スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
シェブロンの〈雨のち晴れ〉
2007-05-04 Fri 14:24

Xantiaのオイルをシェブロンの20W-50に換えて、ほぼ1ヶ月が経過しました。
多少、始動が重い事とアイドリングでバラツキが出る事を除けば特に問題はないようです。元来が実用域でのトルクを生かして走るXantiaのエンジンですから、硬いオイルになってもピックアップを云々するのは「お門違いではなくてブライトさん」(せっ、セイラさん・・・)
さてエンジンをジメジメさせていたオイル雨ですが、シェブロン交換後はカラッとした空模様となりましたw
正直、こんなに上手くいくとは思いませんでした。
オイル粘度も初期と同じ状態を維持していて劣化は感じさせていません。
一番深刻だったミッションケースとエンジンのフランジ面ですが、ご覧のように漏れが治まっています。オイルの番手を変更しただけで漏れが止まった、ということは大事には至っていないと考えても差支えないと思われます。

050401.jpg


オイルパン後方からのショット。オイル交換の際に掃除して特にその後の変化なし。僅かに滲んでいたオイルの漏れが収束しています。

050402.jpg


エンジンブロック前方のショット。こちらもオイル漏れを認識できません。ボルトに付着したオイルは前回の掃除で拭き漏らした汚れです。

050403.jpg


ミッションとエンジン結合部を上から。やはり目立って漏れている様子はありません。

050404.jpg


ヘッドカバー周辺の漏れですが、ご覧のように痕跡を認めないほど改善されています。
これはバルボリンのオイルでも同じ現象だったので期待通りでした。

050405.jpg


漏れが治まったからといって、絶対的なシールの性能は落ちていると思われますが、だからと言って直ちに手を下さなければならない状況は回避できたと言えそうです。
当然、シール交換は避けられないとしても、資金を調達する期間を猶予する手法としては有効と考えられます。
別窓 | Xantia | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<帰ってきたビッグ・シトロエン | 欧州車貧乏記録簿 | ニワシゴト>>
この記事のコメント
シェブロン、私も入れました。
10W-40を選びましたが、今の所漏れてません。
気になるフリクション感もないし、これはヒットかも。

別に問題なければ、1L1000円以上するオイルは、
アホくさくなりますねぇ・・・
2007-05-04 Fri 23:51 | URL | ペコー #sSHoJftA[ 内容変更]
ペコーさん。

ついにシェブロン行っちゃいましたか!さすが仕事が早い。
オイル漏れが治まりおめでとうございます。
10W-40は指定の硬さですからベストチョイスかも知れませんね。
うちのXantiaもご覧のように漏れが止まっています。

>アホくさくなりますねぇ・・・
アメリカじゃオイル1ℓ=1$というのが常識だそうです。
2リッタークラスのエンジンなら1回に使用するオイル代が何と500円くらいです。
部品も安いですし、羨ましい環境ですよ。
2007-05-05 Sat 06:57 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
こんばんは。
完璧ですね。
すっごいきれい。びっくり。
2007-05-08 Tue 21:42 | URL | てんこ #-[ 内容変更]
おはようございます、てんこさん。

やった本人が一番驚きの結果となりました(笑)
オイル漏れに悩める子羊ちゃんの強い見方になりそうです。

>すっごいきれい。
エンジンがですか?それともボクが…やめておきます。
エンジンクリーナでかなり掃除してあったので、現状でも綺麗なままです。勢いで樹脂パーツにナノハード塗りたくなります。
2007-05-09 Wed 07:13 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。