スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
今年も終わりです
2009-12-31 Thu 17:15
2009年も残すトコロ7時間ほどになりました。
今年は昨年と違って年末年始に仕事をしている職業ではないので若干は年末気分が味わえている気がするのは錯覚ですか。
年賀状を作成したり、アパートの正月飾りを作ったり(あっ、これは仕事だな)、そして久し振りに正月用の料理を拵えてみました。
軍曹の実家から毎年おせちを頂くのですが、近年は子供たちがかなり食べ足りない状況が続いていたので、今年は僕が腕を振るってやろうと思ったわけです。
作ったのは『豚の角煮』『肉巻き玉子』『がめ煮』
がめ煮というのは九州地方の呼び名で、全国的には筑前煮の方が通りが良いと思います。
昨夜、あまりに量が多いので夕食にがめ煮を出したら家族の評判も良く、気を良くした僕は僕と軍曹の実家に少しお裾分けしようとタッパーに取り分けました。

oseti01.jpg

oseti02.jpg

なかなか美味しそうでしょ(笑)

さて今年は、というか今年も激動の1年でした。
一番の事件は「サラリーマン」でなくなったことでした。不安と期待で出発しましたが、途中で挫けそうになりそうな時もありました。仕事がかなりある、というのはすでに賃貸経営者の経験から容易に想像はできていましたが違った大変さも感じました。
第一、最初は「こんなん買うモノ好きがおるんやろうか?」と思っていましたが、徐々に作風やクオリティーが認められオーダーまで承るようになりました。
正直、1年でそこまで行けるとは思っていませんでした。

プライベートでも大きく変化した年でした。
昨年、ALFA164O.Cに入会し、同じ大分のマレスさんを始めとするメンバーたちに出会い、それでベラマキのメンバーとも交流が始まって、人生初のツーリングに参加できたこと。蓼科のクラブランに参加できたこと。そして、恐れ多くもツーリングの企画までさせて頂けたこと。
激変でした。
今までブログやメールでの遣り取りだったメンバーと初めて顔を見ながらハナシができたことも、別の側面を見れたような気がします。本当の意味で出会いだったのか、と感慨深く思い出させます。
同時に仕事面ではやはり多くの出会いがありました。これまでの縁が元でこの仕事になってから新たなご縁を頂くこともありました。今年ほど「縁の大事さ」と「相互扶助」を肌で感じた年はありませんでした。
来年もこの時期にどのような事を思っているのかわかりませんが、できれば何かまた掴むものがあって翌年に繋げて行ける1年になってくれれば、そう思います。

多分、2010年は今年以上に厳しい年となると思われます。
データは兎も角として我々庶民が肌で感じられる景気の回復は感じられていないからです。この記事で今の状況は「キブン」だと書きました。
入るものが少なくなれば出す方を絞るのは当然の心理です。
つまり市場にカネがないわけではない。
だからどうやって使って貰うかが課題なのであって、自民党時代に始めたエコポイントやエコカー減税も短期的な景気刺激策ではあり「バラマキ」であろうが何だろうがやらないよりはマシでしょう。
しかし、長期で見れば、アメリカの景気が冷え込んで円高が進むと日本が瀕死になるシステムは、どこかで変えないといつまで経ってもドルの呪縛から逃れられないのではないでしょうか。つまり輸出で発展する産業モデルです。輸出で日本が儲かるとアメリカの銀行に潤沢に資金が出回り、日本へは資金が入り難くなるという摩訶不思議な現象の元凶はココではないかと思われます。
すでに日本は産業構造にメスを入れるには時を逃してしまっています。これは票集めの為に目先の景気対策や業界の顔色ばかり窺がってきた功罪ではないでしょうか。
国内の需要が冷え込んでしまっているので簡単には移行しないと考えますが、アメリカとのリンクは考え直す時期ではないかと思いますね。鳩山総理の問題となった論文はこの考えが下敷きになっているのではないかと推測できたので若干の期待はあったのですが、そう容易なことでないことは明らかです。しかし、その理念が変わらなければ緩やかに変化していくのではないかと思われます。

「夢」というのはいつの時代にもあったはずです。
江戸から明治へ変わった時代は世界経済に初めて曝された時代です。その時代はまだ日本円に信用はなく兌換性が認めて貰えなかった時代で日本政府は厳しい時代に世界と肩を並べようとしていました。そんな時代にさえ「夢」はあったはずです。
多分、景気が良くなれば楽に「夢」は叶えられるかも知れないし、未来は楽観的でしょう。しかし「夢」をみてその「夢」を実現するのは我々一人一人の最終的な「キブン」なのではないかと思うのです。
それこそ我々が「夢」を作り続けているのだ、と言い換えられるのだと。

来年も厳しいけど

いい夢見ろよ、2010年

今年もこの駄ブログにお付き合いさりありがとうございました。
今年リアルにお世話になった各方面の方々、心に尽くせぬ感謝の気持ちでいっぱいです。
来年もブログ共々宜しくお願い致します。
スポンサーサイト
別窓 | 日々記 | コメント:5 | トラックバック:0 |
Merry Xmas
2009-12-24 Thu 18:07
今日は一部の地域を除いて全国的にクリスマスイブですね。
結婚する前はクリスマスって特別な響きがあったんじゃないですか?
結婚して学生の子供がいる親としてはこの日は別の日です。

そう

2学期が終わり冬休みに入ると同時に


恐怖の成績表が渡される日


もちろん、成績の悪かった子にとって、クリスマスの喜びと怒られる悲しみが同時にコンニチハの複雑な心境でしょう。

終業式の日でも今は授業があるんですね。ゆとり教育とインフルエンザの流行で授業がかなり遅れているらしいです。こちらとしては給食が出るのでありがたいのですがね。
帰ってきた順番に早速、成績表をチェック。

まず昂希から

01_20091224180601.jpg

まぁ心配はしてなかったですが5教科以外が上がったことについて「家庭科になったから」という理由は若干の不安を覚えます。
僕の息子だろっ!
親というのは欲深いな、と思うのが現在学年3位の成績なのですが「ココまで来たら上2人を蹴落としてしまえ」と思うトコロです。

