スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オメデトウ
2009-10-31 Sat 06:35
いきなり血尿なんてことで始まってしまったリコちゃんですが、その後の経過は良くもう安心でしょう。誰だ、オマエのシトロエンがちっとも下血しないからネコで下血したんだ、とか言ってるヤツは(笑)
元気もあって良く食べて寝るので、それほど心配ではなかったのですが、急に容態が変わることもあるので注意はしていました。
病院から頂いた薬が木曜の朝で終わるので病院に電話しました。
先生からの指示は「検便」でした。血尿に関しては採尿検査が望ましいけど、採れないんじゃ検査しようがないし、現状の様子ではまず大丈夫だろう、ということでした。そこでコクシの検査を先にすることになったのですができるだけ新鮮なウンチ(変な表現だけど)でないと見付からないので、したらできるだけ早く持って来てね、と言われました。
それから2時間くらい経ってからでしょうか、リコちゃんがトイレでカキカキを始めたので「どっちかな」と様子を窺っていると微妙にプルプルしているのでウンチみたい。あんまりガン見すると「見ないでー」と怒られるので(笑)済ませたのを見計らって行くと、おお、してるじゃないですか。
早速、新鮮なウンチ(しつこいようだが変な表現)をビニールに包み、病院へ向かいます。
受付で渡して待合室で待っていると、しばらくして先生が出て来て検査の報告を受けました。
結果は『コクシは見付からなかった』でした。
良かったね、良い知らせで。
一応、コクシ撲滅、ということで一段落でしょう。
熱湯消毒は継続ですが。

ウンチが下痢ではないけど柔らかめだったのも気になったので伝えていましたが、薬の副作用による腸内菌の減少が大きな原因でしょう、ということで、善玉菌も殺してしまうので薬は全てストップして下さい、ということです。

そうしていると、近所で老犬を保護したので診て貰えないだろうか、と女性がやって来ました。自分のペットならわかるけど、保護したイヌを病院に連れて来るなんて今時じゃ中々ないことです。こんなギスギスした時代なのに暖かい気持ちになりました。先生もイヌを見て○○じゃないかな、と看護士さんと話していましたので、きっと常習犯なのではないでしょうか。

食事の量は環境に慣れた所為なのか、それともウェット併用が気に入ったのかわかりませんが、一度に結構食べるようになりました。1日分を計量して置きエサにして食べたくなったら食べるスタイルはシャロの時と一緒ですが、今の間はコレが良いみたいです。成長して1歳以降は1日2度で安定するので2回給餌になると思いますが、仔猫の間はこの方法で行こうと思います。
体重は現在990gになりました。
1日の食事量はドライがカルカンのウィスカス「海と大地の6品目」と、それにウェットフードの1日分をプラスして与えています。ウェットフードのカロリーを差し引かなければ、ドライは48gが1日の量。
この量を1日でほとんど食べ切ってしまいます。仔猫の間は育ち盛りなので大人のネコに比べて相当にカロリーを必要とします。1日の基本給餌量は大人では「体重×70kcal」(室内飼いの場合)ですが、仔猫だと「体重×100~200kcal」もしくはそれ以上必要です。凄いでしょう。
ホント、食べ盛り、育ち盛りなんですね。
因みにエサの量はこちらの計算を使っています。



10月最後のエントリーが良い報告で良かった。
これで心置きなく「ツール・ド・阿蘇」に望めるってものです(笑)

トコロで、このブログが「ネコブログ」になりつつある件についてですが…
あくまでAlfa RomeoとCitroenを中心としたブログですけど何か(笑)

