スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
オイル交換しました
2007-04-08 Sun 21:21

予告どおりエグザンティアのオイルを交換しました。
まずはヤフオクで購入したシェブロン シュプリーム20W-50SLです。1Quart(946ml)ボトル265円でした。送料が勿体ないので1ケース買いです。12本入りですね。
265円×12 3,180円 送料945円 合計4,125円となりました。
一本当たりの単価は振込手数料込みで352.5円ですね。以前より高くなったとはいえ、この金額で買えるオイルはそんなにないと思います。

040801.jpg

以前ZXに使用して漏れが収まった時はバルボリンのレーシングフォーミュラーでした。ホームセンターで1Quart598円です。粘度は同じSAE20W-50ですので今回も期待できそうです。
今回はオイルフィルターも交換します。
ボッシュ製 品番OF-PEU-1です。
超自動後退にて1,575円。

040802.jpg


そして秘密兵器がコレ。
「カーランプ」です。最近はカースロープの方だと通りがいいのか、この名前で売られているようですね。タイヤを外さない整備にはガレージジャッキよりリスクが少ないのでお勧めです。(ジャッキアップして下に潜るのはやはり怖い)
高さが185㎜ですのでHiにするとかなりの作業スペースができます。

040803.jpg


最初にスロープに乗り上げ、今回はオイル漏れが止まるか確認しなければなりませんから、オイルが漏れている箇所をエンジンクリーナーでキレイにします。近くのホームセンターで840ml入りのお徳用ボトルを298円で購入。一応「樹脂やゴムに影響がない」と書いてありますが、念の為避けてスプレーします。量が多いので洗い流す感じでウエスを当てオイルやらスラッジを落します。

040804.jpg


040805.jpg


オイルを柔らかくする為に少し暖気します。大体10分位でしょうか。もっとした方が良いのでしょうが火傷はイヤなのでこれで良しとします。
ドレンプラグはオイルパン後方の右側にあります。この位置ですのでスロープを使ってオイルを抜くには誠に都合がヨロシイ(笑)

040806.jpg


オイル処理BOXを置き、プラグを緩めます。因みにサイズは21㎜です。プラグを舐めないようメガネかラチェットを使いましょう。プラグもクリーナーでキレイにします。
オイル処理BOXの下には新聞紙を敷いています。今日は風が強かったのと、どうしても細かい飛沫が散るので安全を期して新聞紙を敷いて作業するようにしています。フィルターも交換するとなるとどうしてもフィルターの中のオイルで汚してしまいますしね、転ばぬ先の杖で新聞紙は必須です。
オイルフィルターレンチはエーモン製の汎用タイプ。少し弛めば後は手で簡単に外れるのでコイツ一本です。エグザンティアはフィルターサイズが75㎜なので小さいタイプですね。
大体一度に5度で2回やれば手で回る硬さになります。
やはりフィルター内のオイルが漏れますなぁ。新聞敷いていて正解。

040807.jpg


新しいオイルフィルターに新油を塗り中にも少し入れておきます。これは最初にフィルターまでオイルが到達するにはタイムラグがあってオイルプレッシャーが不安定になるのを避けるためです。装着する時に洩れない程度入れておきます。
手で回して締まる所まで締め付けてフィルターは終了。

040808.jpg


オイルが抜け切るまで暫しヽ(´―`)ノマターリ
15分位で最後のアガキがすこ~し出ていますが、まぁこれで良しとしましょう(笑)
ワッシャーはフィルターに付属している銅ワッシャーを使用。ラチェットでワッシャーの潰れ具合を感じながら締め付けます。心の中で32Nmと唱えるのも忘れずに。手ルクレンチは慣れると意外にも正確です(笑)
この状態でオイルを入れてしまいます。エグザンティアはオイル容量が4.5ℓなので4本一気に入れてしまいます。4本で3,784mlですのでロアライン下くらいですかね。
クォートボトルはジョッキ要らずで便利ですねぇ。ゲージも付いているので入った量が一目瞭然。
僕は練りからしでも歯磨き粉でも最後の最後まで出し切らないと許せないタイプ(笑)
最後はこのようにヒックリ返して放置し、最後の一滴まで注入します。

040809.jpg


040810.jpg


4本入れた所でスロープから降ろします。ここからはゲージを確かめながら入れて行きます。
5本目の残り300mlでちょうどアッパーラインに到達しました。
計算上4,429mlとなりました。若干、保証の為ボトルには多く入っていると思いますから、ほぼカタログ値の4.5ℓを飲み込んだと思われます。
今のところ、目立つオイル漏れはないようです。
時間をおいてどうなるか経過観察が必要です。今後、経過を報告していく次第なので宜しくお願いします。
この方法が有効なら一回1,700円程度でオイル管理ができるんですから言う事なしです。まさにこのブログのタイトルに相応しいかと(笑)


別窓 | Xantia | コメント:2 | トラックバック:1 |
<<10万キロ突破! | 欧州車貧乏記録簿 | 家族を愛せるスポーツカー>>
この記事のコメント
さっすがー、ikeaさん。
私なんて、オイルフィルタ交換の時オイルたれるのいやなので、オイル抜いた後1分位エンジン回してます。馬鹿って言われそう、、、で、こちらです、→http://hamaq.blog98.fc2.com/
2007-04-11 Wed 17:19 | URL | まつてん #-[ 内容変更]
まつてんさん。

遅レスすみません。
ウイルスバスターをアップデートしたらPCが不安定になってしまいました。ブラウザ落ちどころか、勝手にPCが終了してしまうなど深刻です。
(´Д`)ハァ…

>、オイル抜いた後1分位エンジン回してます
鉱物オイルが中心だった時代には出来なかったテクですね(笑)
化学合成油なら無茶さえしなければ問題がないんでしょうが、精神衛生上はどうかなぁ・・・
一応、僕は下にレジバッグと新聞で受けてますから、駐車場はセーフです。ドレンボルトを外す時にも軍手の上にビニール袋を嵌め、オイルが付着して火傷しないようにしています。
2007-04-16 Mon 06:38 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
昨日はeK SPORTのオイル交換を行いましたが、今日はMy156のオイル交換です。天気予報では本日午後から雨の予報です、雨に降られたら困るので早朝から作業開始です。オイルはeK SPORTと同じ「シェブロン シュープリー …
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。