スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
アレーゼ
2007-11-27 Tue 20:03

気が付けば10000アクセスを超えてしまいました。今10011です。

本当に感謝!

それしか言葉が思い付きません。

さて、アクセス解析の「サーチワード」を見ていると、結構おもしろいものです。
何故そのキーワードで僕のブログにアクセスしたのか首を傾げるものや、コメントと本文が混ざってしまってアクセスしたと思われるものなど様々です。
トップはやはり「タイミングベルト」に関するもの。
距離や費用などでアクセスされている事が良く分かります。僕がブログを始めた動機は、こういった維持に関する情報を提供する事にあるので(多くのWebやブログもそうだけど)少しは役に立っているようですね。しかも記事がそんなに多くないという事はそれだけ「壊れない」という証にもなっています(笑)

ところでキーワードを見ますと「アレーゼ 意味」というキーワードが目に付きました。
皆さん、良くご存知と思いますが「アレーゼ」は、日本におけるAlfa Romeoの販売ディーラー名でありAlfa Romeos社の本拠地です。これで終わってしまうとおもしろくないのでもう少し。
実はアレーゼというのは会社の名前ではないです。母体はフィアットオートジャパン株式会社です。正確には今年社名が改名され「フィアットグループオートモービルズジャパン株式会社」になっています(ややこしい)1990年にアルファロメオの正式な日本法人として「アルファロメオジャパン株式会社」が設立されたときに、フィアット車と併売の全国正規販売網が設立され、これが「アレーゼ」のスタートです。早い話、ディーラーの固有名詞みたいなもの。これが現在まで引き継がれています。
アレーゼはAreseと書きます。日本ではイタリア共和国ロンバルディア州ミラノ県アレーゼとなるのですが、これは日本の市町村に則った翻訳で実際にはイタリアに市町村の概念はありません。自治体のコムーネの集合が国になっていると考えられているようです。コムーネは共同体と言い表した方が本来の意味に近いみたいですね。
Alfa Romeo社がアレーゼに本拠地を移すのは1962年の事。この年、かの有名な「ジュリア」シリーズが登場しています。このジュリアがレースで大活躍した事が、今のAlfa Romeoのイメージになったのは間違いありません。

これでこのキーワードにも対応したぞ!

スポンサーサイト
別窓 | AlfaRomeo | コメント:4 | トラックバック:0 |
ラーメン屋
2007-11-25 Sun 12:29
勤労感謝の日、長男のそろばん大会の為、試合会場へ二人で出掛けました。
小学2年生から選手として出場していますが、年間何度か大会があり、その度に僕が連れて行っています。現在、日商の1級を残すのみなので、5年生の内にそろばんも1級になるでしょう。
ところでそろばん大会の主役は子供達なのですが、実は社会人までを含む大会で想像以上にハードです。クラスは大きく2つに分かれており、小学4年生以下の部と小学5年生以上の部で競われます。ですから長男のクラスともなると読み上げ算が聞き取れないほどのスピードです。(いやマジで)
朝9時に始まって終わるのが午後1時前ですから、途中で休憩があるとはいっても結構疲れますし、我々父兄もクタクタです。

いつもその後、食事をして帰るのですが、何を食べたいか尋ねると「ラーメンがいい」と言います。
親としてはありがたいけど、毎回麺類なのはどうなのよ。(前回はリンガーのチャンポンだし)
そこで以前から美味いと聞いていた大道の「麺家」に行ってみる事にしました。
入って窓際の2人席が空いていたのでそこに陣取ります。彼はラーメンにおにぎりの「ラーメンセット」僕は餃子とライスがセットの「ランチセット」を注文しました。
ラーメンはとんこつで麺は極細麺です。注文の時に中太麺も選べますが、やはりとんこつスープには極細麺が合います。
スープは表面に透明の脂が浮いていたのでコッテリかと思ったら意外にアッサリ。味も薄めに感じていたのですが食べ進めるうちに程よい感じになり、ダシの旨みが口に広がります。大食漢ではない僕の口には食べ飽きないで一気に食べられる味で合いました。
具はチャーシュー2枚に煮卵1/2、メンマで標準的です。
餃子を2人で突きながら食べ終わろうという頃、駐車場で気になるエグゾーストを響かせながら駐車しようとしている音が耳に入ってきました。
「おやっ」と、外を見るとFIAT バルケッタが入ってくるじゃありませんか。良いよね、こういうコンパクトなオープン。デザインも洒落てるし、エンジン音だってTSとまでは言わないけどいい音します。

barchetta01.jpg


barchetta02.jpg


小さいね、近くで見ると。でもそのお陰で車体重量が1090kgしかないんだよな。2004年のモデルチェンジでも20kgしか増えなかったのは立派ですね。
こっちが現行型です。

barchetta04.jpg


このバルケッタって、デビュー当時あまりデザインが好きじゃなかったんですよ。「まあまあ」くらいの感触でした。クーペも同じだけど、どちらかというとクーペの方が拒絶反応に近かったでしょう。今じゃ欲しいですけど(笑)

バルケッタのオーナーさんも156が気になったらしく、店に入るなり客席を見回していました。客は僕達だけだったので「あーコイツだな」みたいに一瞬目が合いました(笑)
一見するとオーナーさんは普通にサラリーマンという感じではなく、デザイン関係とかみたい。いわゆる同業者かな。

しかしイタ車が2台並ぶラーメン屋っていうのも、変な感じ(爆)
イタリアンレストランでも、こんな光景は稀ですね。

barchetta03.jpg



別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:8 | トラックバック:0 |
誕生プレゼント
2007-11-23 Fri 16:26

届いた!届きましたよ!!