rico21.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
いきなり病院へ
2009-10-28 Wed 14:34
我が家にやってきたリコちゃんはコクシジウムが完全に落ちていませんでした。
コクシジウムという名前をご存知でない方の為にご説明しますと、コクシジウムとは球虫とも呼ばれる顕微鏡でしか見ることのできない原生動物です。原生動物とは動物にも植物にも属さない真核生物です。人間も含めて様々な家畜や家禽に寄生しますが、通常は寄生しても無症状か発病しないいわゆる日和見感染をし、仮に発病してもほとんど重篤な状態になることはないと言われています。しかし体力、抵抗力の弱い仔猫や老猫では重篤な状態になることがあり、野良猫の仔猫ではその死因の80%を占めるとも言われており、決して安易に考える寄生虫ではありません。
因みに猫から人や犬などに感染することはありません。
コクシジウムは感染した猫の糞に混じって排泄され、それを他の猫が経口摂取する、あるいはその糞を食べたネズミなどを捕食するなどで感染します。体に入ると腸内の細胞に寄生して発症の機会を窺います。
糞に混じって排泄されたコクシジウムはオーシスト(oocyto)と呼ばれる状態ですが、まだこの状態では感染する力はありません。種にもよるのですが1~3日で感染可能なオーシストになり、そのオーシストは砂地でも4ヶ月、水の中では何と1年間も生存でき、ほとんどの殺菌剤に耐性があるという極めて厄介なヤツなのです。
感染して発症すると水溶性の下痢(ほとんどはこれで発見するケースが多い)食欲不振、体重減少、成長速度の低下、重症だと血便などの症状が現れます。
駆除にはサルファ剤という薬を用います。このサルファ剤は直接コクシジウムを駆除するのではなく、生活環に作用する薬ということです。コクシジウムはoocytoからsporozite、trophozoit、shizont、merozoit、Ⅱtrophozoit、Ⅱshizont、Ⅱmerozoit、gametocytesと成長してまたoocytoとなります。サルファ剤はⅡtrophozoitからⅡshizontへの成長過程でのヌクレチオ合成の阻害として作用し適度な免疫システムが出来上がるまでの間、増殖を抑える薬として使われます。従い、感染増加するため(繁殖システムと呼びかえられるが)のオーシストを減少させることで撲滅させる薬であり、その期間が2週間程度でほとんど0になるため目安とされているのです。しかし今回のようにそれでは完全に駆除できず1個とは言っても発見された以上、駆除をやめるわけにはいかないのです。
そして薬と併用しながら、トイレの清掃をすることで完全撲滅を図ります。殺菌剤には耐性のあるコクシジウムも熱には弱く、60度の熱湯では30分、100度では1~2秒で死滅します。先にも述べたとおり最短でも1日経たないと感染力を持てませんから、その前に殺菌し再感染させないようにすれば一気にコクシジウムの数が減り完全駆除できるのです。そのためには飼い主の努力と完全室内飼い実施で、それ以上の感染機会を奪わなくてはなりません。半年間は安心できないと言われており、その理由は腸内の排泄物を全て調べられるわけではないので偶然発見できないことも多々あり、2週間後の便検査で見付からなくても、トイレは毎日、熱湯消毒と砂の全量交換をしばらくは続ける必要があります。
発症は抵抗力のある猫の場合、ほとんど発症しないのですが発症のトリガーとして「ストレス」が挙げられ、環境の変化によるストレスも勿論、発症の可能性を高める原因となりますので、今回のリコちゃんお届けは慎重に行う必要がありました。

初日の夜は緊張の為と、移動の間水分補給が少なくなっていたのでおしっこを少しだけしました。
翌日はおしっこが徐々に増え、うんちも少しだけできました。夕方になって多目のおしっこが出ました。トイレは消毒が行えるよう食器洗いを使い、トレイ上段に新聞を敷き砂を少なめに入れていたので、リコちゃんが砂を掻いた積りが砂をどけて新聞の上におしっこをしたのです。お陰でおしっこの状況が良くわかったのですが、そのおしっこを見た瞬間これはマズイ、と思いました。

toilet.jpg

尿が少ない所為もあるでしょうが濃い茶褐色で赤みを帯びていました。咄嗟に「血尿」だと判断しました。
考えられるのは肝炎、腎炎、細菌性膀胱炎などなど、かなりうろたえる頭の中で考えてありったけの可能性のある病気を思い出しました。
すぐにしたことは白目を見て黄疸が出ているか。良かった、黄疸は出ていませんから肝炎の可能性は消えました。一番可能性があるとすれば、尿の滞在期間が長かったためによる膀胱炎。続いて何らかの原因で腎機能が衰えた可能性です。ジツはダイメトンというサルファ剤そのものは毒性が小さく安全な薬なのですが、猫のような酸性尿には溶けにくく更にサルファミン結晶が簡単にできるため炎症や尿石症の原因になることもしばしばです。またヘモグロビン変性の副作用があり肝機能や腎機能への障害があることも知られています。

