スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
サプライズ2本立て
2009-05-01 Fri 05:59
「蕎麦ツーリング」の報告が延べ2ヶ月も掛かってしまいましたが、ご報告を終了でき少しホッとしています。

さて、その後に取り掛かった記事もまだ完成していません(苦笑)
というか29日に出店する予定だったデサキ・デポの「クラフトフェスタ」への準備で大顕わでした。しかも今週は1件退去がありましたので資料の作成やクリーニング作業が待っています。
今回はココ最近に起きたサプライズをご報告したいと思います。

今週は昂希の家庭訪問がありました。
中学に上がって初めての家庭訪問ですが、小学校と環境が変わってどんな様子か気になっていました。
ハッキリしない性格は相変わらずのようです。最近は小学校から仲の良かった友達に外へ誘われることが多くなって少しは鍛えられるのではないかと期待しているのですが。
先生は予定時間を上回ってお話して下さったのですが、昂希はやっぱり煮え切らない(大丈夫かなコイツ)
さて先生は次の訪問先へ向かうので出口まで送りに出ました。

すると目に飛び込んで来たのは

Alfa Romeo155

思わず「あっ155!」
「良くご存知ですね」
「ご存知も何も、ウチ156ですよ」
「もしかして、こちらに赴任して良く見かける156ってそうだったんですかね」
「TSですか?」と言って後ろを見ると「エンブレムがないんですね」
「クアドリフォリオじゃないんで」
先生はかなりクルマ好きと見ました。購入の原因が「音に惚れたから」と言っていましたし(笑)
先生はV6サウンドを響かせながら次の訪問先に向かって行きました。

もうひとつはデサキ・デポで行われた「クラフトフェスタ」のことです。

claftfesta01.jpg

実は足踏みミシンの足を使ったライティングテーブルが予想以上に時間が掛かってしまい、何と完成したのは「当日」でした(笑)
軍曹も直前の流川マルショクのフリマで予想外に大物のバッグが売れてしまい、商品を直前まで作っていました。お陰様で当日は完全に寝不足&疲れを残した状態で出店。
僕たちは通常は「ネットショップ」だけの販売で実店舗販売や委託販売を行っていないので、対面販売はフリマでの販売が主体になっています。しかしフリマ、というと「不要品」の販売が主で「安く買える」と思って来るお客さんが普通なので、僕たちのように「ハンドメイド品」は高いと思うか興味がないかで思うように売れる訳ではありません。その点、今回のようなイベントは最初から「ハンドメイド」目当てでお客さんが来るので反応も全く違いますし値切って来るような場違いなお客さんもほとんどいません。
軍曹のバッグや小物は殆ど売れてしまい、いつものように「現場で製作」を始めた軍曹でしたが何とそのバッグにも予約が入り出来次第に売れてしまいました。
今回は準備も大変でしたが結果にも満足でき、今月は「過去最高」の売上げを記録することができました。
もちろん売上げが良かった事も嬉しいのですが、今回は僕の作った家具が売れたことです。それもデサキ・デポさんが什器としてご購入下さったことです。
多分、最初から来て購入することはお店の立場から自粛だったのだと思うのですが、午後になってスタッフの皆さんで僕たちのブースにいらっしゃいまして、僕の家具を見て「あ~カワイイ。お店に欲しいよね」と話していました。僕は笑いながらその様子を見ていたのですが、皆さん他のブースに向かったようだったので「少し高かったかな?」なんて思っていました。何しろよその作品がかなり安いんですね。製作人件費をアワーレートで計算するとほとんど乗ってないような価格。だからそう思っても無理もありません。
暫くすると男性の責任者と一緒にやって来ました。どうやら責任者に購入のお願いをしていたようなのです。
「お店で買わせて頂きます」
「什器として購入しますので領収証を頂けますか」

やった~

お店で委託販売してもらうよりもっと名誉なことです。
足踏みミシンが売れてくれればもっと良かったのですが(本当に売れかけた)

claftfesta02.jpg
claftfesta03.jpg
claftfesta04.jpg

価格は24,800円ですからそう簡単には売れないだろうと予想はしていました。しかしブースで一番目立つ場所に置いた為か、かなりのお客さんが見に来てくれ懐かしがるお客さんも多く「客引き」として大活躍してくれました。
因みに足に使った「PINE」ミシン社は最近よく流通しているシンガーミシン、つまり「シンガー日鋼」の前身です。日本製鋼所の宇都宮製作所として分離した会社から工業用ミシンの専業メーカーとして分離したのが1949年。1966年にシンガー日鋼と改名するまでこのパインミシンの名前で親しまれました。シンガーミシンは2000年に会社が倒産していますが製造年数が34年で海外にも輸出していたこともあって比較的に入手は容易いのですが、パインミシンは僅か17年間生産されたに過ぎず、戦後の復興期ということもあって数はグッと少なくなります。

お店のディスプレイなどに如何でしょうか

(お願いだから買ってぇぇ)


別窓 | ハンドメイド | コメント:6 | トラックバック:1 |
<<国民総意のリンチ | 欧州車貧乏記録簿 | Bella Macchina viaggio del “soba” della primavera Divida 3>>
この記事のコメント
本職は家具屋さんだったんですね。(^^;

うちにも足踏みミシン1台あります。
それとオルガンも、、。

いつか使おうと嫁さんは言ってますが、いつになることやら、、。
2009-05-01 Fri 13:21 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
先生が155
おまけにV6、教育までイタリアンでないといいのですが(爆)

イベントも盛況だったみたいですね、いよっ!家具職人(笑)


なんかちょーだい(核爆)
2009-05-01 Fri 18:45 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
LOHAS20さん
>本職は家具屋
いえ賃貸業です(笑)

>足踏みミシン1台、オルガン
チョーダイ!
冗談はさておき古いオルガンも味があって良いですよね。

2009-05-01 Fri 19:20 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
こ~んずさん
>教育までイタリアン
それアリかも(笑)

>いよっ!家具職人
家具作家と呼んでくれ給へ
大盛況でしたよ。お店の什器になったということで名前も浸透しますし、何より高値で売りやすくなりました。

>なんかちょーだい
あげませんwww
2009-05-01 Fri 19:23 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
155に乗る教師、いいと思うな(笑)
欠点を直すより、いいところを見つけて伸ばしてくれそうじゃないですか!これから必要なのは個性と何があっても生き抜くバイタリティだと思います。
それにしてもこのテーブルはおもしろいですね。ちょっと和風アンティークの喫茶店なんかに似合いそうですね。
IKEAさんは多才ですね。
2009-05-02 Sat 12:37 | URL | きゃつお #-[ 内容変更]
きゃつおさん
>個性と何があっても生き抜くバイタリティ
これって昔の人の方があったような気がします。
戦後の焼け野原からここまで復興させた日本って凄い国だと思います。執念だよね。
今の我々に欠けているのはハングリー精神じゃないでしょうか。

>このテーブルはおもしろいですね
お買い上げありがとうございますw

>和風アンティークの喫茶店
それは良いですね。あと雑貨屋さんとか花屋さんとかも良いかもね。

>多才
だから器用貧乏なんだってwww
2009-05-02 Sat 15:26 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
はじめまして。 連休に予定もなくブログなんぞを始めてみました。 よろしくで~す。 …
2009-05-03 Sun 13:48 僕の独り言
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。