スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
長崎・佐賀に行っちきた!(その4)
2009-02-14 Sat 17:08

たらふくカキを食べブランチを済ませた(ブランチってたらふく食うもの?)我々は道の駅を後にします。
僕達は最終目的地の吉野ヶ里に向けて更に北上します。その前に、寄っておきたいトコロがありました。
「昨日言ってた“須古すし”ってこの先にあるんだけどどうする?」

須古すしとは・・・ 

白石町の郷土料理に「須古(すこ)寿し」があります。古くから祭りや祝いごとがあればこの「箱ずし(押しずし)」を作り、客に振る舞います。伝承によれば、この地の代々の領主は、領内の農民をことのほか大事にし、米の品質改良に努めてきました。その米は「すし米」「酒造米」として評判が高く、全国的に名声を博したそうです。愛情あふれる領主に応えるため、領民は地元でとれた海の幸・山の幸を用いておいしい「すし」を作り、献上しました。この「須古寿し」は連綿と500年もの間、母から子へ、子から孫へと受け継がれ、現在に至っています。もち米に米を1割加えた酢飯を箱に詰め、有明海のムツゴロウ・しいたけ・タマゴ・ごぼう・奈良漬・紅しょうが・ミツバをのせて押しずしに。酢飯には、ムツゴロウの蒲焼の骨を漬けた合わせ酢を使うのがポイントで、まろやかで深みのある味に仕上がるとか。近頃はムツゴロウが手に入りにくいため、エビやコノシロで代用されることもあるそうです。

「というような寿司らしい」
「あっ、そう」(軽く流すな)

「で、その寿司を食べたい?」
「う、うんまぁ」(急に弱気)

ナビを設定変更して少し寄り道。
かつて須古地区と呼ばれた場所は現在の白石町だそうなのでソコを目指します。
途中、鹿島市の街中を迂回するバイパスと別れるのですが、ナビは207号線を直進と示しています。

「バイパスの方が近いだろうに」(ナビの判断に疑問が?)
「ナビはそのままって言っているけど」
「街中は混むだろうに」(ナビは渋滞も考慮していますが何か)
「じゃあ、戻ってパイパスに乗れば?」
「いや、このままでいい」(どっちなんだよ)

鹿島の町を抜け廻里津交差点から214号線へ入ると一気に田園風景。茅葺の家が何軒も残っています。ナビが案内しているから目的地に向かっているのだろうけど、そうでなければどこに連れて行かれているのか全く見当もつきません。
延々、田んぼの中を走ってナビが目的地ですと言っている場所には確かにネットでも出て来た「角屋商店」がありました。
しかし、店は開いているがどう見ても営業している雰囲気ではありません(失礼)
「ココまで連れてきて、ないとマズイ」
急に心配になったので近所にまだ店がないのかクルマを走らせます。穴が開くほどつぶさに目を凝らしてもそれらしき店は見当たりません。ぐる~と周って
「あっ、あそこに『仕出し 須古すし』って書いてあるよ」
「その向かいはサッキの店だけど」
元の場所に戻っただけの事でした(笑)

ちょうどお店から奥さんが出てきたので「ちょっと聞いてくる」とクルマを降りてお店の横にある倉庫へ向かいます。

「あのう、チョット伺いたいんですが」
「何でしょう?」
「この地域で須古すしというのがあるって聞いて来たんですけど」
「作り置きはないんですよ」
「通り掛けに買って行こうと思ったんですが、すぐにできるものなんですか?」
「え~、すぐできますよ。幾つ作りましょう」
そんなに簡単にできるのかと注文し寿司ができるまでの間、その辺をブラブラします。

町はどこかで時間の流れが変わってしまったかのような昭和の匂いがしてきます。どことなくレトロというか懐かしいというか・・・

nagasaki24.jpg
nagasaki25.jpg
nagasaki26.jpg


茅葺の建物が先に見えますので行ってみると家ではなく祠のようです。すぐ脇には水路が流れていて、上こそモルタルで固めてありますが、下は昔の石垣が見えているので恐らく田園に水を引くための用水路でしょう。年代はかなり古いもののようです。祠には地蔵様が祭ってあり、用水路の脇にあることから水難に纏わるものか農作業の纏わるものだと思われます。地蔵様にはヨダレかけがツキモノですが・・・
ピカチュウのヨダレかけが付けられています。ふ~ん、ピカチュウね。

10分くらい時間を潰していたでしょうか。お店の方から先ほどの奥さんが呼んでいます。なるほど、確かにすぐできるようです。

「お客さん、良くこのお寿司をご存知だったですね」
「インターネットで結構出てきますよ」
「どこからいらしゃったんですか」
「大分からです」
商工会議所や町役場は“名物”としてアピールしているのに、売る方にはインフォメーションが伝わっていないようでした(笑)