とにかく病院に電話して指示を仰ぐことにしました。簡単な状況を話してできれば診察を受けたいと言うと「ちょっと先生と替わりますね」と言って電話を替わりました。
「う~ん、診療時間を過ぎちゃってるんだけど、すぐ来て」
慌てて軍曹に電話して(夕飯の買い物中だった)すぐ帰るように伝え、リコちゃんをキャリーに入れ、念のためトイレを持ってAlfa Romeoに乗り込みます。エンジンを掛けたとき、軍曹も走って戻ってきました。向こうで買い物の荷物を昂希に渡しています。僕は急げのパッシングを一回。
急いでクルマを発進させます、が、普段ならクルマで2、3分なのに帰宅ラッシュで混んでいます。多分、10分も掛かってないはずなのに随分長く感じます。
ようやく病院に到着して受付を済ませると「用意ができていますのですぐに診察室へ」と促され、診察室へ入りました。
リコちゃんの年齢や昨日、長崎から来たばかりだとか、コクシジウムの駆除を継続していることなどを伝えました。
「来ちゃったモノは仕方ない、何とかしなきゃね」
と言って治療を始めました。
尿はすでに新聞に吸収されていましたが「あ~血尿だね」「おしっこどれくらいした?」「お熱測るからお父さんちょっと捕まえててね」「熱は許容範囲だね」手早く処置が進んで行きます。
緊張で量が少なかったことをいうと「ストレスで細菌感染が出ちゃったんだろうね、点滴と抗生物質の注射しておきましょう」
看護士さんを一人呼んで、僕と二人で補助しながらまず点滴。ぴや~と鳴きながらもリコちゃんはちゃんと最後まで耐えてくれました。この子は本当にガンバリ屋さんです。薬も嫌がらずに上手に飲みます。
先生のオハナシでは長毛種(という判断だった)は基本的に腎機能に障害が遺伝的に出易い種なので、環境変化のストレスとダイメトンのストレスでコクシジウムが逆に発症する可能性があるので投薬の一時中止と、フードはできればドライ主体ではなくウェットと混合かウェット主体が望ましいという助言がありました。リコちゃんはやっぱり長毛種らしいのです。
で、それでもコクシジウムは長期の治療になるのですが完全撲滅させないといつまでも発症のリスクが消えないので(例えば猫カゼなどで体力が衰えると発症する混合感染の可能性がある)尿の問題が解消次第開始。
できれば採尿して検査をしたいのですが、ここまで悉く失敗です。あまりしつこくするとおしっこをしなくなってしまうリスクの方が怖いです。
今朝のおしっこは正常と言って差し支えない色で峠は越えたと思います。

昨日は昼間もよく寝て、あれほど嫌がっていた薫がソファーで寝てしまうと近くに来て寝てしまうほど慣れて来ました。いい兆候です。

rico11.jpg
rico12.jpg
rico13.jpg
rico14.jpg
rico15.jpg
rico16.jpg
rico17.jpg
rico18.jpg
rico19.jpg
rico20.jpg

それにしてもリコちゃん、素晴らしいプロポーションでまさに「一本」と言いたくなります(笑)

別窓 | 日々記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
新たな家族
2009-10-27 Tue 18:56
25日のもうひとつ大きな「出来事」は我が家に新たな家族が加わったことです。
そう、この日は先日、長崎でお見合いしたひのひかりちゃん(仮名)が来る日でした。打ち合わせでは「クラフトフェスタ」の終わり頃に会場で落ち合って、片付け終わったら自宅へ一緒に向かうことになっていましたが、前の記事に書いた通りイベントが急遽中止になってしまったので、連絡して相談の結果、直接我が家にやって来てくることになりました。

お昼過ぎには出発、ということですから順調に走れば3時間とちょっと。大分は生憎の雨ですが、長崎は薄日が差していたそうです。そういえば今年の1月に長崎へ行ったときも大分は雪なのに長崎は晴れていました。九州山地を鋏んで両端にあるとコレくらい天気も違うんですね。

