スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
腐ってもアルファ
2007-07-03 Tue 22:54

日曜日はこのような青空の広がる好天でした。
さすがに暑いですね。

sky.jpg



今年の梅雨はラニーニャ現象のせいで少雨・短期間の傾向だそうです。
確かに今年は梅雨の中休みが多いような気がします。四国や関東では水不足が心配されているそうですが、大分県は幸いな事に水不足になる事が滅多にありません。九州で深刻なのは福岡地方ですね。まぁ、渇水で騒がれている時に洗車も憚られるので、天気の良い内に洗車しちゃいます。

156w01.jpg


156w02.jpg


やはりキレイになると嬉しいもの。洗車をマメにする人は一台の所持期間が長い傾向にあるそうですよ。磨き上げて惚れ直すのかな(笑)
買った時の初心忘れるべからず、ですね。

自分で洗車するのは、車のコンディションを把握できるのがメリットです。
で、以前から気になっていることが・・・

156w03.jpg



太陽の愛情でルーフに褪色が・・・

屋根付きの保管場所じゃないから仕方ないのか・・・はぅ
前回、程度極上のS110シルビアを紹介したのは、この記事の伏線です。あの時代の塗装をあの状態で維持している事に感服したのですが、じゃあ僕がそんなにズボラしているのかといえばそうとも思えないのですよ。以前はピアッツァを所有していました。この車も腐食の出易いボディーで、フューエルリッド周辺やリアバンパー付け根などいたる所が腐ります。しかし新車で購入して15年間の間、腐りが出ないまま維持しました。多少ヤレてはいましたが塗装もクリア層が輝く状態でした。しかしその程度の手入れをしても期待に応えてくれないのが欧州車ですよ。前のZXもXantiaも塗装傷んでます。
Alfaromeoの塗装も弱いです。特にずば抜けてROSSOは弱いです。塗装自体が柔らかいみたいです。
ディーラーでも「他の色ではそんなに痛まないのに、ROSSOだけはピンクになっちゃうんですよね」(オイオイ)
159からは塗料が水性塗料になったそうですが、耐褪色性は不明だそうです。
僕の156は前のオーナーも相当に大事にしていたのは車の状態から察しは付きますが、それでもこの状態です。僕も褪色を気にしてワックスをUVカット効果のあるSurLuster社のSunshine UVに切り替えてみたりして健気な努力をしています(笑)しかしこの状態。もう一つの悪名高い褪色箇所として「エンブレム」がありますが、こちらが無事なのは何よりです。
アルファという車は「腐ってもアルファ」とは良く言われますが、ボディーがボロくなっても価値は下がらないという訳です。しかし日本におけるアルファのポジションは「車が好きで所有する」方が多勢な訳で、その分一般の方に比較すると手入れもそれなりにされていると思われます。しかもROSSO率が高いのも特徴。当然、Alfa ROSSOならずAlfa ROSAになっている個体も多いだろうと予測できます。それでも色褪せない魅力がある事は事実ですが、今まで掛けてきた愛車への愛情はその状態を少しでも遅らせる為の涙ぐましい努力ではあったはずです。
正直「腐ってもアルファ」がヤセ我慢に思える瞬間です。期待とは異なる結果となって自分を納得させる為の言い訳のようにも思えます。

こんな事を書くと手放す前兆みたいに思われるかも知れませんが、別にそんな事はありませんよ。まだまだ乗ります。
塗装が痛んでもでも雨が漏る訳じゃないし(笑)
結局、好きで乗ってるのだから。

あー、同じ事言ってるし(笑)


別窓 | AlfaRomeo | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<アルファロメオのデザイン部長にスティーブンソン | 欧州車貧乏記録簿 | 元祖デートカー>>
この記事のコメント
その状態、嫁さんのセルボで体験しました。
スズキ車もかなり塗装が弱いそうです。

なんとか食い止めようとワックスがけを頻繁にしたりしたのですが、余計に広がってしまった様な気がします。
おそらく、ブラックボディだったので炎天下の作業が影響したのではないかと思っています。

なんとか広がるのが食い止められれば良いですね。
2007-07-04 Wed 10:31 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
赤ってホントにダメですね(^^;
私のなんて塗装はもうムチャクチャになっていますから(笑)
走っている時には自分からは見えないのが救いです。
グラスリッドの塗料は赤の褪色が遅いみたいで、全塗装後、青空駐車の個体は6年経ってもまったく大丈夫なのを最近確認してます。
ウチのも全塗装はグラスリッドで板金屋と話しを進めているんですよね~。
費用は・・・
片手は行っちゃいそうですが・・・(^^;
2007-07-04 Wed 11:05 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>LOHAS20 さん
痛み出した塗装はワックス如きでは手に負えませんよ~
国産車でわかったことは、塗装の痛みが「車に対する愛情」のバロメータだという事でしたが、欧州車ではその方程式には当て嵌まりません。
アルファロメオの生産する車が「決して速くはないけど感性に訴えてくる車」だからこそ愛せるのはわかっています。
しかし、美しいデザインも魅力なんですよね。
無理だとわかっていても磨いてしまうものなんですよぉ(TДT)

>こ~んずさん
赤ってダメですねぇ。
欧州のラテン車に使う赤って染料系塗料が入ってないですかね。反射を見るとどうもそんな気がします。
グラスリッドだと片手逝っちゃいますか、やっぱり。
国産塗料の方が耐久性が高いのはわかっているのですが、あの色が出るのか心配で踏み込めません。
2007-07-04 Wed 18:55 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
>あの色が出るのか心配で踏み込めません。
そこなんですよね。
何台か見ていますが、ちょっと違う感じがするんですよねぇ・・・
2007-07-04 Wed 21:20 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>ちょっと違う感じがするんですよねぇ・・・
やっぱしorz
模型ではよくやるんですがフェラーリレッドの塗り方で
下地のサフェーサーをピンクで塗って本塗りに行く方法があります。
模型用のフェラーリレッドは蛍光塗料が含まれているんだそうで、この手順でないとあの色が出ません。
実車も同じような事になってるんでしょうかね(笑)
2007-07-05 Thu 07:29 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。