悠歌が帰ってきました。

02_20091224180601.jpg

この子も総合的には良いのですが、2学期はかなり頑張った様子がわかります。苦手な算数も上がっています。自分なりに弱点を克服しようという姿勢が見て取れます。
美術面は得意なのですが、今回は又もや「高山辰雄展」に出展され佳作ですが入賞しました。

03_20091224180600.jpg

そして…
最大の問題児が帰ってきました。

04_20091224180559.jpg

親だからよ~くわかってますの部分をズバリ指摘されています。


まぁ、


学習面で「もう少し」がないだけマシか…
本はたくさん借りてステップ賞を貰ったので良しとしよう。

ウチの子たちにもメリークリスマス(笑)
皆さんにもメリークリスマス!


別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
リコちゃん2回目の予防接種
2009-12-20 Sun 11:53
怒涛の年末も中盤。
今年の冬は暖冬傾向などと言いながら、先週からかなり冷え込んで来ました。昨日の朝は外に白いものが。
rico25.jpg


Xmas前に大分で積雪はかなり珍しいです。
本当に今年は暖冬なのかと小一時間。

さて、前回の予防接種から1ヶ月が経過したのでリコちゃんの予防接種2回目に行って来ました。
キャリーケースには自分から入るので入れても怖がりませんが、クルマに乗せると何か過去の記憶が甦るのかそわそわ。それでもシャロよりは全然落ち着いたもので、病院の待合室でも騒がずキャリーの中でじっとしています。
すぐに診察室に入りましたが、先生、1ヶ月でずいぶん大きくなったリコちゃんに驚いています。
体重を量ると2キロを超えています!
来た時は1キロなかったし・・・1ヵ月半で2倍かぁ~( ̄。 ̄;)

待てよ

このペースだと5キロ超えるんじゃ・・・


女の子なのにガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


先生は外に全く出ないので3種のままでいいでしょう、と奥にワクチンの準備に行きました。

rico27.jpg

トコロで最近リコちゃんのお気に入りは僕のジャケットです。
裏地が母猫を連想させるのか、いつもチュウチュウ吸ってます。子供たちに「リコちゃんのおっぱい」という称号も与えられ毎日チュウチュウされているジャケット、この日も着て行き、先生が奥に行っている間リコちゃんを潜り込ませるとチュウチュウを始めました。

rico26.jpg

先生が戻ってくると「あらっ!」と笑いながら、素早く注射を終わらせてしまいました。
リコちゃんは全く気が付いていません(笑)

rico28.jpg

チュウチュウのうちは良いけど、食べたりしないよう気を付けて下さい、と注意がありました。長毛種ではタマにあるらしいです。それが原因で腸閉塞を起してしまう、ってヤツです。
気を付けることが多いけど、と言われながら次回の避妊手術の打ち合わせ。一応、基準の2.5キロを超えたら手術はOKということですがこのペースなら来年早々には手術の運びとなりそうです。

だって凄いペースで大きくなってるんだもん(笑)

骨格もしっかりしています。今はヒルズのサイエンスダイエット子猫用ドライフードにウェットフードを混ぜて与えています。子猫用ってバリエーションが少ないですね。それで成猫用ピュリナのウェットフードも併用しています。先生の説明では長毛種は水分補給がヘタなクセにドライフードの方を好むので、小さい内からエサからも水分を摂取できるようにしないと結石を起しやすいのだそうです。
ホント気を付けることが多いですね。

それで何のミックスなのか気になるトコロです。
どうもメインクーンでは、という結論で落ち着きました。
道理で水スプレーが効かないわけだ(笑)
こりゃ~躾が大変だぞ。

受付では「おぅ、予防接種も終わって一人前だな」とボスがお待ちかねでした。

rico30.jpg

病院から帰ってきて疲れたのかしばらくすると寝てしまいました(落ちかけてますけど)
rico29.jpg

別窓 | 日々記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
燃え尽きた
2009-12-18 Fri 17:44
燃えたよ・・・
真っ白に・・・燃え尽きたよ・・・
真っ白な灰に・・・

*clear*今年最後のイベントが終了しました。
11月から一体何本のイベントに出たんだ、ってくらい出まくって何だかワケわかんないほど作りまくって今年のラストを迎えようとしています。もちろんクオリティーは落としてないよ。

“BOA SORTE”はわさだ地区初の1Dayイベント。
当日は早くからお客様が並んで下さりありがとうございました。当初の目標は来場者が100人を超える事でしたが、始まってみるとそれを遥かに超えるお客様の数に正直戸惑ってしまいました。
普通はどんなイベントでも12時で一旦、波が去るのが多いのに、今回は13時近くになっても客足が途絶えなかったのが何よりの証拠です。いつもなら閑散(おっと失礼)とした感のある駐車場もそれ相応のキャパシティーがあるように思えましたが、一時的にオーバーフロー。
それを達成できたのは個性豊かな作家さんの魅力ある作品と、そして何より3ヶ月爆走してきたくろすけさんの努力の結果であることは疑いの余地はありません。
これでやっとゆっくり枕を高くして寝られるよね。
18日に行われる“Natural time”の主催者yakoさんも来てくれました。ジツは18日のイベントに誘われながら考え方の相違から不参加になって以来、音信不通だったのです。
「こん次に頑張るのはアンタやけんな!」
正直メールでの遣り取りだけでは当時も今も不足だった、と思っています。話し合いっていうのは顔を見ながら話すのが一番なんだぜ。

boa01.jpg
boa02.jpg
boa03.jpg
boa04.jpg
boa05.jpg
boa06.jpg
boa07.jpg
boa08.jpg
boa09.jpg
boa10.jpg
boa11.jpg
boa12.jpg
boa13.jpg
boa14.jpg
boa15.jpg