4時過ぎに「到着しました」と連絡が入りお出迎えに行きます。外は一段と雨足が強まっています。長旅だったのでキャリーケースではなくケージごと運んでこられていたので大荷物だったのです。
我が家に到着、ご対面。
子供たちは「リコちゃん初めまして~」

rico01.jpg

そう名前を聞いてぴ~ん来たアナタは鋭い!
タカラのリカちゃんと見間違えた人、アナタは鈍い(笑)
名前はAlfa Romeo164のデザイナー、エンリコ・フミア氏から恐れ多くも頂きました。すくすく成長してAlfa Romeoのデザイナーに



なったりはしません(笑)

rico02.jpg

リコちゃんですが、ケージのドアを開けても警戒心が強くて中々出て来ようとしません。そこで用意していたネコジャラシ誘い出し見事成功。

迷い犬さんの「シャロちゃんのお墓参りをさせて下さい」という有難いお言葉にみんなで雨の中お墓参り。
再び部屋に戻って、今日はリビング限定で出してやります。しかし初めての環境、お見合いで1時間くらいしか会っていない新しい里親、そして仔猫に興味深々の子供たち。
そりゃ~警戒するわなぁ~(笑)

rico03.jpg

それで初の『しゃー』をご発声頂きました。
『しゃー』はご挨拶の意味もあるのですが、短く『ぱっ』と出す声は威嚇です。『しゃー』はシャロと初対面のときにされましたが『ぱっぱっ』は今回初めて。落ち着くまで好きにさせ、子供たちは少し近付かないようにすると、あちこち探検を始め色んなスキマに入っては出てを繰り返しました。
お見合いのときにはわからなかったのですが、性格は繊細というか慎重というか。威嚇の『ぱっ』も不満な時にこの子は自己主張としてするようです。そのクセ甘えん坊で足に纏わり付いたり、イタズラをして気を引こうとしたりします(笑)

保護者さんの迷子犬さんは長崎で犬猫の譲渡会というボランティアで里親探しの活動をされています。お見合いの時、記事内で動物愛護センターと書いてしまったのですが、正確には長崎市動物管理センターで保護された犬や猫です。捨てられるペットや持ち込まれるペットなどこれらの問題は別の機会に譲るとして、保護された動物達は1週間から10日程で処分されてしまいます。たった1匹とはいえ小さな命が救えたことは喜ばしいことです。
かわいい仔猫の里親探しとはいうものの生後2週間から預かり2ヶ月に成長したこの子と別れるのは迷子犬さんも寂しいらしく「最後にもう一度抱っこしても良いですか」という気持ちは良く分かります。十分別れを惜しんで下さい。

迷子犬さんは雨の中長崎へ帰って行きました。
遠いトコロから本当にありがとうございました。

rico04.jpg

さてその後のリコちゃんは喉が渇いていたのか水を飲み、ご飯も少しづつ食べ始め少しですがリラックスしてきていました。ジツは土曜日の検査で一個だけコクシジウムが見付かり、あと1週間投薬しなければならないのです。薬はサルファ剤の一種であるダイメトンの水薬でシリンジで飲ませます。このタイミングでうまく飲んでくれるかちょっと心配ですがチャレンジしてみました。
僕がヘタなのかアタマを動かした瞬間少し漏らしてしまったΣ(゚д゚lll)ガーン
でも偉い子でちゃんと飲んでくれました。

rico05.jpg
rico06.jpg

その後、カゴに入ったり、膝に上で撫でられて寝てしまいかけたり。
キャリーは使っていたタオルを迷い犬さんが下さったのに、敷いてもあまり入る様子がありません。入るクセを付けておかないと病院に行く時に困りますね。
僕は疲れていたのかソファーで撃沈。すると

rico07.jpg
rico08.jpg
rico09.jpg
rico10.jpg

リコちゃん、寄り添って寝てしまいました。
軍曹曰く「その役、わたしがしたかったのに(怒)」(笑)



