいましたよ~」と松任谷正隆さんになっていました。
ハイドラシトロに嵌ってみるか・・・






別窓 | Xantia | コメント:4 | トラックバック:0 |
郵便配達は二度ベルを鳴らす
2007-02-05 Mon 20:31

今日、郵便局に用事があって行ってきました。
いつもは道路に面した駐車場に停めるのですが何故か今日は満車。
仕方なく裏手の駐車場に停める事にしました。
初めて駐車する場所で「一般車はどこかいな?」と見回すと、どうやら郵便局の車も一般車も混ざって止めてあり自由に停めて良いようです。
サッサと停め郵便局で用事を済ませます。
用事が済んで駐車場に戻ってみると、アルファの隣に郵便局の軽自動車がズラリと停まってるじゃありませんか。


postmancar.jpg


「全然、違和感ないぢゃん(笑)」

塗装の色が退色してピンクっぽくなっている所なんかアルファロッソみたいだし(爆)





別窓 | AlfaRomeo | コメント:0 | トラックバック:0 |
ガミラス艦
2007-02-05 Mon 20:18

えー、僕の趣味なんですが、プラモデル。
今回製作しているのは宇宙戦艦ヤマトに登場するガミラス帝国のガミラス艦です。
昔、100円均一で売っていたアレです。現在は物価上昇率に合わせて200円のプライスとなっております。
さてこのガミラス艦。実は依頼を受けての製作。
他人様の為に作るのは3回目か4回目です。自分が好きだけで作るのと違ってプレッシャーがありますねぇ。
で、バンダイさん、金型精度相当に落ちてますよ。船体左右で大きさが違う!パテ修正の多い事。一回面が崩れる、とパテの盛った削ったのエンドレス。モチベーションの下がる作業工程です。
期待されてるんで頑張っちゃいますが(笑)
やっぱり採算が合わないから、金型のメンテナンスもそれなりなんですかね?
ところで宇宙戦艦ヤマトのメカコレシリーズは2,3年おきに再販されてます。なのに店頭で見ないのは、バンダイがセットでしか小売店に販売しないからです。セットだと売れるキットと売れないキットが出てきます。当然、売れないキットは不良在庫。あえて小売店が仕入れを見送るケースが多い為、店頭で見ない訳です。
ちょっとバンダイさん、生産計画見直してバラ売りしたらどうですか?
そっちの方が余程効率良くビジネスできると思うんですがねぇ・・・


gamiras1.jpg






別窓 | プラモデル | コメント:0 | トラックバック:0 |
156ファーストインプレッション
2007-02-04 Sun 14:02

初めて乗ったアルファ156。さてそのお味は・・・
誰もが言う事なので月並みではあるんですが「音」
低回転でロロロロというビートを奏でるV6エンジン。しかし回転を上げるに従いクォ~ンと官能サウンドに変化して行きます。生き物の様に変化するエグゾーストノート(イタ車はカンツィオーネと言うべき?)に圧倒されます。ストレスなくレッドゾーンまで回るエンジンは快感そのもの。スペックを見るとパワフルなエンジンでないことが分かりますが加速感や音などのスペックに表現できない部分が良く出来たエンジンと思います。
「アルファはエンジンを買うようなものだ」うん、確かにその通り。
低回転のトルクは細めな印象ですが、細過ぎて神経質になるような事はありません。しかし回転でパワーを稼ぐエンジンなので追い越し加速ではシフトダウンは2速以上落さないと十分な加速が得られない事があります。
ハンドリングも絶品です。車線変更した時、思わずニヤリとしてしまうシャープなハンドリング。スパッと頭から切れ込んでいくフィーリングは自分の運転が上手くなったのではないかと勘違いさせます(笑)
これ程切れの良いハンドリングを有する車は今までの経験ではRX-7(FD3S)くらいしか思い付きません。エンジンの軽い2.0TSだったら更に振り回す感覚が強いんでしょうね。MOMO製のステアリングも感触良く、交換する気にはなりません。
加速力ではギャランVR-4はトルク大名に恥じない激烈加速でしたが曲がらない事でもキングでスポーツカーとは程遠い感がありました。トータルで156の方が数段上。比較する方が間違いなのか?
そしてエクステリアデザイン。好みもあるでしょうが、僕は文句なくカッコイイと思います。156がこれほどヒットしたのはこのデザインである事は疑いようがありません。何にも似てない、それでいてアルファの伝統を随所に盛り込みアルファだとわかるデザインにする。これは難しい仕事だと思います。特に僕が注目するのはドアパネル下側の断面。この部分は特にアクセントもなく何ということもないようですが、よーく見ると最終的にサイドシルまでかなり絞り込んでいくラインになっています。こうする事でリアタイヤがグッと張り出した感じになり、同時にクラシカルなスポーツカーを彷彿とさせる事に成功しています。アルミ無垢のドアハンドルなどとも相まって完成度が高い部分ではないでしょうか。このドアにモールの類が入っていないのはRの連続性が途切れる事を嫌ったものだと推測します。
夜はメーターの赤い照明がエロい。何とも妖艶なインテリアを演出します。メインメーターは視認性の為、常時点灯しています。
円をモチーフにデザインされたメーターや空調関係のデザインはそれ自体がオブジェのよう。センターの3連メーターはドライバー側に傾けてセットされていて、明らかにドライバーオリエンテッドな車なのが分かります。
黒基調のインテリアも○。タン色のシートも設定がありますが浮いて見えます。
室内に漂うレザーシートの香りとシート下に備えたシートフレグランス。この香りの為に一時タバコをやめようかと真剣に思ったほどです←やめてない根性なし(笑)
シートはレカロのフレームにMOMO社が表皮を被せたものでホールドもまずまず。
価格もこなれて来た156。AT免許でも乗れるセレスピードやQシステムもあり至れり尽くせり。官能のエンジンと珠玉のデザインと来ればこの際如何でしょう。
間違いなく楽しいラテン車の世界があなたを待っています。


