スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
改正道路交通法
2008-05-25 Sun 14:27

僕はこれまでブログの記事を書くに当たって幾つかテーマに沿って書いてきました。大きなな柱であるAlfa Romeoやシトロエンの維持情報はもちろん、時折見掛けるどちらかと言うと雑誌向けでない珍車や希少車を取り上げ、歴史の中で忘れられそうになっているこれらのクルマ達のヒストリーを残しておく事。そして、とても重要な事なのですが「クルマを取り巻く環境」問題をテーマとしてきました。クルマが走る為には様々な環境が整備される事が欠かせません。自動車の歴史は即ち周辺環境の歴史であり、コンピュータで言えばハードとソフトの関係ではないかと思われます。また税の問題や道交法も切っても切れない関係です。
今回は改正道交法を取り上げてみようと思います。
今年6月1日に施行される改正道交法は75歳以上の高齢者には高齢者マーク(もみじマーク)を表示することを義務付け、違反者には行政処分の点数1点と4000円の反則金を科すこととなりました。但し、十分な周知がなされていないとして、施行から1年間は口頭による指導に止める方針。
今まで自主的に貼っていた訳ですが、今回は初心者マークと同じように義務付けられました。この背景には年寄り扱いされたくない、と考える老人が高齢者マークを貼りたがらず浸透できなかった背景があるように思えます。事実、高齢者社会と言われている割に高齢者マークを貼っているクルマの割合が少ないように思えます。
また高速道路での後部座席のシートベルト着用の義務化が盛り込まれました。一般道路でもシートベルトをすることが望ましいとの観点から努力義務としていますが、しなくても違反にはなりません。
高速道路でのシートベルト着用義務化は妊婦やケガなどのシートベルトができない理由がなければ全て対象とされます。妊婦はこれまでも免除でしたが、最近の研究ではシートベルトの着用が生存率を高くすると報告があります。

問題となっているのはタクシーや観光バスなどの旅客車両です。バスで観光した方なら良くお分かりと思いますが、観光バスの後部はサロン風にしているものも多く本来シートベルトをすることを前提とはしてません。またお酒を飲む事も多く、こういう客がシートベルトを素直にするとは思えない、というのです。注意すると逆ギレされ何をされるか分からない、と各社慎重な態度です。今までもできるだけシートベルトを着用するよう呼び掛けてきましたが、実際の着用率は1割程度といいます。後部座席の安全神話が根強いこともシートベルト着用率が上がらない原因の1つと考えられています。もちろんバスガイドも走行中はシートベルト着用なので、名物のガイド節は鳴りを潜めそうです。
タクシーは高速料金にメーターを切り替える時に自動で音声案内を流すようにしているそうですが、それでも着用は少ないと言います。このような状況から、各社は努力の結果シートベルトをしない客がいてもドライバーを初め、社員を守る立場から違反を免除するよう申請していく方針だそうです。

そして今日のニュースではこんな洒落にならない産経新聞の記事が掲載されていました。

サイレンを鳴らして緊急走行する警察の捜査車両が、速度違反で摘発されるケースが相次ぎ、捜査員に戸惑いが広がっている。本来は刑法の「正当行為」として違反は免除されるが、管轄を超え、他県で法定速度を上回って走行すると免除されないことが多いという。正当行為かどうか判断する基準がなく、適用の判断が各都道府県警に委ねられているためだ。「捜査」か「安全」か。どちらを優先させるべきか線引きは難しいようだ。(森本充)

パトカーや捜査車両、救急車などの「緊急自動車」は一般車両と異なり、最高速度に特例が設けられている。道路交通法施行令では緊急自動車の最高速度は「一般道80キロ、高速道100キロ」。規定に従えば、「これ以上の速度での捜査車両の走行は違反になる」(警視庁交通総務課)。

だが、猛スピードで逃走する犯人の車を追跡するケースもあり、当然、規定は弾力的に運用されている。その根拠となるのが、違法性を免除する刑法35条の「正当行為」の適用だ。速度超過の必要性を説明できれば、速度違反に問われることはない。

実際、昨年5月に富山県警が公表した事案では、自動車盗で現場に急行したパトカーが国道を時速124キロ(44キロ超過)で走行して摘発されたが、その後、違反免除になった。熊本県警では平成12年、指名手配犯を追って速度超過した福岡県警の捜査車両に反則切符を切らず、警告にとどめた。

逆のケースもある。警視庁の機動捜査隊員が「指名手配犯が現れた」と通報を受け、隣県に急行した際、速度違反自動監視装置(オービス)に撮影されて違反切符を切られた。「外国人が連れ去られた」という一報で、捜査1課の捜査員が、犯人グループが向かった隣県に捜査車両で急行した。このとき、緊急走行した捜査車両のほとんどが違反とされたこともある。

