スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
真っ赤に実った生タマゴ~♪
2009-11-05 Thu 17:51
いや~、急に寒くなりましたね。大分でも一段と寒さが厳しくなってきました。
それでも日中は作業していると暑くてTシャツだけだったりしますが。
最近、アチコチで学級閉鎖の話題を聞いていたのですが、遂に長男のクラスも学級閉鎖になりました。今年の授業は間に合うんだろうか(このペースだと土曜日も授業になるようですよ)

さて3日の文化の日に紅葉狩りに行って来ました。くじゅうの方はすでに見頃を過ぎようとしていますが、中々キレイでした。
さすがに今日は紅葉の見物が目的の観光客が多く、ゆっくり走るクルマが多いです。412号線から669号線に入り久住高原パークロードに到達するころには周囲はすっかり赤や黄色に色付く木々に覆われるようになります。

momiji01.jpg
momiji02.jpg
momiji03.jpg
momiji04.jpg
momiji05.jpg

山の中腹より上はすでに枯れ始めていました。
朝のうちは雨が降っていましたが、日中は快晴に恵まれました。しかし寒気が入って来た所為でかなり寒く服装は冬です。上空にはグライダーが飛んでいました。
ロードパークを出て瀬の元高原から小国に向けます。今日、唯一事前に決めていた昼食の場所に向かうためです。以前、ベラマキのメンバーから美味いと評判の蕎麦屋「花郷庵」に行くためです。小国から212号線を内牧方面へ走ると「蕎麦街道」の看板が立っているトコロから左折して行くとその名の通り蕎麦屋がずらりと沿道に立ち並んでいます。花郷庵はその中でも一番奥の方にあります。

momiji06.jpg

到着すると駐車場はイッパイの状態でした。さすがに評判の店とあって県外のナンバーも見受けられます。受付に名前と人数を書き込んで待ちますが、前に5組くらい待ってます。
すると夫婦(多分)がフーガでやって来て、店の前で待っている我々を見て「うわ~並んでるよ」と奥さん(多分)が言いながら店に入って行きました。すぐに出てきた奥さん(多分)が遅れて店の前まで来た旦那さん(多分)に「こんなに待つのやだ~」と言っています。旦那さん(多分)の方は待つ気満々の様子なのに奥さん(多分)はご不満の様子。暫くすると出て行ってしまいました。あ~あ、もう少し待てばピークも過ぎるのに。というか、この時間帯で待たずに座れる店なんて余程不味いか高い店だと思うんだけどな(笑)
外でタバコを吸っていたのですが、寒いので店に入ると火鉢に炭がくべられていました。

momiji07.jpg

僕はおすすめの「そばづくし」
皆さんが特に美味しいという「舞茸の天ぷら」が付いて蕎麦は2種類楽しめます。先に出されたのはざる蕎麦。勿論かけそばも選択できます。後から出てきたのはおろし蕎麦です。

momiji08.jpg

momiji09.jpg

麦とろご飯に目がない軍曹@家内は迷わず蕎麦御膳(数量限定)を注文。ご飯は季節や仕入れによって変るので気をつけて下さい。ご飯以外はそばづくしのおろし蕎麦が付かないもの。その所為か蕎麦の量が多くなっています。

momiji10.jpg

momiji11.jpg

ん、ちょっと待て、僕より君の方がトータルじゃ多いじゃない(笑)

momiji12.jpg

momiji13.jpg

momiji14.jpg

山かけ蕎麦は温かい蕎麦と冷たい蕎麦が選べます。薫は温かい方、昂希は冷たい方に。悠歌は天ぷらおろし蕎麦!(ウチのオンナ共はどれくらい食うんじゃ)
天ぷらは備え付けの抹茶塩を付けて食べます。舞茸は肉厚タップリで美味しい。もう、これでもかという内容で天ぷらだけでも満足してしまえそうです。
蕎麦は前回の「和の花」とはまた違った趣で、細く腰の強い麺に仕上げられています。ざるも十分美味いです。子供たちも蕎麦が好きっていうのはあるのですがほとんど完食。昂希は余裕で麦とろも貰っていました。
セットには「食前酒」が付いていましたが、多分お酒じゃないですねコレ。確認すれば良かったかなぁ。