うれしい悲鳴と共に課題は残されました。
率直に問題点を書けるのは本来が『クルマのブログ』という強みで、手作り系の人々に浸透していないこのブログだからこそ。第一、*clear*の主催は軍曹@家内だから(笑)

開場の時間なのですが11時スタートは遅かったように思えます。
これ、お客さんの声からも窺がえたのですが、要は開場までの1時間で周辺にあるショッピング施設ですでに買い物をして「カネ」を落として来ていたんですね。
始まってすぐに感じたのは「客単価が低い」ことでした。何故かというと「食べ物系」に直接流れる傾向が顕著だったからです。どんなイベントでも食べ物って強いアイテムで王道ですが「直接」っていうのがまずいなぁ、と思っていたのですが、やはりウチも単価の高いモノより小物にシフトしていました。

日本の経済状況って11月に政府が発表したように3年5ヶ月ぶりに「デフレの状況」
政府は経済に影響が出るんじゃないかとハッキリ断言するのを避ける傾向なんだけど、今回は日銀に物言う姿勢みたいです。ただ日銀が素直に聞くとは思えない。1998年に日銀法ができてから日銀は独立機関になって政府が事実上介入できなくなっているし、元々、日銀は「中央銀行が金融コントロールすることはできない」と考えているのだから始末が悪いよね。管直人が言った位じゃインフレターゲットはやらないのではないかと。
特に前回のバブル崩壊から完全に立ち直っていない日本が、原油高騰を始めとする1次品の高騰とアメリカの金融危機から一気にデフレスパイラルに突入するんじゃなかろうか、という懸念は拭えなかったですが、それが現実に起きています。まぁ財布の中身を見れば明らかに納得(笑)
財布のヒモが硬くなったのは12月という時期のせいもあったのかも知れません。冬のボーナス時期で既に支給した企業もあったはず。その支給額を見て一時的に引き締めに入った可能性は否定できません。

単純に開場時間を他の店舗に合わせても、客単価が一気に上がるなんてことはなかったと思いますが、分散はある程度抑えられたかも。今の市場心理はいわゆる「キブン」だと思うし、実際には資金がジャブジャブに流れ込んでる分野もしっかりあるので「冷え込み感」が払拭されなきゃどこも良くないんでしょうけどね。


直接対面販売方式の是非はそれぞれあると思うのですが、お客さんにとってはどうだったのかな、という面。アチコチで支払い袋が増えて行くのは煩雑、と捉えられたように思われます。最初に入ったお客さんはシステムがわからずに入ってきていたのも「レジ一元化」に慣れているからかな。デパートにしても購入した先で同じように行うのだから、単純にそれが不自然なワケじゃないのだけど、お客さんが「1Dayとはそういうもの」という認識を持っていたように思えますね。これがクラフトフェスタだとお客さんも違ってくるんだから、ブースの作り方なのかも知れない。
決定的な弱点は作品から目を離す時間が長いって事だと思います。悲しいことだけど万引きする人っているからね。それで万引きではないのだけど、ディスプレイに使っていた雑誌を子供が持って行っちゃった。
レジに関しては各自の工夫で改善される余地もあるだけに、否定も肯定もできないなぁ。次回への宿題ですね。


入り口でのアナウンスは徹底。
レジのシステムもそうだったけど、和室へのお客さんの入りが悪かったようです。お客さんの動きを見ていると、まずリビングに来てダイニングへ行き、直接2階へ上がってしまうことが多かったんです。2階もかなり尋ねられましたし、和室は案内しないと気が付いていないお客さんがかなりいらっしゃいました。入り口に陶器を展示していたのですが、あまりにも様になり過ぎていて「元からあった調度品」のように見えたかも知れませんね。これはun angeさんのお母さんが作ったというXmasリースと同様だったです。前日納品であれば何かアドバイスもできただけに後悔します。モデルハウス全体を使う場合の案内表示は一工夫が必要と感じました。


飲食スペースは最後まで悩んだけど、やっぱり販売している近くが良かったようです。パンやお菓子類は良かったんだけどスープは「こぼすかも」と思うのか躊躇しているようでした。小さな子供さんを連れて来場された方にこういう傾向が感じられました。時期的に寒いので室内でスペースを作ろうと思うとあそこになっちゃうんだけどねぇ。

やる場所が違うとまた別の問題が浮上するだろうから、今回の反省点が次回も丸々生きるワケではないけど、経験から問題点を潰す作業は確実に自分達のノウハウになるから必ずやるべきだと思います。

このイベントでは家一軒丸ごと売り場にしたのですが、最大の利点は各部屋毎にテイストの似た作家を集中させることで統一感が出せたことです。通常はPOPなものからシックなものまでがひとつの部屋に展示されることが多いのですが、どうしてもテイストの異なるもの同士がケンカする売り場になり勝ちです。この問題は現在委託先のセカンドフィールドさんも同様に抱えている問題です。
別けたことによって、お客さんは幾つものイベントを廻るような気分が味わえます。これは今までの1Dayイベントにはあまり見られなかった新たな試みです。
また何時もは*clear*としてだけでディスプレイしているのですが、直前で作品が売れてしまった為、他の作家さんから作品を借りました。それがディスプレイに加わったことで今までにない相乗効果を感じられ、新鮮味を帯びました。正直、ウチの作品より売り上げてしまって(笑)
そういう意味で部屋の割り振りは最高だったんじゃないでしょうか。Babiちゃんとあみぐるみさんのタイアップは子供部屋み完全にシンクロしていたし効果バツグンでした。Sizuku de aubuさんと花旬さんのブースは白の世界。思わず溜息の出る展示は勉強になりました。

来年はまだ決まっているイベントは少ないですが、更なるステップアップに勤しみたいと思います。
とりあえず目標は「ケガをしないこと」


かな?(笑)
別窓 | ハンドメイド | コメント:4 | トラックバック:0 |
BOA SORTE
2009-12-14 Mon 20:32
1Day Shop告知です。
今回のイベントは"BOA SORTE(ボア ソルチ)"といいます。ポルトガル語で「幸運」の意味。
ポルトガル語は雑貨の世界じゃ珍しいです。
サッカーでは三浦和良が「好きな言葉」として有名ですけど。