大きな地図で見る

角屋商店 佐賀県杵島郡白石町堤628

家に帰り着いて食べましたが、まぁ、良くあるちらし寿司を押し寿司にした感じです。そんなに奇想天外な寿司を期待してもなぁ(笑)
野菜類は畑で採れる地の物で素朴ですが、錦糸玉子などは昔は鶏卵が贅沢品だったし、砂糖も滅多に口には入らなかったのでしょうから、これはかなりのご馳走だったに違いありません。
押し寿司と紹介されていますが、正確には「もろぶた」と呼ばれる浅い箱に入れて作るので混ぜ寿司の要素も含んでいます。
少ないながらもムツゴロウの蒲焼が入っていました。エビだけじゃなくて良かった。
「ねぇ、ムツゴロウって何?」
「魚だよ。決して畑正憲じゃないんだよ」
もち米が多いので量は少ないけど腹持ちが良いと思います。味は砂糖が控え目で家庭で作っていたような味わいです。

nagasaki27.jpg
nagasaki28.jpg

さぁ、吉野ヶ里に向けて出発です。武雄北方ICへ向け先ずは34号線に乗ります。
レトロな町と歴史と、ピカチュウを後にして。

その5に続く・・・

別窓 | 日々記 | コメント:10 | トラックバック:0 |
<<長崎・佐賀に行っちきた!(その5) | 欧州車貧乏記録簿 | 長崎・佐賀に行っちきた!(その3)>>
この記事のコメント
ピカチュウのよだれかけ
なかなかナウいじゃないですか(爆)
このお寿司はぱっと見はスカスカしてますねぇ、畑正憲が乗っていれば最高なのに(笑)
それにしても出たトコ勝負の旅行みたいなのに何とかなってるところが凄いと思いますよ。
2009-02-14 Sat 20:54 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>ナウいじゃないですか
うんうん、僕も胸キュンしちゃいました(死語には死語で)

>畑正憲が乗っていれば
あの~乗れないと思いますけど(笑)

>出たトコ勝負の旅行
のようにしているのはウチの親ですから(爆)
あの人たちと一緒に行動すると、折角の下調べが全く役に立ちませんが何か。
2009-02-15 Sun 18:01 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
>下調べが全く役に立ちません
普通はそこで破綻するんです、2~3人ならともかく、それだけの人数で何とかなっちゃうのが凄い!
だてにラ○ホに詳しくないですよね(逃走)
2009-02-15 Sun 18:15 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>ウチの親ですから(爆)
なるほど!IKEAさんとお孫さんを引き連れて宿泊代自動機精算OKなんて・・・最強のご両親様ですね、冗談です(笑) でも今日のブログのお蔭で無性にカキを食べたくなり、今夜はカキ飯を作ってしまいました。
2009-02-16 Mon 00:47 | URL | kobu #-[ 内容変更]
こ~んずさん
>逃走
あっ、逃げやがったな(笑)
2009-02-16 Mon 08:33 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
kobuさん
>最強のご両親様
母が苦い顔をしていましたよ(笑)
こ~んずさんみたいに事情通だと宿泊は楽なんだろうな、と思います。

>カキ飯
良いですね~
食べ物の記事を読んでそれが食べたくなるのは良くあります。164OCのメンバーって食べ物の話題も多いですし。
誰が一番罪作りな記事を書いているんだろう(笑)
2009-02-16 Mon 08:38 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
>誰が一番罪作りな記事を書いて
それは間違いなくIKEAさんですね、だって今まで誰もラ○ホネタは書いていませんから(笹本さん除く・笑)

美味しそうな食べ物の記事を見ると無性に食べたくなっちゃいますね~
2009-02-16 Mon 19:07 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>ラ○ホネタ
記事を読んでラ○ホに行きたくなったとか(笑)

>笹本さん除く
だそうですが(笑)

>無性に食べたくなっちゃいますね
その罪は随分こ~んずさんもやってないですか?
何度、ラーメンが食いたくなったか(それも夜中に)
2009-02-17 Tue 18:43 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
今度は押し寿司ですか。(^^;
ならば我が地元にも有名な(?)押し寿司がありますよ。

説明しようと思ったのですが、こちらの方が詳しいので(^^;
http://www.omuranavi.jp/04madein/madein02_01.html

我が家でも何か集まりや記念日には必ず作ります。
錦糸卵が全面を覆っていて、紅生姜の赤とコントラストが綺麗ですよ。

もちろん、味も。
2009-02-18 Wed 15:16 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
LOHAS20さん
大村寿司ですね。勿論、存じてます。
時間的に食べる事ができませんでした。
製法が須古寿司と似ていますからルーツは同じなのかも知れませんね。
岩国の箱寿司も一度食べたのですが、これも美味しかったです。ただこちらは殿様への献上品だったということでした。生い立ちが全く逆なんです。
2009-02-19 Thu 09:01 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。