スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ソフトマシーンは、やはりソフトなのだ
2007-03-08 Thu 18:56

軍曹の収穫であります。
ご紹介するのは85年に登場した7代目スカイラインです。

「やわらかい都市に、やわらかい高性能。新型スカイライン誕生。」

このコピーと共に85年に生まれた7代目スカイライン(HR31)は通称7thスカイラインと呼ばれます。
「ソフトマシーン」・・・それが7代目に与えられた使命だったのです。

この7thスカイラインで特筆すべきはGT-R以来消滅した「ストレート6DOHC4バルブ」ユニットの復活した。前モデルであるニューマン「R30」も4バルブユニットではありましたが残念ながら4気筒エンジンでした。FJというユニットも不遇なのかこのR30とS110,S12シルビア、ガゼールに搭載されたのみでその生涯を閉じてしまいます。元々、FJというエンジンは旧式化したL型ユニットから新世代のRBを搭載するまでの繫ぎとして、H20という実用エンジンをベースにDOHC化されたエンジンだったのです。
それまでのメインエンジンだったL型エンジンに別れを告げ、新時代に相応しい6気筒エンジンを搭載する新型スカイライン。
ファンとしてはあのGT-Rと同じ形式のユニットであり、今度はターボも装着で電子制御の大盤振る舞い。当然、走りへの期待も高まろうというもの。
ところが発表されてみると4ドアHTのみ。ボディーは当時のハイソカーブームを意識してか、R30より随分とおデブ(失礼)になってしまいました。およそ100kgから200kgも太りあがっていました。しかも期待のRB20DETはカタログ値こそ180PSでしたが熟成されておらず鈍重なエンジンだったのです。どう贔屓目に見ても180PSもあるか!

スカイラインのファンはガッカリだよ!!

こうして史上最悪のスカイラインと誹られるのでした。

2ドアクーペが登場するのは4ドアに遅れる事1年後。
しかしこのモデルでもファンは納得できませんでした。(クーペにはオートスポイラーなるものが装備されていました)せっかくの新開発HICASも安定方向のセッティングだったため曲がらないと不評でした。

ファンがやっと認知してくれるモデルになったのはマイナーチェンジ後の事です。セフィーロで熟成されたRBはやっとDOHCエンジンらしいものとなりました。決定的だったのはホモロゲーション取得の為にリリースされたGTS-Rの存在です。当時、グループAに参戦する為に800台限定で生産された希少なスカイライン。RB20DET-Rはタービンサイズが変更され210PSまでチューンUPされました。今じゃ驚かないスペックですが、規制の厳しかった当時は「メーカー製チューンドカー」として持て囃されました。
現在でもGTS-Rは高値ですよ。

当時はバブルに差し掛かった時代でした。スカイラインはR30でスパルタンな走りのイメージを具現化しましたが、どうやら日産の首脳陣はラグジュアリー嗜好の時代に迎合しようとしていたようです。そのために何とも中途半端な車に仕上がってしまった。7thスカイラインは謂わば時代の犠牲になったモデルと言えるかも知れません。
ファンに総好かんを喰らった事がさすがに堪えたのか、R32では異例のダウンサイジングを行いGT-Rの復活も合わせて「走りのスカイライン」へと回帰したのです。

今回捕獲した個体はMC後のGTS。ほぼノーマルの状態かと思われ極めて貴重です。但しこのカラーリングは望んでも望めなかったR30への羨望としか思えません(笑)

ご苦労であった軍曹。この調子で希少なR34も捕獲してくれ給え。
敬礼(敬礼)











別窓 | はいっ、ちーづ!ぱぢり! | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<ドナドナの後で | 欧州車貧乏記録簿 | 別ヴァージョンに酔い痴れる>>
この記事のコメント
お邪魔します~

やっと他所のブログまで訪ねれるまで回復しました(笑)

ところで、スカイラインのデザイン。
蓼食う虫も好き好きって言うか、
広熊にはよう分かりませんなぁ。
ハッチバックかブレークが好きなんで、
トランクの長さが。。。(笑)
こればっかりは癖と同じで治りませんねぇ。
2007-03-08 Thu 23:39 | URL | 広熊 #8Ydk.UPY[ 内容変更]
お元気になられたようで何よりです。
でもまだ無理は禁物ですよ~

デザインは好き嫌いがありますもんね。
僕もR31は好きになれなかったデザインです。大きいかったこともあるんでしょうが、前後のオーバーハングのバランスが悪いんですよ。そういう意味ではR30の方がバランスが取れてました。
僕は3BOXが嫌いとかないのですが一つだけ抜けない癖があります。
それはチョット垢抜けないサルーンが速い事。ロータス・コーティナとかアルファだったらジュリア、あとアバルト131、ルノーゴルディーニなんてのがツボなワケです。
弁当箱みたいなベルリーナがギンギンに走る光景を見ると血が騒ぐんですよ。
スカイラインはS54でその感覚を子供時代に味わったのでいつまでも特別な存在でいて欲しいんです。
2007-03-09 Fri 19:30 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。