それでね、フライヤーができたんです(フフフ)イラレでサクサクと作りました。
今回はアンケート欄が必要なのでA6サイズ。このサイズが大きさとしても限界。
用紙のフィールドが入っているのはスクリーンショットを使ったから。
FC2はPDFがアップできないんだけど何とかならんやろか・・・
Macで写真屋さんに取り込めば良かったんでしょうけど、それはちょっと面倒くさかった(笑)

boasorte_flyer.jpg

BOA SORTE

わさだ住宅展示場ALP内積水ハウスモデルハウス
2009年12月14日(月)
11:00~15:00

参加作家

<手作り小物>
pan no mimi(手作り小物)
BUDOU BATAKE(布小物・古道具・木工)
shizuku de aubu(アクセサリー)
un ange(布小物・木工)
あみぐるみさん (あみぐるみ・クリスマスオーナメント)
焼き物作家 kai(器)
花旬(プリザードフラワー・ミニ鉢植え・雑貨)
Babi(デコスィーツ・布小物)
*clear*(木工・麻バック)

<食べ物部隊>
808(ヤオヤ)ヤマジ野菜ソムリエ ヒロのおやつ(和菓子・スープ・朝採れ野菜)
姫パン(手作りパン・スィーツ)
SWEETS CONTRAST (マカロン・焼き菓子)

当日は少しですが飲食スペースありです。ミニカフェとしてご利用出来ます。
寒い時期なので暖かいスープは人気になりそう。
スープは3種類から選べます。

ご来場特典
BOASORTE福袋抽選で2名様にプレゼント

たくさんのご来場をお待ちしております。



大きな地図で見る
別窓 | ハンドメイド | コメント:4 | トラックバック:0 |
今日はBOA SORTEです
2009-12-14 Mon 08:44

いよいよです。

昨晩、搬入と売り場作りをしてきました。
積水ハウスさんのモデルルームはセレブチックなので作品が負けないよう気になっていましたが、皆さん下見にも来ていてそれぞれ趣向を凝らした作りになっていました。サスガです。

さぁ、そろそろ出掛けます。

別窓 | ハンドメイド | コメント:4 | トラックバック:0 |
はなれ古舎、納品に行って来ました
2009-12-13 Sun 07:45
前日までかなり雨が降りました。
普段なら塗装は外でやるのですが、雨では部屋の中で塗るしかありません。外ならダー、と並べて順番に行うのに部屋での塗装はそれができず、塗り終わってからベランダに順番に出して行きます。湿度がかなり気掛かりです。

夜が明けて、朝の内は雨が残っていました。予報では午後から晴れ。
高野さんの雨男ぶりは相当(笑)
朝5時に起きてカレンダーの組み立てと包装、そして乾いているか気掛かりな作品をベランダから取り込み値付けします。養生に使っていた新聞が湿度でフニャフニャです。

何とか乾燥しているみたいε-(´∀`*)ホッ
予定の8時半を少し過ぎて156で出発します。
ひたすら10号線をぶっ飛ばし、遅いクルマにはどいて頂き到着したのは予定より少し早いくらいでした。

今回、持ち込んだのはクラフトフェスタで好況だったハシゴ型のマガジンラックともうひとつ新作が。

先日、gout tenpsさんで手に入れたホーローのバット

hanare14.jpg

これが何になるか皆さんで考えて下さい。





hanare15.jpg

何ということでしょう!
あのホーローのバットが傘立てに変身。これも匠の粋な計らい(笑)

前から作ってみたいと思っていたんですね。

そして、今回は仕上げに使うオイルに新たなラインナップが!

claftfesta16.jpg

そう、あの高級感漂う赤い缶、英国オスモ社のフィニッシングオイルです。1Lが何と2780円也(ハンズマン価格)
今回、モデルチェンジの為、在庫処分でかなり安くなっていました。この時とばかりにミディアムウォルナットを大量に買い付けました(笑)
マガジンラックとX脚のテーブルに早速使ってみました。木目が浮き上がって来るような仕上がり感は国産のオイルでは感じられない感触。凄く気に入りました。その分、下地の調整の良し悪しがモロに出る感じ。
ラックの写真を撮り忘れたので、テーブルの写真を。

hanare16.jpg

パイン材の杢理が良く出ていると思うのですが(自画自賛)

claftfesta17.jpg
claftfesta18.jpg
hanare17.jpg
hanare18.jpg

今日のはなれ古舎はこんな感じ。オープンから結構なお客様がいらっしゃいました。
そして、以前から作風が凄く好きだった10 in a bedさんともオハナシできました。結構、面白い内容だったのと10 in a bedさんがあんなに男っぽい性格だとわかり、意外な1日でした(笑)

今日は“BOA SORTE”に向けてラストスパート。
昨日のサンリブフリマで予想外に売れて焦っている軍曹はこの時間から編み始めています(笑)
ということで明日のイベント宜しくお願いします(何が?)

hanare19.jpg

別窓 | ハンドメイド | コメント:2 | トラックバック:0 |
ぬくもりのクリスマス展
2009-12-10 Thu 11:13
忙しい!
ホントに忙しいです。

先日のクラフトフェスタからイベント続きなんです。しかも作れば売れる状況になってきて、それはそれで嬉しいんですが確実に作るのに追われる状況になってきました。
珍しくお世話になっているセロファンの高野さんから電話があって、今度のはなれ古舎でやるイベントの事でした。
今度も少し出してくれるように、との依頼なのですが、残りの作品状況を聞くと
スツールが1脚残っているだけ、と言うじゃありませんか!