ねこキックも上等。
今は長崎弁やと思うんやけど直に大分弁にしちゃるけんな(笑)
で、今なんですけど僕の膝の上にいます。足、痺れてきた…(動かして良い?)
そして翌日はまた一騒動。
別窓 | 日々記 | コメント:6 | トラックバック:0 |
天気のイジワル
2009-10-26 Mon 12:28
昨日はデサキ・デポの「クラフトフェスタ」でした。参加する各作家は、この日の為に全ての準備を進めて来た、と言っても過言ではありません。僕達も他のイベントに参加やお世話になっている店舗への作品を納品しつつ、やはりこのイベントとのバランスを考えながら製作していました。
前々日までの予報では曇りで降水確率は40%の微妙な予報でした。しかし前日になると予報は曇りのままですが、降水確率は10%と変わりこの程度なら実施できそうです。夕方、デサキさんから連絡がありこのままなら実施します、と連絡を頂きました。
当日は朝4時に起床して最後の細々とした準備と積み込みを済ませ、デサキ・デポへ到着。
ブースのくじ引きで思惑通りの場所が取れ、着々とシュミレーションしていたので売り場は出来上がり、少し余裕が出てきたトコロで、売り場の写真を撮影しておこうと思ったのですが、何とデジカメをすっかり忘れてきていたのです。
幸い、我が家は遠くないので徒歩で取りに帰り戻り、急いでデサキへ向かう途中、もうソコというトコロで路面に何か
昨日はデサキ・デポの「クラフトフェスタ」でした。参加する各作家は、この日の為に全ての準備を進めて来た、と言っても過言ではありません。僕達も他のイベントに参加やお世話になっている店舗への作品を納品しつつ、やはりこのイベントとのバランスを考えながら製作していました。
前々日までの予報では曇りで降水確率は40%の微妙な予報でした。しかし前日になると予報は曇りのままですが、降水確率は10%と変わりこの程度なら実施できそうです。夕方、デサキさんから連絡がありこのままなら実施します、と連絡を頂きました。
当日は朝4時に起床して最後の細々とした準備と積み込みを済ませ、デサキ・デポへ到着。
ブースのくじ引きで思惑通りの場所が取れ、着々とシュミレーションしていたので売り場は出来上がり、少し余裕が出てきたトコロで、売り場の写真を撮影しておこうと思ったのですが、何とデジカメをすっかり忘れてきていたのです。
幸い、我が家は遠くないので徒歩で取りに帰り戻り、急いでデサキへ向かう途中、もうソコというトコロで路面に何か黒い点々が。
あれ~、と思っていると顔に何か当たりました。そう心配の雨が降ってきたのです。デサキさんのオハナシでは「途中で天候による中止も有り得る状況」と仰っておられましたが、それが今でした。ウチは『紙モノ』が多いので雨は絶体絶命なのです。ブースに到着して作品を退避させた途端かなりの雨が降り出しました。
cf01.jpg


10分くらい経った頃でしょうか、デサキさんから『今日のクラフトフェスタは中止』とのアナウンスが出され、担当の方が各ブースに出向いて今日の中止と撤収のお願いに廻っていました。
現状では片付けることもできず、お客さんが来店していることもあって、一時は騒然とした様相でした。
こんな雨の中、作品をご覧に来て下さったお客様、わざわざこの日を休みにしてまで来て下さったSさん、本当にありがとうございます。
結果的には11月15日に順延(イベントが成立しなかった為)
この日に『ツール・ド・阿蘇』を持って来なくて良かったですね~

この日、帰宅するとデサキさんから「今日は申し訳ありませんでした」と連絡が入りました。

いや、天気は貴社の責任ではありませんよ。
11月15日が好天に恵まれますように。

そして、この日もうひとつ大きな出来事が…(続く)

別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0 |
長崎へ
2009-10-13 Tue 22:42
今日、長崎へ行ってきました。
何しに行ったかですか?そりゃ~、ちゃんぽんを食べに…じゃなくて(確かにちゃんぽんも食べたが)ジツはお見合いに行ってきたのです。いや人間じゃなくて仔猫。
今年の6月に愛猫を亡くして4ヶ月。次に飼う時はまた捨て猫に出逢ったときだ、と思っていたのですが20年以上も猫がいる生活に慣れ過ぎて、何かぽっかりと穴が開いてしまったようなんです。
どちらかというと軍曹の方が重症だったようです。
ある日のことです。うちのカミさんがねぇ~、ネットで仔猫の里親を募集してるのを見付けましてねぇ~「この子、シャロに良く似てる」って言うんですよ~
いやぁ冗談抜きに似てました。シャロよりハッキリした毛色と長毛でカールしていますが、子供の頃の顔にそっくりだったのです。
最初は長崎だし、とか、また偶然出会ったときになどとハナシをはぐらかしていたのですが、あまりに熱心なものですから「じゃあ、メールしてみれば」というとそれはしないんですよね(笑)
ある日、僕が「メールするよ」と言ったのですが冗談だと思ったようです。ホントにメールしたんですけどね。

