スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
シトロエンのチャレンジ
2008-03-31 Mon 06:58

昨年の10月に発表されたシトロエンのC5。これによって今まで違和感のあったCシリーズのデザインがやっと統一されたような印象があります。XantiaでPSAがカロッツェリアと決別するためのスタディを行ったのではないかというのを社内とベルトーネとのデザイン比較で書きましたが、その後、シトロエンデザインセンターでデザインが行われるようになり、昨年はベルトーネの破産、そして今年になってピニンファリーナの第三者割当増資引受を要請するというように、カロッツェリアにとっては生き残り難い時代になってきています。

C5_01.jpg

C5_02.jpg

C5_03.jpg


ベルトーネから決別したシトロエンでしたが、クサラやC5のデザインが手放しで褒められるものとは思えず、失望のあまり「今後のシトロエンはどうなるのか」と心配するほどでした。C6が登場した時はやっと安心できたのですがC5のデザインを見て漸くそれが確信できるようになりました。少しBMWのトレンドに近い気がしますが、マッス感やバランスは随分と良くなりましたし、ディテールはドイツ車にはないフランス的なデザインが健在です。C6というフラッグシップのデザインが極めてシトロエンの伝統を重んじたことで、下のクラスであるC5のデザインが高評価になっているとも推測できますが、この現象はAlfa Romeoの159とは好対照だと思えます。
実は待望のC5は、日本国内はおろか本国でもリリースされておらずいつ発売になるかとヤキモキされています。詳細は以下のスペシャルサイトで見ることができます。フランス語に堪能な方は本国のサイトへ。

C5スペシャルサイト本国版
C5スペシャルサイト英語版

さてハイドロ以外のシトロエンの伝統と言えば、メーター廻りだと言う方が多いと思います。シートだとかパッケージングを挙げる方もかなり居るとは思うのですが、少しオールドなシトロエンのファンならばあの“ボビンメーター”を挙げない訳はないと思うのです。今回のC5ではメーターの遊びがかなりあってアナログな“ボビン”とは趣こそ違えども「シトロエン健在なり」を確信できます。ステアリングに関してもオーディオコントロールやクルーズコントロールが組み込まれ実にシトロエンらしいデザインです。

C5_07.jpg


今回の主題はステアリングです。

ご紹介するのはシトロエンの開発した"C5 by Wire"です。

bywire01.jpg

bywire02.jpg

bywire06.jpg

bywire07.jpg

bywire08.jpg


このステアリングはどちらかというと飛行機の操縦桿というのが相応しい出で立ちで、これで普通にステアリング操作ができるようになっています。このステアリングで操作できる秘密は速度に応じて切れ角が変化できることなのです。大きく3つのパターンを設定し、速度が低く大きくステアリングを切ると自動的に駐車だとコンピュータが判断して前輪の切れ角を増大させるシステムです。スピードが上昇すると切れ角を押さえ、操作スピードが速いと切れ角を的確に増大させてシャープなハンドリングを実現するというかなり凝った作りです。
しかもこの"C5 by Wire"のステアリングにはステアリング操作だけではなく、アクセルやブレーキの主要操作とウインカーやワイパー、ライトコントロールいう副操作機能が全て備わっています。
中央の銀色のプレートが加速パドル。指で押すと加速するという構造です。両方とも加速用で加速中にライトなどの操作を行うためには、どちらの指でも加速パドルに触る為には2つ必要とされたからです。ブレーキはステアリングの裏側にあって人差し指で握るだけです。通常どちらかの指若しくは両指を使って操作し圧力の加減でブレーキの効き具合を調整するシステムです。これは人間にはパニックの時に強く手を握る癖があるので、意外に的を射ているかも知れません。

bywire05.jpg

bywire04.jpg


当初航空宇宙産業によって開発されていた“X-by-Wire” technologyをシトロエンが応用した技術ですが、この技術は自動車の安全技術の向上に必要なものだと考えているようです。

足をペダル操作に使わないので、姿勢が安定しドライバーへの負担を減らし、事故の時には衝撃を軽減させることができる。
“X-by-Wire” technologyは人間工学に基いたもので、操作が直感的にできるので危険回避の動作時に素早く操作できる。
などを挙げて、今後も更に自動車に相応しいオプションを考案していくとしています。
このシステムはヨーロッパ的事情が前提となっている点が気になるのですが、それは「クルーズコントロール」です。長距離移動の多い彼等の習慣に合わせてクルーズコントロールを積極的に利用する事が前提の使い易さなのですが、日本の様な渋滞を前提とすると使い勝手が良いとは言えない気がします。それはセンソドライブなどのセミATにもハッキリ表れているように思えるのです。
それと長く染み付いた習慣から自然に移行できるかは微妙です。

