スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ヘッドライトはどちら向き?
2007-05-26 Sat 06:43
このタイトルは、別にシトロエンC6がステアするとライトの向きが変わるとかの意味じゃないですよ(笑)

僕は比較的、夜間に運転することが少ないのですが、25日付けの毎日新聞にライトに関する記事を読んで考えさせられた事があったので、ハンドルを握る全ての人に関係する事柄と考え記事を引用させて頂きます。


交通マナー:夜間のライト、どちら向き!? 下向き根強く、県警が修正PR /茨城


夜間の自動車の運転で、ライトは上向きと下向き、どちらが正しいのか?――。県警は昨年から「上向きが基本」と、県内の道路に設置した電光掲示板36基を使ってドライバーに呼び掛けを始めた。しかし、県警の思惑と違って、ドライバーの間では「下向き神話」が根強くあることが、交通企画課のアンケートで明るみに出た。【山内真弓】
アンケートは、茨城の交通マナーについて問うもので、県外から転入してきた免許更新者554人を対象に2~3月に実施。夜間ライトの項目で、約86%がライトを下向きにして走行していると答えた。ライトの切り替えについては、「普段は下向きで運転」と答えた人は約56%、「上下をこまめに切り替え」ている人は約38%だった。
同課によると、車のライトは、上向きにすると100メートル先まで照らすことができ、下向きだと40メートル先までしか光が届かない。時速60キロで走行している場合、ブレーキを踏んでから停止するまで37メートルかかることから、判断が遅れると取り返しがつかない事故につながるという。今年1~4月末に発生した夜間の交通死亡事故19件のうち、12件はライトを上向きにしていれば、危険を早期に発見することができ、事故も回避できた可能性があるとみている。
一方で、対向車などがある場合、ライトを上向きにしていると違反になる。水戸市に住む会社員の男性(58)は「下向きライトの方が安全と教習所で習った。上向きは対向車がまぶしく感じ、かえって危険だと思う」と都市部の事情を話す。同課は「法律上は上向きライトが基本で、教習所にも通知している」と繰り返し、教習所の指導については「常に下向きにしていれば違反にならないという気持ちがあり、生徒に下向きライトの安全性を強調してきたのでは」と分析する。
かすみがうら市の公務員の男性(40)は「道路の電光掲示板で県警が上向きライトを推奨していることを知り、従っている」という。県警は今後も「夜間のライトは上向きが基本で、状況に合わせてこまめに下向きと切り替えてほしい」と呼び掛けを続け、ドライバーへの浸透を図る。

この記事はYahoo!のニュースに取り上げられたので読んだ方も多いのではないでしょうか。
驚いたのはHi、Loをこまめに切り替えている人は、たったの38%しかいません。

下向きのライトが安全だぁ?はぁ~?

どこでそんな痛い事教えてるんですか?

因みに僕が免許を取った頃の授業では
「夜間走行のヘッドライトはハイビームが基本」と教わりました。ただし対向車がいる場合はLoビームに切り替える。蒸発現象もこの授業で教わるはずです。
ところがリンクされているブログを読むととんでもないマイルールを振り翳したり、根本的に日本語が理解できていないで反論していたりするのが目に付きます。

終わってるなコイツ等・・・

痛い理屈を読むとガックリです。これじゃHiのまんま君も増殖しそうです。
本来クルマは危険な乗り物です。1tを超える鉄の塊が簡単に時速100㎞以上のスピードで走れるんですから、そんなものがバイクや自転車、歩行者などにぶつかれば結果は容易に想像できます。
そういう危険な物体の接近を交通上の弱者(こういう表現は好きになれないですが)に如何に早く知らせて注意を促すか、という配慮が抜け落ちているように思われました。歩行者が眩しいだろうからLoビームと言ってる人のことですよ。
運動神経がないから頻繁に切り替えられない、っていうのは問題外(笑)スキル磨いて下さい。
じゃあ夜間はスピードを落とせばいいって意見。
確かにスピードを控えるのは大事だと思われますが、一体何キロで走行するのでしょうか?50キロ制限の道を30キロなんてスピードじゃ走れませんよね。他車との速度差があり過ぎて逆に危険ですらあります。というより道交法違反だ。っていうか、車を利用する本来の目的は「早く目的地へ到着」する事なのでは。
50キロ制限の道路では概ね60キロ辺りで流れています。見通しの良い幹線道路ではまだ早い場所もありますね。例えば60キロで走行しているクルマは1秒間におよそ16.7m進んでいます。仮に40キロにスピードを落としたとしても1秒間11mも進みます。人間はどんなに早くても反応速度が0.4秒以上短くならないそうですから、危険を感知して制動動作に入るまで6.7m空走している事になります。制動距離を足すと何と43.6mでやっと停止するんですね。40m先までしか照らさないLoビームでは制動距離が足らないのは誰が見ても明らかです。Hiビームだと約100m先まで照らす事ができるのですから倍以上の制動マージンがある事になりませんか?
要するに状況に応じた使い方をすればいいのですよ。Hiビームが基本だからって、いつでもどこでもHiビームって言ってる訳じゃないでしょ。幹線道路で街灯や店舗が多い場所では対向車が多いだろうからこういう場所でHiビームは使えないし使ったら迷惑です。でも一歩裏道に入ると切り替える。郊外での走行中に前車や対向車に近付いたらLoにする。当たり前の事を当たり前にすればいいだけの事です。
山道で幅員の狭い道路ではコーナーに接近してくる車の発見が早いというメリットもありますね。

