スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
車検総括です
2007-03-02 Fri 22:08

車検とタイミングベルト交換作業で40万円弱。見方によっては確かに高額です。いつ来るか分からないタイミングベルト切れとウォーターポンプ崩壊から開放されましたが。
てんこさんのご指摘にもあるように24ヶ月点検整備費44,000円は日本車のディーラーや一般整備工場と比較して高いです。概ね3倍から4倍くらいですかね。
決してディーラー工賃を擁護する積りはないのですが、僕なりの考えを書かせてもらいます。

高い理由として販売台数が少ないメーカー(特に輸入車)の場合、車検で入庫する市場のパイが小さいので薄利多売が不可能だということに尽きると思われます。
どれくらい違うかというと、日本最大の自動車メーカートヨタ自動車と比較すると今年1月の総販売台数は113,081台。対して輸入車全体の同月販売台数は13,436台。約8分の1という事です。日本で最大の普通車販買実績を持つカローラは昨年度に143,176台売れました。
単純に日本のメーカーと同等の利益を得ようと思うと整備費用は8倍にしないと商売にならないという事です。販売数の多いVWと販売数の少ないマセラティと比較すると輸入車の中にも格差が見られると思います。新車価格に利益が乗っていても採算が採れているとは思えません。
一方、一般整備工場の場合、輸入車の整備費用は日本車の2割から3割増に設定することが多いということです。一般工場の場合、日本車も整備するので入庫する絶対数という理由よりも、手間の問題が大きいようです。触る機会の少ない車の為に必要とするノウハウ取得の手間は日本車と比較して同じかそれ以上。加えて、日本車では考えられない取付方法などで時間を取られ商売としては合わない。
輸入車だというだけで断られるケースが多いのはこんな理由からです。
「面倒くさい割りに儲からない相手」こんな風に思われているんですよね。
ですから渋々でも整備を請けてくれる工場は良心的と言えますね。
こういう工場って、やっぱり向上心もあるしファンも多い。

ノウハウという点ではディーラーに軍配が上がるのは当然です。ウイークポイントもツボが分かってます。また特定の車種を得意とするスペシャルショップ系にも同じ事が言えるんでしょうが、ショップは腕にバラツキのある事を考えるとムラがあると思った方が良いでしょう。ショップにせよ一般工場にせよ、どちらも経験値の高さに影響されるので、どれが有利かはわかりません。

輸入車と付き合った事のない方にとって、外車のディーラーっていう所は車検の度に
アレも替えろ、これも替えろと言われるのではないか、と思っていませんか?

答えはNOです。

実際は記録簿を見ながら打ち合わせの様に交換メニューを決めて行きます。
必要もないパーツ交換を迫られる事はありません。寧ろ、必要のないパーツ交換の要求があれば必要ないと言ってくれます。ここら辺は、ディーラーの良心なんですね。

今回あえて無理を言ってエンジンオイル交換もお願いしました。まだ交換時期ではなかったので難色を示したのですが、ディーラーが指定で入れているオイルと量販店の使用するオイルの比較をしたいが為にお願いしました。単刀直入に言うと違いは感じられません。

それだけの為だけかいっ!(その通りです)

昨年10月に量販店のジェームスさんでフィルタとオイルの交換をお願いしました。使用オイルはESSO Ultrafloの10W40だそうです。
アルファと言えどもオイル交換は量販店で十分(サーキット走行とかしなければ)
それよりフィルタの方が大変です。エキマニとAC配管に挟まれた狭い空間にオイルフィルがあります。レンチ入れるのが精一杯。非常にタイトな作業スペースしかありません。それでもジェームスのスタッフは断ったりしないんです。
「時間が少し掛かりますがやります」
凄いです。外車と言っただけで断る「黄色帽子」少しは見習え(笑)
苦労しながら作業してくれたジェームスのピットスタッフには感謝です。
【結論】オイルの銘柄よりも交換サイクルが非常に重要と感じます。「オイルを交換すると違いが分かる」のは、前のオイルにヘタリがあるからです。

工賃の話で思い出したんですが、僕がピアッツァを所有していた時期、ディーラーの24ヶ月点検費はアルファと同じくらいでした。工賃のダンピングはバブル崩壊以後に始まったムーブメントのように思えます。





別窓 | AlfaRomeo | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<別ヴァージョンに酔い痴れる | 欧州車貧乏記録簿 | 156タイミングベルト交換編>>
この記事のコメント
こんばんは。
オイルの銘柄より、交換サイクル。それ、あたりだと思います。
女子で言う、sk2の化粧水をけちけち使うなら、コンビニ化粧水をたっぷり使え、ですね。、、なんかちょっと違う?失礼しました。
またまた変なコメント、すみません。
2007-03-05 Mon 19:55 | URL | てんこ #-[ 内容変更]
こんばんは。

>コンビニ化粧水をたっぷり使え
敏感肌やアトピーなんかもあって一概には言えないでしょうが、基本的な考えとしてはそれで良いのではないかと思います。
要は肌の状態(エンジンの性格)が求める性能を有するオイル(化粧水)を性能が終わる前(賞味期限前)までに交換する、だと思います。

てんこさんが仰っている内容とは若干違っているのかもしれませんが、化粧水などのメンテ系化粧品は賞味期限が短いと聞きます。こんな製品も高いからと思って使わないとすぐに賞味期限が来てしまい、折角の性能が使えずもったいない事になってしまいます。オイルも賞味期限がありますよね。通常6ヶ月と言われています。ですから例え半年で500kmしか走らなくても、半年で交換しなきゃならないという事です。
レースのような使用条件やその後の運用が特殊な場合は別ですがね。

>変なコメント
いえいえ、全然変じゃないですよ。
でも化粧水を引き合いに出すトコが女子ですなぁ(笑)
2007-03-05 Mon 23:31 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
「タイミングベルト」の情報ならおまかせ! …
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。