スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
この度の震災につきまして
2011-03-17 Thu 13:55
改めまして3月11日14時46分に発生した『東北太平洋沖地震』により被災された方々にお見舞い申し上げると共に亡くなった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

この度の震災により*clear*として今後どのようなサポートをしていくか方針を考えて参りました。
大きく別ければ物的支援と金銭的支援に分類できると思われます。*clear*は後者の金銭的支援を選択することにしました。
  1. 震災直後からの売上金から10%を義援金とする
  2. 期間は当面の間とし期間を定めないものとする
  3. 募金は赤十字社を通して募金する
  4. 売上金以外でも募金できる場合は募金する

このような方針で支援していく所存です。
物的支援を行わないのは、現状在庫で送れるようなものが我が家には少ないこともありますが、そのために物資を新たに購入することは幾つかの懸念が考えられるからです。
  1. そのことによって本来必要な我々の物資が不足する可能性が否定できない
  2. 用意した物資が後の状況変化に柔軟な対応ができるか不明
  3. 企業への要請で用意される方が効率的

このような観点から我々が行うには十分な対応ができるとは考え難く、避けることにしました。企業各社が流通在庫は十分保有していることを明らかにしています。従い全国から集まった義援金を計画的に配分して各社に直接物資を支出していただく方が結果的に良いと考えております。

売上げの10%という数字は一見小さいようですが、決算書並びに貸借対照表から判断して月間決算での限度と判断しました。もうひとつは被災された方が心配や引け目を感じるような極端なことはしたくないということからです。私たちの生活に支障を来たすようなことは被災者も望んでいないはずです。
従い、毎月月末締めで算出した募金を振り込み、小額であっても長期で回数多くを目指します。
物的にも経済的にも復興を視野に入れた場合、資金は何よりも必要です。その期間は非常に長いのでして、今後その様子を見ながら支援して行こうと思います。
また今回募金した金銭に関して使途目的が『東北太平洋沖地震』以外の災害に使われても依存はなく有効に活かされれば良いと思っています。何故ならば、今後もどういう災害が発生するかわかなく現在も支援を必要とする方々は他にもいるからです。繰り返しになりますが『継続』が肝要だという見地からの支援を行いたいと思っております。

このようなことを公言する必要はないかとも思いましたが、私たちの姿勢を明らかにすると共に襟を正す意味も含めて記事と致しました。

最後になりますが、この震災について最近の記事やコメントには多少行き過ぎな表現が見受けられたことに対してお詫び申し上げます。不快に思われた方もおられるかも知れません。
しかしこれだけは知っておいて欲しいのです。
これは私の「意見」であり「危機感」が厳しい表現で書かせた原因なのだと。物書きではないのでいい文章ではないかも知れませんが、根底にあるものを行間から読み取って頂きたいと切望致します。
また情報発信者として記事の削除と改変は一切致しません。それは一旦世に情報を放った者としての責任だと思うからです。
もし、するのだとすれば用法の間違いや誤字脱字の修正に止め、記事内への注記と追記を行う場合はその部分を明らかにした上で行うことくらいです。
今後も情報発信に勤めて参りますが、その際には裏付けを取り常に公平な目でデータを分析して執筆する心算です。

別窓 | 東北大震災 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ボトルネック | 欧州車貧乏記録簿 | 友人たちの声>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。