え~

こりゃ、頑張らないと(;´д`)トホホ…

ということで現在まだ製作中。納品は明日の朝です。
だって雨なんだもん(塗装が乾かん)

明日から始まるはなれ古舎「ぬくもりのクリスマス展」告知です。

雑家具セロファン『ぬくもりのクリスマス展』

12月11日(金)~12月15日(火)
10:00~19:00


大分県豊後大野市犬飼町黒松1222-1(長谷郵便局横)
TEL 097-553-5220(セロファンさん連絡先)


nukumorino.jpg


大きな地図で見る

いつもの作家さんに加えて、今回は
絵本カフェ・詩多音さんのビスケットや丸パン、
nicottoさんのケーキやクッキー、
a-ke's cafeさんのラッピング小物、などなどお目見えです

そして翌日の12日土曜日はサンリブわさだフリーマーケットに出店。
翌日は”BOA SORTE”の会場準備で月曜本番。
多分、今年最後のイベントです。
別窓 | ハンドメイド | コメント:2 | トラックバック:0 |
Le Tour de ASO
2009-12-05 Sat 18:16
月も替わって12月、今年も残すトコロ1ヶ月を切りました。
先生も走るくらい忙しいから師走、確かにココのところ忙しくなっています。

ブログのコメントから自然発生した企画“ツール・ド・阿蘇”
当初は「思いつきだから、いつ実現することやら」的に思っていましたが、夏から準備を始めて「まだまだ先」のような気分だったのに気が付けばもう明日になっていました。この週は悠歌がインフルエンザのA型になってしまい、薫のクラスは学級閉鎖。伝染したら承知しないからね!

当日は朝からソワソワ。
天気はギリギリ曇りの予報になり、心配していた雨は何とか免れそうです。
時計は8時30分になろうとしています。集合場所の「道の駅阿蘇」までは1時間半だからまだ出掛ける時間には早過ぎます。しかし、居ても立ってもいられなくて出発しようとした矢先、こ~んずさんから「いよいよだね~」連絡が入ります。こ~んずさんは○竹さんと菅生のアルファチャレンジの観戦のなか、わざわざ連絡をくれたのです。
156にガスを給油し集合場所まで走ります。
本日のBGMはMEGATETHの2007年限定版 “United Abominations”このアルバムは現在生産中止なので貴重品。
気分的に無性にスラッシュメタルを心が欲している(笑)
曲の所為なのかついつい右足にチカラが入ってしまって、10時過ぎには集合場所に到着してしまってるし(早っ!)
集合時間まで1時間もあるのでトイレに行ったり、タバコ吸ったり周囲をブラブラしていると男の人がこちらをチラチラ見ます。近付いてきて「あの~、アンケートにお答え頂けますか」
観光地なので調査をしているらしい。アンケートのお礼でスザンヌのシールGET(笑)
阿蘇は相変わらず薄い雲が山頂を隠しています(大丈夫やろか)

LeTourdeaso18.jpg

交差点を曲がって1台の164が入って来ます。グリーンのボディーは佐世保から参加のダイジロウさんです。この時、自分の目を疑いました。キツネに化かされているのか、それとも幻覚でも見ているのか。いや目の調子が悪いんだ、今度、眼科検診受けよう。
何度見直してもショールームから出てきたばかりのような164がソコにありました。ダイジロウさんのAlfa Romeo164Lは確か1991年式のはず。でも目の前にある164はどう見ても新古車と言っても知らない人なら信じてしまうコンディションです。頭の中が混乱してしまいました。多分、この日参加したメンバーは皆そういう感じを受けたことと思います。
ダイジロウさんはこの164を新車で手に入れてずっと維持して来ています。これが最初から特別視されたQ4ならハナシは別ですが、QVでもないいわゆる素の164がここまで大事にされるケース、加えて1オーナーという個体は世界的に見ても「天然記念物」と言って余りあると思われます。
ALFA164O.C.の重要文化財として指定しなければいけません。
ダイジロウさんは奥様とご参加でしたが、我々の驚きようを見て「やっと主人のクルマが凄いというのがわかりました」と言っていましたが、これは誇って良いんです。
僕の156は現在、脱皮中なので脱皮が終わると下のキレイな塗装が現れる予定です。夏の日焼けあとみたい、なかなか的を得ていますね。生き物のようなエンジンのAlfa Romeoは塗装も生き物のようになるんですよ(笑)
しばらくすると黒QVがやって来ました。一番遠くからのご参加、kouichiさんです。Kouichiさんの164QVとは蓼科クラブラン以来です。
Kouichiさんはオーナーズクラブの慣わしに従いダイジロウさんの隣にQVを停めます。
そして恒例のオイル補充(笑)
1ℓじゃ足りませんでした(減り過ぎです)

LeTourdeaso19.jpg
LeTourdeaso20.jpg

お互いの164で盛り上がっている2人を尻目に中々やって来ない福岡の2台が気になります。時計の針はもうすぐ予定の11時になろうとしていますから。
ジツは福岡から高速で最寄のICは熊本ICなのですが彼等はずっと手前の日田ICで降りてファームロードわいたを通って阿蘇に来る相談をしていました。日田から道の駅阿蘇までは60km強。余裕の9時集合なので、もうとっくに到着して良いはず。
まさかファームロードで落ちたか?
と、黄色のRZが見えました。Hayaseさんのスパイダーザガートも続きます。
「いや~、オートポリスまで走ってしまって」
朝からナニやってんですか(爆)
イタ車に乗る人って何故かこういう人が多いです。いや、こういう性格じゃないと合わないのかもね。
シトロエン乗りの有名な格言「オーナーが気が付かない故障は故障ではない。立ち往生しなければ故障ではない」
名言ですが、細かい不具合を気にするような性格では乗り続けられない、という裏返しでもあると思います。

LeTourdeaso21.jpg

役者が揃いました。
「今日は僕が先導しますが、脱皮の途中なので若干クリアの雪が降ると思います」
事前に下見した時よりずっとクルマが少なく、しばらくは前方にクルマがいませんでしたので3速に入れっぱなしにして軽く流して行きます。ルームミラー越しに緑の中を泳ぐ色取り取りのイタリアの名車たち(う~んビューチホー)
我々のペースでずっと走れるはずもなく観光客と思われる山口ナンバーのブルーバードが前方に現れ、そのペースで走ります。山頂まで引っ張られるのかと思いましたが草千里で阿蘇火山博物館に入って行きました。草千里の歩行者に注意しながらアクセルを入れます。
山頂に登る前に廃業になったスキー場の駐車場に寄り道。
中岳をバックに写真を撮ろうという算段です。