しかしこういう意味のわからないアソビを実現してしまうトコロを見ると、まだまだシトロエン魂の火は消えてないと思うのです。ボビンメーターだってモデルで一貫して採用された事がないのですから、これはもしかすると“ファンサービス”なのではないでしょうか(核爆)
別窓 | シトロエン | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<雨に散る桜 | 欧州車貧乏記録簿 | ミニミニ大作戦>>
この記事のコメント
うつ!
今、このネタを書いている途中でした(泣笑)
それにしても最近のシトロエンはいいイメージがあります、PSAでもプジョーはダメダメなのと好対照ですよね。
ちょっと迷いの見えていた前モデルとは違って方向性が確立出来ている。
正直ちょっと欲しいと思ってしまう出来だと思います。
C6・C4・C5とどのモデルにも通じているシトロエンの世界は魅力的ですねぇ。
マークがデカくてエグイだけのプジョーとはえらい違いだ(苦笑)
ただし、C5のリヤってちょっとBMやアウディっぽくないですか?
2008-03-31 Mon 07:55 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
それと
http://lulop.com/search.php?q=citroen

ココで色々見られますよ、結構面白い。
2008-03-31 Mon 19:41 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>このネタを書いている途中でした
フ~ホッホ、先にやった者勝ちなのだよ(核爆)
先にこ~んずさんが新型C5を記事にした時にこのネタは考えていました(笑)

>方向性が確立出来ている
ホント、そういう印象ですね。伝統のあるメーカーは伝統を大切にして現代にリメイクする事で、今までの顧客だけでなく新しい顧客層も引き込めた良い例だと思います。

>BMやアウディっぽくないですか?
確かに(核爆)
記事の中にも書いたけど、全体的なマッスやテールのデザインがBMWのソレに近いんですよね。今の時点では情報が出ないと思いますが、何か裏がありそうだ(笑)

>ココで色々見られますよ
面白そうですね。ありがとうございます。
このサイトは知りませんでした。
ヨウツベでもUPされてないデータがチラホラ見受けられます。時間をかけてジックリ観てみます。
2008-04-01 Tue 07:07 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
新デザイン
お久しぶりです。

新しいC5のデザイン、かなり良いですね。
C6も気に入っているんですが、
値段と大きさで次車検討外の中、
新C5には期待してしまいます。

ただ、「C5 by Wire」を初めて知って、ビックリ。
広熊は頭が固いんで、
安全性とかホンマに大丈夫かいな?と思ってしまいます。

それとハイドロだけでなく、バネも選べるんですが、
やはりハイドロを選ぶかなぁ。
2008-04-02 Wed 00:10 | URL | 広熊 #3B0PoQNY[ 内容変更]
いや~C5のデザインカッコいいですよね。
ちょっと後姿がアウディの匂いがするような感じがありますが、結構好みです。

ステアリングはここまでではないですがHONDAがS2000で舵角とスピードで切り角が少ないステアリングを採用してましたね。

このシトロエンの場合複合型なので比較するまでもありませんが、「視界が広がる」「室内空間が広がる」メリットがさらに大きいと感じますね。
2008-04-02 Wed 11:22 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
広熊さん
お久しぶりです。
C6もC5も中々、良いデザインですね。
C6はやっぱり大きいですか(笑)

C5 by Wireは見て頂くとお分かりだと思いますが、新型ではなくて旧(と言っても現役)に搭載されてまして、デモンストレーション用の車両です。
シトロエンの言う「安全」は程度の問題なんでしょうが、とりあえず「理屈」としては適うもののようです。
後はこの操作にユーザーが慣れるかが問題ですよね。

>バネ
アフリカへの販売対策のためらしいですね。
恐らく日本へはハイドラクティブモデルしか入ってこないと思いますよ。
2008-04-03 Thu 05:12 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
LOHAS20さん
>アウディ
皆さん、この辺りのドイツ車デザインと似てるという印象ですね(笑)
159の時にも書いたのですが、最近のラテン車メーカーは明らかにドイツのプレミアムカーのマーケットを意識しているようです。「売れ線」というのとは少し意味が違いますが、同じ土俵にデザインを持って行こうと考えているのかも知れません。

>S2000
発想は同じなんでしょうねきっと。
シトロエンの場合はデザインありきで、技術が後から付いた可能性が高そうですが(苦笑)
快適性は向上するのかも知れないんですが、足の操作がないのはどうなんでしょうね?
居眠り運転を誘発する原因にはならないかと少し心配です(笑)
2008-04-03 Thu 05:26 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。