こうした二律背反が生じるのは、速度超過をめぐる正当行為の認定に判例や基準がないためだ。「各都道府県警の間で、同じような事例でも正当行為と認定するかどうか判断が異なる」(警視庁幹部)。ある県警幹部は「緊急走行中に事故を起こせば、緊急走行が必要だったか厳しくチェックされる。むやみやたらな緊急走行を戒めるためにも、正当行為の認定は厳格であるべきだ」と指摘する。

ただ、捜査の現場には余波も広がっている。速度違反を恐れるあまり、追跡時でもオービスの前で速度を落としたり、捜査車列の先頭を走りたがらない捜査員がいたりする。捜査幹部も「速度違反で昇進が遅れた捜査員もいるだけに、急げともいえない」と話す。

緊急自動車の最高速度規定は昭和35年の施行令制定以来、一度も改正されていない。捜査サイドは「車の性能が上がり、逃走車両の速度も速くなっており、時代に即したものに」と規定速度の引き上げを求める。一方、「逃走を阻み、自分で手錠をかけるという刑事魂はよく分かるが、道路事情は変わっておらず、安全面からは今も妥当な規定」というのが交通サイドの言い分だ。

警察内部で足並みはそろわないが、「仮に規定を20キロ引き上げたところで、150キロで逃走する車両は追跡できず、根本的な解決にはならない。隣県に逃走するケースも考えれば、迅速に包囲網を敷けるよう各警察間の連携などを強化するべきではないか」(ベテラン捜査員)という声も根強いという。


逮捕するべき側が逮捕されるという(笑)
現場の捜査員にしてみれば「ジレンマ」だと思われます。公務員の不祥事ばかり目立つ昨今ですが、全体で言えば割合は小さく、真面目な使命感のある警察官からすれば実に迷惑な話でしょう。「一時を見て万事を知る」が歪んだ形で単にステレオタイプな発想に結び付いている一般層の認識も改めなくてはならないと思います。
公務員というのは実に融通の利かない世界だと思うのですが、昭和35年から一度も見直されていない事実も如何なものかと思います。一般自動車の法規も一定に見直されていますが、高速道路での大型バイク2人乗り解禁には難色を示していました。1963年に制定された現在の高速道路の速度は実に40年以上も前のもの。今から45年前のクルマといえばミニがクーパーのMk-Ⅰを発表した年でマツダがロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツを東京モーターショウに出品した年です。2006年に有識者を集めて検討委員会を立ち上げ3年計画で国内道路の法定最高速度が現代の道路事情でも適切かどうか、検討に入ることを明らかにしました。
正直、法定速度を完全に守るというのはかなり難しいのが現状です。クルマも道路の性能も45年前と比較して別物と言えるほど進化しているのに、45年前の速度規制を守る事はかなりの負担を強います。逆に法定速度を守る事で後ろには数珠繋ぎの渋滞ができ、無理な追い越しを誘発して危険極まりないのが現状ではないでしょうか。それどころかそのような運転をする先頭車は「まさか酒を飲んで運転しているのでは?」とさえ疑いかねないのが事実。これだけ時代の進化が速い時代でありながら45年も変わらない法定速度には疑問が残ります。

別窓 | 日々記 | コメント:3 | トラックバック:1 |
<<アルファ乗り | 欧州車貧乏記録簿 | フッカツダー!!(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)フッカツダー!!>>
この記事のコメント
確かに
日本の道交法って???の部分が多いよね。
そもそも日本の乗り物は飛行機にしろ電車にしろどんどんスピードアップしてるのにクルマだけスピードは悪なんだから(苦笑)
制限を上げればいいとも思わないけど、上げても問題無いどころかもっとスムーズに流れる所が沢山ある。
時代にあった道交法を作るべきだよねぇ・・・
でも彼らじゃ無理か?(苦笑)
2008-05-26 Mon 19:44 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>???の部分が多い
道交法の基本は交通の円滑化なのですが、実際はそうなっていませんね。というかナニかあって対応するという後手の対応が目立つのは他の機関も同じのように思えます。

>スムーズ
確かにそういう場所は多々あります。渋滞は別に速度だけが原因でもないのですが、制限速度で走ると自然渋滞になってしまうのは速度が適切ではないと思えますね。
2008-05-27 Tue 06:35 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
いつもみています
はじめまして、いつも見に来てます。また遊びにきます☆
2008-10-25 Sat 13:08 | URL | はな #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
捜査車両 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… …
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。