ライトを点けるのは運転者の視界を確保する事は無論ですが、同時に自分の存在を他者に分からせる目的もあるのですよ。だから早目のライト点灯が事故回避に有効だし、悪天候の場合は日中でもライト点灯してるのですね。被視認性ってヤツです。これも教習所で教わるはずです。
昨日は朝から雨で結構強く降っていました。前方を走っている車が見辛い状況だったので迷わず僕はライトを点灯させたのですが、対向車でライトを点けている車が少ないのは意外でした。こんな有様では運転中の携帯電話もなくならない訳だ。ナビでTV観てるのも結構見掛けます。

マナー以前の問題だよ、アンタ達

そんな意識ならもう運転はしないで下さい。

迷惑です。


別窓 | 日々記 | コメント:4 | トラックバック:1 |
<<試験糸冬 了…_φ(゚∀゚ )アヒャ | 欧州車貧乏記録簿 | ニワシゴト2>>
この記事のコメント
怒ってますね(笑)
私もその記事見ました。
私も????って感想でしたね。
常識じゃないのって。
溜息出ますね(^^;
2007-05-27 Sun 16:25 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>怒ってますね(笑)
ええ、怒っていますとも(笑)

こんな常識を知らずに運転免許を持っていること自体が驚きです。ちょっと考えれば分かるだろうに、って事柄なんですね。
下り坂でブレーキを踏みっぱなしな車も見掛けますが「ペーパーロック」なんてもう忘れてるんでしょうねぇ。
は~あ(笑)
2007-05-28 Mon 06:05 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
私の156自体がライト暗いので頻繁にHIに切り替えています。そうしないと危なくて走れません。

あと、感じるのが「フォグランプ(リアフォグ含む)」ですね。
天気のいい夜(?)にフォグ全開の車を街灯のある国道で良く見かけますが眩しくてたまりません。
こういう方は本来の使い方を知らないか、ライトは全部つけるものと思っているのでしょうか。

あと、IKEAさんも言われてますが、夕方と土砂降りの時の点灯もされている方少ないですね。
2007-06-01 Fri 21:50 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
>LOHAS20さん

欧州車に限らず、輸入車の多くが暗いライトですよね。
ただ、慣れっていうか使えないほど暗くはありません。これって「切り替え使用」が前提なんでしょうね。
フォグランプは日本じゃ使い方以前に「アクセサリー」的な認識が強いのではないでしょうか?
やまなみハイウェイは、夜に大観望方面へ抜けると霧が出やすいですから、フォグランプは強い見方です。
視界に良し悪しでライト点灯は積極的に行って欲しいですよね。それだけで事故防止に大きく寄与するんじゃないでしょうか。

レス、遅くてすみませんでした。
実は、今月CAD利用技術者試験にトライします。あと2週間しかなくなりましたので、今が追い込みです。
それで更新も間隔が空き気味です。9月のトレース試験も受けようかと思っていますので、暫くはこんなペースかも知れません。生温かい目で見守っていて下さい。
2007-06-03 Sun 19:23 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
キャンプに使用するライトを探しており、愛読書であるBE-PALにお勧めの記事があったので、購入してみました。予想以上に明るく、直視出来ないぐらいの明るさに驚いています。LEDライトを探している方にはお勧めです趣味&nbsp;&nbsp;ベクトラIQと一緒に購入しました。今ま …
2007-08-06 Mon 23:57 ライトを...
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。