長崎動物愛護センターから預かった3匹の兄弟で、うち2匹は優しい里親様が名乗りを上げてくれていました。このひのひかりちゃん(仮名)だけが引き取り手がなく募集を継続されていました。
僕以外にも先に応募した人がいたようですが、その方はあまり熱心というわけではなかったようでした。
それで今日、相性を確かめるべくお見合いとなったのです。
朝9時少し前に出発して、途中147とランデブーするシーンもありましたが、工事が多いワリにはスムーズに走って11時過ぎには長崎へ到着。予定は12時30分の待ち合わせでしたので、少し時間を潰そうと待ち合わせの場所が海に近く、その辺りをブラブラしていました。
修学旅行の高校生と思われる集団が、恐らく自由行動を終えて集合してくるのを人間ウォッチングして楽しみました(笑)必ずいるよね、時間に遅れるヤツとか道に迷うヤツ。やっぱりいました(爆)
長崎保健所の迷い犬リストさん(長いので以下「迷子犬さん」)に連絡を入れたのですが電話が繋がりません。しかしさすがに予定時刻を過ぎて「まさか待ち合わせ場所をまちがえたのでは?」などと不安になり始めたとき、迷子犬さんから連絡が入って「1時と勘違いしてました~」

それから待つ事およそ30分。キャリーを提げて迷子犬さんがやって来ました。
「じゃぁ、クルマの中で始めましょうか」と言った意味はすぐに理解できました。
大人しかったのは最初だけ(笑)
最初に軍曹@家内がひかりちゃん、僕はすでに里親様が決定しているこまちちゃんを抱っこさせてもらいました。いや~小さいなぁ
シャロが拾われたのはもう少し小さかったと思うんだけど、あの頃を思い出しました。
暫くしてチェンジ。
最初は赤ちゃん抱っこは嫌らしく体の向きを変えようともがくので好きなようにさせると、156の探検に出掛けようとします。それを制止しようよう手で遮るとステアリングの中を潜り抜けます。タンスの裏に潜り込んで抜けられなくなったそうなので、とりあえずシートの下は行かないように。
膝の上に乗せていたら手でカキカキするので「遊びたいんだな」と思って指であやしてやると甘噛みを始めてくれました。
良かった、うちに溶け込んでくれそう。

omiai01.jpg

軍曹に抱っこされるこまちちゃん(ちっちゃいねぇ)

omiai02.jpg

足が~(笑)

omiai03.jpg

それに引き換え「アンタ誰よ」と見るひかりちゃん

omiai04.jpg


今日のこまちちゃんベストショット。里親さんがすぐに決まった理由がわかります。この目で見上げられたらイチコロでしょ(笑)

omiai05.jpg

ジャレ始めたひかりちゃん

omiai06.jpg

カミカミ。仔猫は加減がまだわからないので本当に痛いときがあります。この辺は今からの躾ですね。

omiai07.jpg

で、この日のひかりちゃんベストショット。いや~殺人的可愛さです。
将来は絶対美人さんですね。

omiai08.jpg

同じ猫物とは思えないナデナデされて寛ぐ図(笑)瞬膜が出そうですよ、君。
このまま大分に連れ去りたい衝動に駆られながらもお見合いは終了。今月25日にお渡しという事になりました。それまでに新しい家族を迎える準備をしなきゃ(イベント近いが大丈夫か)