LeTourdeaso22.jpg
LeTourdeaso23.jpg

そして我々を山頂まで運んでくれるヘリが到着しました。
このヘリに乗り込んで空から阿蘇を観光しようと言う訳です。ヘリのチャーター費用は僕からのプレゼント(太っ腹~)
さぁ、皆さん乗り込んでください。

LeTourdeaso24.jpg



ウソです(笑)

ちゃんと560円支払って有料道路に入ります。
気温が日差しがないこともあって低めでしたし、先週は高岳で初冠雪がありました。
九州でも阿蘇は寒い、と確か言ったはず。ですが一番その寒さを舐めた格好で行ったのは何を隠そうこの僕です。

LeTourdeaso25.jpg
LeTourdeaso26.jpg
LeTourdeaso27.jpg
LeTourdeaso32.jpg
LeTourdeaso31.jpg

めっさ寒い!

LeTourdeaso28.jpg

ガスで噴火口の中は水が貯まっていて淡い青緑の池が見えるのですが、今日は気温が低いので水蒸気でほとんど見えません。
気温が高ければこんな景色です。

LeTourdeaso29.jpg

山頂は風向きで硫黄の匂いが立ち込めることがありますが、今日はあまり匂いません。しっかりお土産で硫黄を売っていました。

LeTourdeaso30.jpg

中岳を後に向かうのは「あそ望の郷くぎの」
少し時間が下がったので予定より遅れると連絡して出発します。ココからはずっと下りのダウンヒル。
164には少しばかり持て余すルート。隊列を気にしながら行くと前方にさっきのブルーバードが。
しかも同じように高森へ向かうルートに入っていくじゃないですか。
譲ってくれないんだろうな、と思ったのですが今度は素直に譲ってくれました。
トンネルの手前でデリカが前方に現れます。このままトンネルへ侵入、2速へシフトダウン(バカ)
このデリカもトンネルを出てすぐに道を譲ります。今日は下見の時より走りやすい。行く手を塞ぐ者がいないのでついついトバシテしまいそうになります。
予想したより早くくぎのに到着して仮駐車し、担当の方を呼ぼうとあじわい館に向かおうとすると「IKEAさんですね」と声を掛けられました。出て待ってくれていたのです。
芝生広場への侵入路に設置してあるコーンをどけてくれ、我々は徐行しながら広場へ向かいます。
指示されながらステージの付近に駐車。

LeTourdeaso33.jpg

もちろん広場には家族連れでボール遊びをしているお客さんや、ドッグランに愛犬を連れて来ている人やらがいます。その中に見慣れぬクルマが入ってきたものだから、しばらく周囲の視線を釘付けにしていました。食事をしながら見ていると、子供が気になるようで、特にRZ230さんのAlfa Romeo RZに人気が集中しているようです。確かに他の車両はマニアでないと良さがわからないかも。

LeTourdeaso34.jpg

一番良かったのはテラスから広場が一望できて愛車を眺めながら美味い食事ができ、クルマ談義に花を咲かせることができたことです。
バイキング形式なのでめいめいお好みのモノを注文していました。僕もこの地方の名物「もつの味噌煮込み」を是非食べたいと思っていました。味付けは濃いのかと思っていましたがそんなことはありませんでした。もつだからヘルシーでとても美味しかったですよ。おにぎりと季節野菜の白和え、豚の角煮を食べましたが、コレだけ食べて何と850円(安い)お腹もいっぱいです。名物の高菜もサービス(うれしいね)
メンバーに好評だったのが阿蘇あか牛丼。こちらも阿蘇地方の名物です。
ボリュームも味も満点だったようです(笑)
かなりのメニューが揃っていますが、これらの素材はすべて地元で作られているものだそうです。

LeTourdeaso35.jpg
LeTourdeaso36.jpg
LeTourdeaso37.jpg
LeTourdeaso38.jpg
LeTourdeaso39.jpg
LeTourdeaso40.jpg

担当の方がお待ちして下さっていたので、集合写真をお願いしました。各車の説明などをさせていただきましたがどうやら説明がマニアック過ぎたようです(笑)

LeTourdeaso43.jpg

ダイジロウさんの164の心臓部を見れたのですが、これまた感動的な美しさ。現在8万キロ走行とは思えません。この164はLと車検証上はなっているのですがAとBの過渡期に作られたごちゃ混ぜの仕様で製造プレートには164ABの刻印が入っています。KobuさんのQVもただ「999」と刻印されている珍しい仕様ですが、ABという型式も珍しいのではないでしょうか。

LeTourdeaso44.jpg

じゃあ、とRZのボンネットのオープン。これまた美しいエンジンルーム。
各オーナーの愛情が良くわかります。

Hayaseさんのスパイダーザガートもエンジンルームは驚愕で「自作パーツ」が随所に散りばめられています。ないものは作ってしまえの精神で完動状態を維持しているマセは少ないと思います。
芝生の上というのがのんびり気分を誘うのか、思い思いに座り込んで談笑していましたが、そろそろココを発たねばなりません。
また、この方面でツーリングを行うことがあれば再度訪問したい施設です。
早目に予約してくれれば他のイベントと被らないよう調整もしてくれるそうです。我々のようなクルマやバイク趣味を持つ者にとても理解がある施設、ということでぜひ頭の片隅に記憶しておいて欲しい施設です。

LeTourdeaso42.jpg
LeTourdeaso41.jpg

次に向かうのは「阿蘇ファームランド」
ここまでのルートは僕が退出方向を勘違いしていて逆方向に出るので当初予定していたルートを通らず325号線へ戻って299号線に乗るルート。
途中で「どこ曲がるんだっけ?」と地図を見たのが悪かった。思いっ切りミスコース(笑)
入った途端「あっ、間違えたな」と思ったんですが、後続の4台も「どこに連れてくんじゃ」と困惑したことでしょう。
順調にファームランドに到着。駐車場はバス用(笑)