momiji15.jpg

最後に「蕎麦のアイスクリーム」が出て来ます。蕎麦の実が香ばしくて、噛むとポリポリとした食感が楽しいアイスです。特に天ぷらの油がすっきりするのでお薦め。
すっかり満足した僕達は何となく杖立温泉に向かいました。特に理由はなくて行ってみようかと。
20年以上前、仕事で良くこの辺りに出没(クマですか)していたのですが、その仕事を辞めてからは行くことがなくなり、かなり久し振りでした。知らない内に温泉街をバイパスする道ができていたり、外れに大きな温泉施設ができていたりで、浦島太郎のような気になります。
当時はもっと活気があったように記憶しているのですが、こんなに寂れた感じだったけ?
足湯があったので入ってみました。

momiji16.jpg

お湯に足を入れるとぬるい。先に1組のご夫婦が入湯中でしたが「砂に埋めると少しマシ」とのアドバイスに従い足首近くまで埋めてみると確かに少しマシ。よせばいいのに隣の浴槽へ足を入れてみるともっと冷たかった(笑)
あ~あ、入んなきゃ良かった。温まるどころか冷えてしまって全員表情が暗いです。
悠歌と薫は入りたくない、と言って近くを散策していたけど、あいつら何か感じやがったな。
あとから来たお客さんから様子を尋ねられましたが「全然ダメ」と教えると「やっぱり無料だから管理されてないのねぇ」と別の温泉へ行きました。
杖立を出て杖立川沿いに行くと松原ダムがあります。このダムが人造湖「梅林湖」を形成しています。この辺りはウメの産地として有名なことから名付けたらしいのですが、ダム周辺にはウメは見受けられませんでした。

momiji17.jpg
momiji18.jpg

松原ダムから来た道を戻り北里柴三郎記念館の近くを通り、ファームロードわいたから210号線へ。途中、イチョウがキレイでした。
豊後中村から目指すは九酔渓。去年のヤマメで載せた「夢の大吊橋」はココに掛かっています。九州でも紅葉の名所と知られる場所だけに、半分以上が県外からの観光客と思われます。恐らく今から帰路に着くと思われるクルマが反対車線にズラリ。玖珠I.Cに向かうのでしょう。帰りは違うルートでないと大変ですね。
通称“十三曲り”と呼ばれる狭い九十九折の道を上り詰めた断崖絶壁に「桂茶屋」というお土産屋さんがあります。駐車場は有料ですが1,000円以上の買い物で無料というジツに商売上手でナイスなお店。ココにはタヌキがいます。と言っても本物のタヌキではないですが。

言っちゃおうかなぁ。
従業員がタヌキのメイクをしてるんです。必ず語尾に「~だポン」と付ける徹底振り。お客さんの中には「今日は何かのお祭りですか?」と訊ねられると言っていました。
時間は少し下がり過ぎて、渓谷の紅葉を山陰が隠し始めていましたが、約200mの落差がある谷を見下ろすと高所恐怖症の僕はいや~な感じがします。

momiji19.jpg
momiji21.jpg

悠歌がお腹空いた~(また食うのか)
焼き団子をすでに食べてるし(笑)少し貰ったけど美味しかった。1本300円也。

momiji20.jpg

軽く1,000円をオーバーして店を出ますが、来た道は渋滞しているのがわかっているので筌の口温泉へ向かい「やまなみハイウェイ」へ出て湯平温泉へ抜けました。一見順調のようでしたが狭間で渋滞(あ~あ)
タイトルの歌は「生タマゴ」ではなく「ナナカマド」が正しいんだよ、薫。
別窓 | 日々記 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<大分定例会 | 欧州車貧乏記録簿 | 命の重さ>>
この記事のコメント
キレイですね!
大分の紅葉もキレイですねぇ。
自然がいっぱいあるってのはそれだけ子供を育てるにはいいですよね。
蕎麦も美味そうじゃないですか、でも山形にはかないませんよ(笑)

ちなみに最後の写真は最高です!
2009-11-11 Wed 18:10 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
大分も紅葉はキレイでしょ。
山形も自然がいっぱいじゃないですか。ブログに登場する雄大な景色はちょっと九州では見れません。
蕎麦だけじゃなくて釜飯もでしょう(笑)
あと芋煮もでしたね。

>最後の写真は最高です!
ベストショットですね(爆)
2009-11-12 Thu 18:14 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。