別れを惜しみつつ、僕達も長崎市を後にします。そう、朝から何も食べていなかったので空腹の限界だったのです。以前、LOHAS20さんに教えて頂いた「井出ちゃんぽん」へ向けて一路、武雄北方へ156を走らせます。ICを下りて左折し34号線を走るとすぐにわかります。マルキョウを目印にすると良いでしょうね。

omiai12.jpg
omiai09.jpg

僕は普通のちゃんぽん、軍曹は驚異的食欲からか特製ちゃんぽんを所望。

omiai10.jpg

特製ちゃんぽんは見てのボリューム。あなたホントにコレ全部食べるアルカ。

omiai11.jpg

木耳ドッサリ、で、中を覗くと卵の黄身が…
感想ですが、個人的な意見としてLOHAS20さんには申し訳ないのですが、ずば抜けて美味いという印象ではありませんでした。ボリュームも野菜のシャキシャキ感も申し分ないのですが「コレ」という個性を見出せなかったことと、サイドの作り込みで損をしてるな、という印象が強かったですね。
ご飯との相性が良いという情報があったので、ライスを取ったのですがそのご飯が柔らか過ぎでした。正直、今まで色んなラーメン店で食べましたがライスに関しては最低です。僕のライス最高評価はココです。あと、コレも好みの問題でしょうけど備え付けのコショウが回転が悪いのかちっとも効かない。ソースは何にかけるのか最後までわかりませんでした。皿うどんないですし。
このブログでウソや偽りを書く積りは毛頭ないので印象をハッキリ書きましたが、あくまで個人的意見ですので万人に当てはまるわけじゃありません。

あと、光吉IC]から本線までの動画を撮ってみました。Kouichiさんのアドバイスで撮影しました。
これ以上廻りませんのでそこんとこ夜露死苦(笑)


別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
やられちまったな~
2009-10-12 Mon 18:13

今日は、明日長崎に行くので156を洗車しました。午前中に一仕事終えまして午後も3時前という時間に開始したのですが…

atenige1.jpg

atenige2.jpg


がーん!
昨日は昂希の全国珠算通信大会で乗ったにも拘らず気が付きませんでした。
多分、今週のフリマでやられたに違いない。
傷は結構深くて下地のゲルコートが見えていますから、相手は当たったことに気が付いてますね。

逃げやがったなー!
確かにハゲチョロケてますよ。でもさ、大事にしてることわかるじゃん。
相当ショックですよ。
つぅ~ことで今日はヤケザケです(クソっー)

ホント、アタマに来ます(バカヤロー)
別窓 | AlfaRomeo | コメント:11 | トラックバック:0 |
楽しかったこと
2009-10-04 Sun 19:23

ぼくは白のプラカラーがなくなったので、近くのヤマダ電きに行きました。でも白は全部売れてありませんでした。ちょっと遠いけど森町のエムハンズに行きました。でもエムハンズはお休みでした。
今度は明野のスタティックモデルに行ってみましたがお店がなくなっていました。そのままあるふぁろめお156で大道のホビーギルドに行きました。
「よかった開いてる」
ぼくはお店に入りました。プラカラーは一番おくにあるので行ってみると、他のお客さんが横にいてよく見えません。お客さんはぼくに気がついて少し動いてくれました。それでプラカラーがよく見えました。ぼくは白があったので取りました。でもプラモデルも見たかったので自動車のプラモデルを見に行きました。
たなにいっぱいかっこいいプラモデルがありました。ぼくは黄色の車がかっこいいなと思いました。
箱にフェラーリ ディノ246GTと書いてありました。ぼくはお友だちの510190君が赤いフェラーリのプラモデルを作っていたのを思い出しました。それでどうしても黄色のフェラーリがほしくなりました。
さいふの中にはおこづかいが3千円入っていたけど、少し足りません。ぼくはお年玉をもっと大事に使えばよかったと思いました。それでお母さんに
「このプラモデルがほしいんだけど少し足りないから出してくれないかな」
と言いました。
お母さんは
「仕方ないわね」
と言ってお金を出してくれました。とてもうれしかったです。
お店のおじさんが中に少し安くなるチラシも入れてくれました。読んでみたけどむずかしくてよくわかりませんでした。
すごくていねいに作ってかっこいいフェラーリにしたいです。
おわり。

246gt_01.jpg

という事で510さんに「ブログで公開」指令が出ましたので製作日記を行いたいと思います。以前に道具篇を1度書いたのみでその後停止していたことへの懺悔も含めてやりたいと思います。
早速なのですが特にな~にも考えずにディノを選んだことへの後悔が(笑)
パーツ割を見たことがあれば分かると思うのですが、

これ普通にボディーとシャシーが組めません(苦笑)

ど~すんのオレ…

別窓 | プラモデル | コメント:8 | トラックバック:0 |
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。