LeTourdeaso45.jpg
LeTourdeaso47.jpg

kouichiさんと録音の段取りを相談したのですが、無指向性マイクしか用意していないので周囲の騒音が入り過ぎると判断し、別の作戦を考えることになりました。
Kouichiさん、次回はガンマイク用意しましょう。低指向性マイクじゃないと拾えません。
そういうわけで走行音収録は別の機会に持ち越すことになりましたが、じゃお土産買わなきゃ、と中に入りました。正直ですね、観光客御用達のこの施設が今回のツーリングで違和感を感じやしないか不安もあったのですが、皆さん家族へのお土産をかなりご購入されていました。
ちょうど馬刺しの試食があったので近くにいたダイジロウさんに「試食ありますよ、食べませんか」と誘って試食。美味しいですね、と言いながらも貧乏な僕は買わずにその場を離れます。こういうときは相手に必要以上説明させないよう気をつけないとうっかり買ってしまう羽目になりますから要注意。
農産物も直販していて豊富です。

LeTourdeaso48.jpg
LeTourdeaso49.jpg

さつまいもの巨大さに驚き、みかんは袋詰め放題で100円の安さに驚き。Hayaseさんは詳しいので選別作業で撥ねられたB級品だと気付いていましけど、見た目の問題だけなので味はA級品とほとんど変んないからお買い得ではありますね。
妙に盛り上がってました(笑)

ダイジロウさんご夫妻がお子さんが帰ってくるのでココでお別れです。遠方からお疲れ様でした。
そしてメンバーに地元のお土産もお気遣い下さりありがとうございました(良い人だ)
九十九島せんべい、特に娘が気に入ってしまい「おいしい」と連発していました。

さて、ファームランドでせめて暖かい飲み物でも飲みたい、と思ったのですがこの施設何故かカフェのようなコーナーがありません。これって要改良点ではないですか?
どうしてもhayaseさんはコーヒーが飲みたい(笑)
多分、この時は全員美味いコーヒーが飲みたい、と思っていたんじゃないでしょうか。それでhayaseさんが知っている店に案内してもらうことになりました。場所は大津。57号線に出ると毎度の如く渋滞していますが、今日はまだマシと言えるレベル。
ちょうど大津のゴルフ場から出てくるクルマがムリに割り込もうとして、一番後ろに付いていたkouichiさんの前に強引に割り込んできました。
そういう入り方するなよ

シルバーのマークX(怒)

こいつ、ムリな割り込みしておいてその後チンタラ走っているので、さすがのkouichiさんもムカっときてパッシングしたのがルームミラー越しに見えました。
2車線になった途端、猛ダッシュで追付いてきましたね(笑)

連れて行ってもらったお店は「ジャズと珈琲の店 ハロー通り」

LeTourdeaso50.jpg
LeTourdeaso51.jpg
LeTourdeaso52.jpg
LeTourdeaso53.jpg

住宅街の中の田舎道を走って行くので「ココにあることを知らないと」まず辿り着けないだろう隠れ家的な店でした。しかし熊本ではジャズファンだけでなくクラシックのファンからも注目を集めている店だそうです。
オーナーさん自ら出迎えて下り「凄かクルマばかりですねぇ、写真撮っても良かですか」と(笑)
Hayaseさんの趣味が(趣味のレベル越えてますけどね)コーヒー焙煎機の製作で、それが縁でこの店のオーナーと知り合ったそうです。焙煎方法を変えたばかりということでしばらくコーヒーの焙煎方法を熱く語るhayaseさんとオーナーさん。僕は門外漢なのでさっぱりわかりませんが、どの道も奥が深いなぁ、と思いました。
このお店は廃材や不要品を再生しながらオーナーがコツコツ仕上げたのだそうですが、さすがにGibsonのアコースティっクギターは違いました(笑)
美味しいコーヒーを飲みながら、何だかCADの話題に。面白いことに仕事でCADを使う人が3人(面白いですね)
僕はAuto CADの縮尺混合図面でビューポートの設定が煩わしいのですが、機械図面では寸法の公差が入るのでAuto CADの方が使いやすい、でも縮尺をレイヤーグループごとに設定できるJw_CADはこちらで有利。建築図を描く時はムリにAuto CADでなくても良いんだけど、相手のソフトに合わせなきゃならないしね。DXFは化ける心配もあって万能じゃないんだよね。
ふとkouichiさんがカウンターにあった水のペットボトルが気になったらく「これココのオリジナルなんですか?」って聞くと、試しに作ってみたとのことで「良かったら1本ずつ持って帰って下さい」とお土産にもらってしまいました。
オーナーさんが「少し雨が降って来ましたよ」というと一同が

雨!

雨で慌てるのはオープンの2人がいるからです。傘くらいの役目しかしませんから、慌てて店から出て帰路に着きました。大分への道中、かなり雨が降り出し大分市に入る頃には間欠ワイパーでは追付かないくらいの雨量。
幸い福岡方面はほとんど降らなかったらしく大事には至らなかったとの言葉にホッとしました。
Kouichiさん、水物のハナシは水に祟られるのかもよ(笑)
お土産の水はウイスキーを割るのに使いましたが、とてもまろやかで美味しい水でした。ありがとうございました。

