スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
156の中古車事情
2007-03-16 Fri 07:14

156はすでに新車で買えない車ですから、手に入れたいと思えば中古車を探すしか方法がありません。僕の様にシルバ顔のモデル、と限定があったり希少色を希望したりとなるとそれなりに普段から目を光らせておく必要があります。
幸いな事にアルファ最大のセールスと言われた156シリーズは他のモデルよりタマ数が豊富で選択肢も自由度が比較的高い、と言えそうです。
しかし正規ディーラーのアレーゼさんで聞いた話では、タマ数でダブツキ気味なのは147の方だそうで、156は回転率がかなり良いんだそうです。156は入荷すると1週間で売約するという事でした。かつてスバルディーラーでもインプレッサがそんな感じだと聞いた事がありました。2週間店頭にあったら記録です。と、まぁこんな話で、予約も多く手に入れるのは難しいだろうと仰ってましたっけ。今は落ち着いてるんでしょか?
僕の場合、アレーゼさんに強いコネクションのあるTさんを通じて、運良く店頭に並ぶ前に押さえられたので購入できました。これはかなり稀なケースでしょう。尚、Tさんに連絡するよう強く勧めたのは家内です。(希望通り書いたよ、軍曹)
因みに僕が手に入れた156はアレーゼさんにGTの下取りとして入庫した固体です。

くぅ、幸せ者だぜぃ、前オーナー!

一般的にはディーラーに声を掛けておくか、輸入車を多く扱う中古車屋さんに足を運ぶ事が多いと思われますが、アフターサービスとノウハウという点ではディーラーが一番無難だと思います。整備記録が残っている事も多く安心感が違います。
ところで記録簿ですが、最近は個人情報保護法の影響で下取り車の記録簿や領収証の類はシュレッダー処理されるんだそうです。これ、マツダさんで伺った話でして、ディーラーで受けた整備はコンピュータに残っているので整備内容だけ明示できるけど、ディーラー以外の記録に付いては不明になってしまうそうです。困った時代になったもんです。
156購入に際してのポイントですが、一般的なチェックポイントに加えて

1 タイミングベルト廻りの交換がいつか?
2 ウォーターポンプ交換履歴があるか?
3 ラジエターコアから冷却水が漏れていないか?
4 パワステポンプからのフリュード漏れがないか?
5 ロアアームのブッシュがヘタっていないか?

タイミングベルトは交換編で書いた様に50,000km交換が推奨ですから闇雲に交換する必要はないと思われます。特にアルファロメオのエンジンは、ベルトよりアイドラーのベアリング強度に問題があり同時に交換されているかが大きなポイントです。しかしサイレントシャフトのベルトは距離より経年劣化で破断すると言われており、年式に注意が必要と言えそうです。国産車が10年を目安とする事から考えると、欧州車の場合はそれより早く切れると考えて良いでしょう。
TSエンジンは注意が必要な箇所かと思われます。1と2がクリアされていれば高額の交換費用が掛からず維持費に割安感もあろうかと思います。
ラジエターの液漏れも156で割合多く発生するトラブルです。ラジエターのサイドコアとフィンの結合部から漏れるケースが多いようです。このトラブル回避の為にアフターのラジエターに交換する手もありますが、一般的にアフター品はサーキット走行の様な高負荷走行を前提としたものが多く、一般走行ではオーバークールになる可能性があります。
僕の156も冷却水が漏れたそうで前オーナーが交換しています。あと電動ファンの低速側カプラーが発熱して溶けているものがありますので、ラジエターと合わせてチェックして下さい。
パワステのポンプが弱いと言われる156ですが、フリュードを定期的に交換していれば漏れたりする事は少ないそうです。国産車でもスバル系はフリュードを吹きますし、いすゞにもこのトラブルがありましたので欧州車だから弱いという事にはならないと思います。ポンプ廻りのチェックはその車の油脂類交換頻度を窺い知る為と言えます。
足回りは既に購入編で述べている様に、ブッシュ単体の交換ができない構造故の問題です。

依然、製品のバラツキが国産車に比較して大きい事は事実としても、156以降のアルファロメオはクオリティーが上がった事は購入に際してのアドバンテージとなっています。走ってこそ楽しいアルファですから走行が多目になるのは仕方がないでしょう。寧ろご注意頂きたいのが50,000km走行前後で売り出される固体です。先に述べた様にこれらのアルファで最大の難関がタイミングベルト関係の交換。交換しているにも関わらず売り出されたならば何かしらのトラブルを抱えている可能性があります。単に飽きたから乗り換えた、というケースは問題ないのですが、それまでにトラブルが続出した或いは不定愁訴のトラブルがありオーナーが根を上げた、というケースも大なので十分慎重に検討して下さい。僕はこういう定期的なメンテナンスが必要な車の場合、走行距離が多いものほどトラブルが少なかった当たりの個体か、前オーナーが経済的にゆとりがあってトラブル潰しの終わった個体と見ています。僕は2度目のタイベル交換が迫っている事を承知の上で購入した訳ですが費用対効果はタイベル交換済みを謳い文句に付加価格が付いている固体より結果的に安く購入した事になりました。元来、156シリーズは中古車市場でも人気を反映して高めに取引されていますからマイナス部分をうまく利用して賢い購入をしたいものです。特に「このパーツが付いてます」的なモディファイの価値は新品が付いているのでもない限り特に付加価値とは思えません。だって殆どが消耗品ですから。どちらかと言えば、前オーナーのセンスが問われる(走り方とか)そういった部分が垣間見える部分としてみています。

それからアルファに限らずですが、チェックして頂きたいのがドアノブ周辺とトランクルーム。どちらも止むを得ず傷や汚れが発生し易い場所です。こういう部分の傷や汚れが少ない車は、前オーナーがかなり大事にしていた証です。エンジンルームには気が行くがトランクはおざなりな事が多く、僕は大事なチェックポイントだと思っています。
尚、中古である以上、新車と同じ様なコンディションを求める事はお門違いだと思います。

別窓 | AlfaRomeo | コメント:3 | トラックバック:2 |
<<飛んで、飛んで、飛んで!! | 欧州車貧乏記録簿 | 沖田の子等へ>>
この記事のコメント
はじめまして^^

私のブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://ko7209.blog79.fc2.com/blog-entry-71.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007-03-16 Fri 09:50 | URL | MY車暦 #-[ 内容変更]
こんにちは!タッキーです。

いつも楽しく読ませてもらってます。

また、見に来ますね~♪

んでは、
必殺!応援ポチポチポチポチッ!
2007-03-16 Fri 12:43 | URL | タッキー@名古屋 #-[ 内容変更]
>MY車暦さま

ニュースブログのようですがご報告ありがとうございます。
しかしながら、当ブログの記事は、素人が率直に感じた気持ちを書き綴っているに過ぎず、当然間違いや勘違いも多々あろうと思われます。
恐らく、文章の行間が読み取れる読者様のみが、記事で何を謂わんとしているか読み取れるかと思われます。
残念ながら、輸入車が心から好きでないとその本意が読み取れず逆にご迷惑をお掛けするやも知れません。
ご紹介はありがたいのですが、今後はご辞退致したいと存じます。

>タッキー@名古屋さま

残念ながら必殺技は効かない模様です。
おや、珍しくお一人で行動ですか?
翼はお元気でしょうか?
以上です。
2007-03-20 Tue 12:57 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
「タイミングベルト」の情報ならおまかせ! …
中古車関連の記事へのリンク集です。当サイトからこの記事へリンクさせていただきました。 …
2007-03-20 Tue 09:27 中古車
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。