スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ニワシゴト2009
2009-05-14 Thu 19:06

GWもあっという間に終わって月曜から仕事の人もいるでしょう。
我が家は日常の管理があるので実質連休は5日が完全にお休みだっただけでした。
一番のネックは植栽の管理です。九州地方はこのGWにかなり暑くなりました。9日は夏日で、不覚にも半袖でフリマに出店した僕は腕が真っ赤になって軽くヤケドの状態になってしまいました。
このような時期は植栽の水管理が頻繁になります。害虫(特にアブラムシ)の被害も大きい季節ですが、水切れは致命的な被害なので毎朝の水遣りが欠かせません。

その反面、5月は新緑と花の時期に当たり、1年の成果がほとんどこの時期に見られるとあって、僕達も苦労はするけど楽しい時期でもあるのです。

garden09_01.jpg
garden09_02.jpg
garden09_03.jpg

開業2年目の春に受水層の周りにラティスを立てつるバラを誘引しましたが、年々花が充実してきています。ピンクの方はアンジェラです。このバラは1年生の時から咲き始めましたが、その頃は花数も少なく貧弱な花でした。もうひとつはピエール・ド・ロンサール。このバラも1年目は1輪咲いただけだったのに今では10cmを超える花をたくさん付けています。これは一期咲きなので春だけですが、アンジェラは四季咲きの性質があるので10月頃にもう一度、見頃を迎えます。

garden09_04.jpg
garden09_05.jpg

山ツツジはもう終わってしまいましたが、今度はサツキが出番を待っています。こちらも今週には満開となると思います。今月は瀕死の重傷だった再生中のアザレアも植え替えです。

garden09_06.jpg

ハーブもこの時期に花を付けるものが多く、今はコモンタイムが薄いピンクの小花をたくさん咲かせています。タイムは種を買って蒔いてもあまり上手く育ちません。トコロが苗を購入して育てるとこぼれダネでどんどん増えて行きます。

garden09_07.jpg
garden09_08.jpg
garden09_09.jpg
garden09_10.jpg

そして今は挿し木の適期でもあります。
今日はダスティーミラーの差し穂を作りました。これも来年に向けての大事な作業です。
先にオステオスペルマム、パレッティア、トラディスカンティア・シラモンタナ、ステラなども挿し木していましたが、これらはほとんど発根したようで、オステオスペルマムなどはこんなに小さいのに花が咲いてしまいました。

生き物を育てるのは大変手間が掛かります。それで賃貸での植栽は、乾燥や刈り込みに強く肥料もあまり欲しがらないツツジ科の植物(全部じゃないけど)やツゲの仲間などの手間が掛からない植物が少しだけ植えられていることが多いのです。僕達があえて手間の掛かる方法を選択したのは知人のアドバイスでした。
僕の物件は建物の中にパティオがあるのですが、そこにはヒメシャラが植えられています。前庭には大木になるエノキも植えています。知人はそこまでするならもっと緑を増やさないと中途半端だ、というのです。しかし営業を始めたばかりの僕達にはまだ不慣れな部分も多く、これ以上手間を増やすことに多少抵抗がありました。しかしこの知人はこれを植えろ、と苗を買ってきてくれるのです。こうなると僕達も覚悟を決めなくてはなりませんでした。
開業から3ヶ月目に始まった植栽計画はその苗に始まり、トマトやピーマンの夏野菜と変化して行き、収穫した野菜は住民へ配布するサービスのスタートとなりました。特にミニトマトは大人気で、配布をすると100%貰って頂けます。柿はあまり人気がないのですが(泣)ブルーベリーは大人気です。このブルーベリーは薫の記念樹として植え付けたものです。

植栽の効果はジワリジワリと効いてきました。
それだけではなく近所の(特に婦人会)に植物のことで良く話し掛けられるようになり、良い意味でコミュニケーションの役割を果たしています。
実は賃貸にとってこれら「植栽」は別の役割を持っています。最大の役割は「防犯」です。
手間の掛かる植物がいっぱいあるということは「管理者が常駐か頻繁に訪れる」ことを意味しています。また凝った植栽は地域の人目を引きます。それは常に「人目に触れる」心配がある物件を意味しています。お陰で1階でも安心して住んで頂く環境になりました。
5月の連休明けは庭造りの大変重要な時期です。この時期に植え付けする植物が多いので、大変忙しい時期となるのです。
緑の多い物件は内覧にも大きく影響しています。人は知らず知らずの内に緑を求める傾向があると感じます。実際に住む部屋を見る前に「外観と植栽」はかなり効果を上げて来たことは事実です。
このようなことが誰でもできるとは思っていませんが、自分達の持ち味でキッチリ営業活動することは意味があると思います。

別窓 | 大家さんちどげぇ~な | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ネコ、亡くなりました | 欧州車貧乏記録簿 | Bella Macchina Il godimento di seppia di Yobuko>>
この記事のコメント
いつも思いますが
IKEAさんちはお花がいっぱいですね~
手間はかかるけど、身近に花があるのっていいですよね!

と、たまにはまともなコメントを書いてみた(笑)
2009-05-14 Thu 19:59 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>お花がいっぱいですね
一般家庭ではウチを遥かに凌ぐトコロが多いですよ。
アパートでこれほど植物があるのは珍しいと思いますけど。

>身近に花があるのっていいですよね
入居者に一番感じて頂きたい部分です。
以前、何組かに「ココに決めた理由」を伺ってみるとパティオでほとんど決まった、という意見がかなりありました。
つまり部屋を見る前に決心したんですね。
それを考えると人の生活に緑は大事なんですね。

>まともなコメント
こ~んずさんらしくないじゃないですかw
2009-05-15 Fri 09:32 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。