次回は長湯でエノハ料理に舌鼓を打とうという企画です。Hayaseさんが予てからのご希望のエノハ尽くしは来年実現しそうです。


別窓 | AlfaRomeo | コメント:8 | トラックバック:0 |
★NATURAL LIFE 1day shop★
2009-12-03 Thu 07:51
無事に1day shop終了しました。
8時過ぎに出発して通勤ラッシュをすり抜け到着すると誰も来てません(早過ぎました)
しばらくするとBabiさんが来て、徐々にメンバーが集まって来ました。
展示場を開けてもらって、会場になるリビングを見ると、昨日と配置が変っていて、どうやら僕達が帰った後も売り場作りをしていたようです!
僕は駐車場の案内、軍曹はナチュラル系の服装だという理由だけで(笑)整理券の担当。
お客さんも少しずつ来ていて外に列ができようとしているので、我々は外回りに行って来ます(営業か?)
すごくお客さん来てるんですけど、中の様子がワカラン・・・(見たい)
ある程度、波が途絶えて来たので中に戻ったんですが、何かすごく作品が減ってる。帰って行くお客さんの袋のボリュームから想像はしていたけど、かなり売れて空白地帯が出来はじめています。
今日は天気こそ味方してくれて雲ひとつない快晴でしたが、小学校のPTAと重なり、幼稚園の研修と重なり悪条件の中、多くのお客様に足を運んで頂きました。ありがとうございます。
すごい勢いでnicottoさんのスイーツも売れて行くので「我々の胃袋に入る分は残るだろうか」と心配していましたが、やはり全て売れてしまいましたorz
そんなことをしていると僕のフォールディングテーブルが欲しいというお客さんが現れて、上に乗せてあった作品を移動。すみません~、と遠慮されていましたが元々売り物ですから置き場所は作ります。最初はブログで見た棚をお目当てに来場したのだそうですが、テーブルを見て気が変ったのだそうです。
しかもその後コメントを見てPINGUさんだとわかりました(笑)
しまった、ちゃんと顔を覚えて置けば良かった・・・後の祭り、ハハハ(^^ゞ
会場の様子と建物の写真を撮影してみました。

NL1D08.jpg
NL1D09.jpg
NL1D10.jpg
NL1D11.jpg
NL1D12.jpg
NL1D13.jpg
NL1D14.jpg
NL1D15.jpg
NL1D16.jpg
NL1D17.jpg
NL1D18.jpg
NL1D19.jpg
NL1D20.jpg
NL1D21.jpg
NL1D22.jpg
NL1D23.jpg
NL1D24.jpg
NL1D25.jpg
NL1D26.jpg
NL1D27.jpg
NL1D28.jpg
NL1D29.jpg
NL1D30.jpg


現代に町家を再現させる、というコンセプトなのだそうです。裸電球の照明が随所に取り入れられていて、どこか懐かしい雰囲気があります。
片流れのガルバリウム葺き屋根の所為なのか難波和彦の「箱の家シリーズ」を思い出したんですが、少し違うか。
収納が多くって作り付けの棚は見せる収納なので嫌いな人もいるでしょうが、今回のイベントではホントお役立ちでした。これがあるのとないのじゃ「見せ方」にかなり差が付きますからね。
空間をご提供いただいた日本ハウジングさんには本当に感謝です。
そして我々のようなカケダシの作家を誘ってくれた”NATURAL LIFE”のvanillaさん、ありがとうございました。というかウチ方面に行くから軍曹に会えるかも、と思って会えるあなたこそ「強運」の持ち主でわ(普通ありえんだろう)

イベントももう終わり、という時間になってvanillaさんに呼ばれました。
「ALPでイベントをやるって人が来てるよ」
vanillaさん達に初めて会った時にALPに企画を持ち込むハナシをしてたのを憶えてくれていたんです。
急遽、イベント出店が決定しました。告知はこの下です。
しかも、しかも主催するくろすけさんはその昔を知っている人でした。まぼろし小僧のライブといい、くろすけさんといい、バンド三昧だったあの時代へ急に戻って行っているような不思議な感じです。何だろう、この感触は。

イベントも終わり、検品と精算も済んで片付けも済んでいつでも帰れるのに何故か帰らない我々。いやいや、マンガのハナシで更に盛り上がってます。
次回にもぜひ呼んで下さい。


別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0 |
★NATURAL LIFE 1day shop★準備中
2009-12-01 Tue 06:29
え~、イベント続きな毎日です。
昨日、「ツール・ド・阿蘇」から戻ってきて、明けて月曜は朝から1Day Shopの準備。プライスタグを付け直す作業と納品書に付けた品番と一致しているか検品して、キズ防止(特に木工作品)の養生して持ち込みの準備が終わったのが午後3時過ぎ。おやつの時間じゃないですか(笑)
結構することがあるんですよね。

クルマに積み込んで会場となる片島の「府内町家」へ。
出来立てホヤホヤのモデルルームで外構も一部は施工中。中は県産の杉材を使ったのがポイントで最近はあまり見ない柱表しの真壁や無垢の窓枠など素材感を全面に出している反面、フィックスのガラスを使うなどモダンなデザインも取り込まれています。懐かしくてモダン、という感じかな?
到着するとすでに他の作家さん達が準備している作業の最中。
本当はもっと早く持ってこれれば良かったんだけどね。だって什器が含まれてるから、それが到着してないと会場作りも中途半端になっちゃうんですよね。価格の付け直しをしないで済む方法を考えなきゃなぁ。

メインで使うリビングで組み立て作業は難しそうだったのでお隣の部屋で組立作業を始めます。まぁ、組み立てと言っても、簡単に組み立てられるよう設計しているのでサクサクとやっつけて終わり。

リビングに配置するのにいろいろ試行錯誤しつつ何とかカタチになりました。
壁に全面の作り付けの棚はこのようなイベントのために誂えたようです(笑)

NL1D01.jpg
NL1D07.jpg
NL1D02.jpg
NL1D03.jpgNL1D04.jpg
NL1D05.jpg

少し敷地が斜面になっているので、駐車場から見ると高台に建っているように見えます。それがとても印象深かったので外からパチリ。

NL1D06.jpg

さぁ、準備完了。
今日はイベント本番です。

★NATURAL LIFE 1day shop★


日時*12月1日(火) 10時~15時

場所*日本ハウジング 府内町家
    大分市大字片島75-1



大きな地図で見る

大分こども病院を目印にお越し下さい。

別窓 | ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0 |
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。