ほらっ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・


01.jpg


誕生プレゼント…の続きを読む
別窓 | ミニチュアカー | コメント:6 | トラックバック:0 |
Xantia、ホイールを替える
2007-11-17 Sat 07:05
現在、Xantiaはテクノのマグホイールを履いていて、これはこれで気に入っています。

xantia05.jpg

何かの出来心でOZ Racing製 スーパーツーリスモをタイヤ付きで某オークションにて購入してしまいました。サイズは16インチでノーマルより1インチのサイズアップ。元はプジョー306スタイルに履いていたらしいです。
「何か映画に出てくるプジョーのTAXIっぽい」というツッコミはなしで(笑)
Xantia、ホイールを替える…の続きを読む
別窓 | Xantia | コメント:7 | トラックバック:0 |
礼をつくすクルマ
2007-11-16 Fri 06:50
PCの消耗品を買いに近所の電気屋さんに出掛けました。
この電気屋さんがある場所はショッピングモールの中なので広大な駐車場がありまして、僕も軍曹もこの駐車場で多くの珍車を捕獲しています。この日も店舗の前に何やらおかしなオーラを醸し出している1台が目に留まりました。僕は買い物の事よりそのクルマに一目散(笑)
近付いてみるとサターンクーペでした。

saturn2.jpg

この片田舎では十分、珍車に値する1台です。
このクルマはクルマよりもCMが印象に残っているクルマです。このキャッチコピーを記憶しておられるでしょうか?

「礼をつくす会社、礼をつくすクルマ」

店からは客に声を掛けない営業法を謳ったCMに惹かれましたが、正直クルマには魅力を感じなかったのは事実です。当時、日本車に自国市場を席巻されていた米車の挽回策として満を持してGMブランドではなく「サターン・コーポレーション」という別会社にしてまで投入されたこのクルマ。それまでの米車の常識を覆す小さな車体に小排気量エンジン、高性能と高い信頼性で本国では結構売れたそうですが、対日本戦略ではお世辞にも成功を収めたとは言い難いのが、その後の日本におけるサターンディーラー(サターンはリティーラーと呼んでいた)の撤退やGMディーラーへの転換と言えるでしょう。

saturn1.jpg

このサターンはSC2と呼ばれるクーペでフロントのライトが初期型の上端が真っ直ぐなものではなく変形していることから、2000年のモデルチェンジ以降のものと判ります。2001年まで販売された最終型でかなり希少なモデルでしょう。

saturn3.jpg

左側の写真でサイドのガラスに変なラインがあるのがお分かりでしょうか。このクーペの特徴は観音開きのドアを備えていることです。その画像が下の画像です。

saturn4.jpg

RX-8のように両側ではありませんが、クーペのパーソナル性と後席への昇降性の両立を図ったアイデアと言えます。
こういう地味な所で礼をつくしていたのだな、と思わされる1台です(笑)

別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:4 | トラックバック:0 |
近況
2007-11-03 Sat 21:19

えーみなさん。

一応生きてます(笑)

気が付いたら約3ヶ月更新してなかったんですよね。
8月の半ばからCADトレース試験の対策に入りました。学科試験は先に受けた「CAD利用技術者試験」と重なる部分もあって補強程度の勉強で済みましたが、問題は実技の方です。
その前にPCの調整がありました。今回、試験用としてノートPCを入手したのですが、これのOSがVistaだったのが災いしてインターフェイスに慣れるのが問題でした。それとAutoCADが完全対応してくれなくてコマンド入力の一部を受け付けてくれないのも困りました。
それで一部、コマンドの書き換えと試験に対応した線種設定ファイルの準備、各記号の作成などを下準備して、過去問を制限時間内でどの程度作成できるか練習していました。このやり方だと1日2回練習できます。休みの日は午前中2回、午後2回の練習で残りは学科の勉強というパターンでした。
作図は課題の7割以上作図で寸法記入がされている事が合格条件です。他の人の話ではある程度作図したら寸法記入するらしいのですが、僕は図形を終わらせて寸法記入するので、いかに課題図を渡されてから少ない作業で作図できるか見抜くのがポイントでした。普段やらない方法なども試してタイムを計ったりもしました。
実際の試験では学科は90点弱。実技は幾何公差の一部と寸法公差の一部が間に合わず図形は完全完了という具合で、採点方法も良く分からないので合格なのか不合格なのか正直わかりませんでした。しかもバッテリーのゲージが直ぐに機器調整時間中に落ちだし、試験官に申し出て一度シャットダウンしたので試験開始から起動させることになり時間ロスがありました。

先日、封書で通知書が送られて来ました。


学科、実技共に合格しました!

イェ~イ(ピース)

これからまたガンガン更新するぜ!
と言いたい所なのだが「地獄の年末」がやって来る。はぁ…

別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。