今思ったんですが、この記事古谷徹風にすれば良かったかと。松任谷さんみたいに「僕これ欲しくなっちゃいましたよ」とか(笑)





別窓 | AlfaRomeo | コメント:0 | トラックバック:0 |
ケンコウドットコム
2007-02-03 Sat 13:38

シトロ病はシトロ菌Double chevron citoro(ダブルシェブロン属シトロ科)に因って引き起こされる諸症状の総称です。この細菌はちょっと厄介な菌です。グリセロールに脂肪酸がエステル結合した脂質骨格を持ち、DNA依存RNAポリメラーゼのサブユニット構成が単純(β’βασ構造)である事などから真性細菌の一種と考えられています。シトロ菌は時に某掲示板で「へへ菌」とも呼ばれ、人体の常在菌として乳酸菌などのように存在している細菌です。通常は人体にも無害ですが、ある一定の条件が揃うと突然発症し、一度発症すると完全に治癒する事が困難と言われています。
この病の初期症状として「最近フランス車が気になる」といった発言が現れ、次第に「シトロエンって車、知ってる?」と具体的な発言を伴うように進行します。時には初期発症状態から「DSって何か良いよね」と具体的な車種が発せられるケースも珍しくなく、この場合、長期の潜伏期を経て発症したものと思われます。通常は保存的対処療法を用いますが、場合によってショック療法を試みます。強い禁断症状が出る恐れのある患者に対しては精神療法も用いられます。一般的に治療期間は半年から1年と長く、再発の可能性が高い事から完治は10年以上再発しない事が条件となります。
では通常は細菌バランスの安定した状態で平穏無事に生活している人が、何故発症するのでしょうか?これまでの研究によると、この病に罹りやすい人の傾向として

1 車が好きである
2 CG、カーマガジン、NAVI、ルボラン、Tipoなどが愛読書である
3 乗り心地にうるさい
4 親も発症していてシトロエンオーナーだった

1や2は必然的にシトロエンの情報に晒される機会が多いため発症リスクが高く、特にCGの読者は小林彰太郎氏の影響が強いのかXantiaを高く評価する傾向が見受けられます。
この病に罹る大きな要因として3が大きな要因となることも多数報告されています。シトロエンに試乗する、或いは既に発症している知人に乗せてもらうなどしてその乗り心地に感銘し発症に至るケースです。この環境で発症すると症状が進行するにつれハイドロを語りだす症例が多く報告されています。しかしながら、シートの薀蓄に移行する事も多く経過を見守る必要があると言えるでしょう。
4は少数ながら症例が報告されています。親も発症しているという羨ましい環境、もとい劣悪な環境では細菌のバランスが崩れる危険性が高いのは言うまでもありません。このような患者の場合、治療は催眠療法などの精神的治療が対処療法と平行して行われます。
対処療法としてドイツ車やイタリア車などの車を与えつつシトロエンから離脱する方法や、公共交通機関で車そのものを絶つショック療法で全快に向かわせる事もありますが、逆にシトロエンの良さを再認識させ症状を重篤化させる事もあり、患者さんの状況を十分に見極める必要があります。
ただ研究者の中には治療を行う事を疑問視する意見もあります。日常生活に支障がなくこの症状が発症した事により寧ろカーライフを謳歌している患者さんが多く見受けられる事から、そもそもこれを病気と定義する事自体が困難とする研究者も多いようです。それどころか、もっと我々にシトロエンをという意見さえ聞かれます。2000年にフランスの研究グループが行った脳波測定実験では、平常時とシトロエン乗車時では、乗車時はα波が後頭部に多く現れたと報告されました。この状態ではヒトの脳はストレスを感じ難い状態で適度にリラックスしていると考えられ、この事からシトロ菌はハンドルを握ったヒトの体内で脳内ホルモン、即ちβエンドルフィンやセロトニンなどを生成しているのではないかと推測されます。脳内ホルモンは普通にヒトの脳内に存在し恒常維持に関与するもので、かつては脳内麻薬と呼ばれましたが、現在では神経伝達物質と呼ばれます。β波も同時に測定されましたが、覚醒状態で運動野に大きく関与するアセチルコリンが放出され、これは運転という行為への正常な反応と思われます。これまでシトロエン依存症としての認識だった医学会に対抗する研究として注目されています。
尚、この分野の研究は始まったばかりで今後の研究に期待されます。


・・・



・・・



・・・・・・



ヤベ、発症してるかも アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ






別窓 | シトロエン | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。