スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ファミリーカーの王様
2008-04-27 Sun 11:59

久々の登場“希少車”です。廃車ですがね(笑)
GRAND_FAMILIA01.jpg

このクルマは道路から良く見える場所にあり、かなり以前(20年くらいある)からこの状態でしたので、いつか写真に収めてやろうと思っていました。
今日は朝から天気も良く、健康の為に休みは散歩をするという無理やりシチュエーションを

でっち上げ(核爆)

撮影して参りました。
散歩ですか?マンドクサイです(苦笑)
普通、これを見てもまぁ車名が即座に答えられる人は10人に1人くらいだと思います。スポーツカーとかはそれなりに詳しい人がいますが、ファミリーセダンに詳しいというのは少数派ですもんね。
サバンナだろっ、と思ってしまった方は「当たらずとも遠からず」です。
答えは マツダ グランドファミリアです。
GRAND_FAMILIA04.jpg

GRAND_FAMILIA05.jpg


グランドファミリアが登場したのは1971年。その出自にはマツダならではの苦悩がありました。
ロータリーエンジンの開発と量産化に成功したマツダは“コスモスポーツ”を皮切りに“ルーチェロータリー”“カペラロータリー”“ファミリアクーペ”“サバンナ”と次々にエンジンをロータリーフルラインナップ化しており、ファミリアもセダンでTSSを追加し、“ロータリー満開”状態の様相でした。
何しろ経営が傾いていた東洋工業の社運を賭けてまで実現化したロータリーエンジンですから、この状態は無理もありません。市場からは「夢のエンジン」だとか言われ、振動が少なく小排気量で高出力なエンジンと一応の評価を得ていましたが、同時に「燃費の悪いエンジン」という評価も定着していました。
パワーがある事は一部のマニアにはウケが良かったのですが、それでは商売になりません。特にサバンナは暴走族御用達なクルマでしたから、当時は社会問題化していたこともあってイメージダウン以外何者でもなかったのです。
そんな事情から“ロータリーイメージレス”な車種が必要になりました。しかし、そこは資金力のない会社の悲しさで新たなプラットフォームを開発する資金がありません。そこでサバンナのボディーを流用することになったのです。
車格はカペラとファミリアブレストの中間を位置していましたが、サニーエクセレントやカリーナなどの強豪をこのグランドファミリアで対抗しなければならず、全く新しいネーミングで投入するのは不利と考えたマツダは既に定着していた「ファミリア」の名前を使って登場させる策を講じたのです。
当初はファミリアブレストのエンジンと同じ1300OHCで登場しますが、翌年にはカペラと同じ1500OHCエンジンを搭載し73年の最終型Sグレードではサバンナと同じエンジンを搭載する1600APが登場し、本来のコンセプトからどんどん遠退いて行きます。しかも、フロントとリアの意匠を変えただけのボディーワークは結果的にサバンナと同じだとユーザーから見られてしまった為に、レシプロ専用車とはあまり認識されていなかったようです(苦笑)

早く気付くんだマツダ!

ちょっと落ち着いたサバンナ程度にしか見られていなかったグランドファミリアではあったのですが、当時全ての自動車メーカーが奈落のソコに落とされたオイルショックと公害対策をAP(アンチ・ポリュージョン)で対応し、グランドファミリアは華やかさこそなかったが、日陰に咲く花としてマツダの下支えとなったのです。しかしファミリアの大型化でブレストに吸収され僅か1代でグランドファミリアはその生涯を終えてしまいます。

“ファミリーカーの王様”ならず“企業危機建直しの王様”(爆)

GRAND_FAMILIA02.jpg

GRAND_FAMILIA03.jpg

このグランドファミリアはDXグレードで75年のマイナーチェンジ以降のモデルで丸型ヘッドランプを持つ1300OHCモデルです。APのエンブレムが示すとおり、51年排ガス規制合格車で76年2月から販売終了の78年10月までに生産された1台と推測されます。
すっかり木と同化してしまっていますが、これどうするんでしょうね。

別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<マブチのモーターは最高だぜっ! | 欧州車貧乏記録簿 | 道路特定財源>>
この記事のコメント
わはは~
グランドファミリア、名前が出ませんでした(笑)
子供の頃、近所にあったなぁ。
今となっては忘れ去られたどーでもいいクルマですねぇ(格爆)
2008-04-27 Sun 21:49 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>名前が出ませんでした
おや、こ~んずさんにしては珍しい(笑)

>どーでもいいクルマですねぇ
確かに見るものはないですね(笑)
しかしコイツがなければ後のマツダもなかったでしょうし、況してシトロエンが日本車と同じ整備料金で整備される環境もなかったと思うとフクザツなのよ(爆)
2008-04-29 Tue 08:11 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2015-09-15 Tue 13:33 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。