スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
スーパーカーの悲劇
2007-12-22 Sat 19:07
クルマが好きなら、一度はオーナーになってみたいのが「スーパースポーツ」ではないでしょうか?
子供の頃、カウンタックやミウラ、512BBなどのスーパーカーに心ときめかした現在はオジサンになっている僕達の世代なら、心揺り動かされないはずがないコアな部分です。

FerrariF430.jpg





今年、何故かスーパーカーの目撃が多く記事として取り上げてきたのですが、実際に所有するとなるとどうなるのでしょうか。
この手のクルマを乗っている、という事実に向き合った時、クルマに興味がある人と興味がない人も共通認識として「オーナーは金持ちである」があると思います。しかし興味がない人から見ると「車体価格」の高額さに目が行くのですが、クルマ好きが見れば、例えそれが中古のフェラーリであっても車体価格ではなく「維持費」へ目が向けられるのではないでしょうか?
正直、この手のクルマは手が掛かります。
何故か・・・

それは壊れる事が前提、いや壊れて当然の設計だからです。現在はどうかわかりませんが少し前までは設計レベルが10年以上遅れていると言われ、クルマ自体が未完成な部分を多く持っています。工業製品としてはお世辞にも褒められたものじゃないのですね。そのクセ、クルマがクルマですから高負荷の運転を強いられる事が多いので悪循環と言えます。
ではスーパーカーはずっと未完成なのでしょうか。
それはある意味当たっているし、外れかも知れません。それは生産台数と密接な関係にあります。
例として日本に存在するフェラーリが7000台程度です。希少なスーパーカーならもっと少ないでしょう。この数が少ないかといえばそうでもなく、日本は5本の指に入るフェラーリ大国です。それに引き換え、カローラの月産台数が16000台。カローラの月産台数の半分にも満たない数がフェラーリの1978年から正規輸入販売された数なのですから、細かい不具合なんか修正されるはずがありません。マイナートラブルは頻繁に発生すると考えて良いでしょう。メーカーが改良しようと思う走行性能は毎年ヴァージョンアップされるのですが、信じられないようなトラブルが多く、日本車レベルのクオリティーを求めていると痛いしっぺ返しに合います。
壊れる度に修理となるのですが、勿論、車体価格が高いのですから部品もそれに応じて高くなるので費用が嵩みます。
当然ながら修理代や車検代をケチってはなりません。整備費用や車検代などおよそケチを付けてはならないのです。寧ろ「いくら掛かっても良いからサぁ~完調にしておいてよ。今度の走行会までにさぁ~」と金に糸目をつけない態度の方が高評価です。
壊れた部品はほとんど本国からの取り寄せです。2~3ヶ月待たされても当たり前。
年間の3分の1も乗れません。
そして環境の問題。
この手のクルマが安アパートの未舗装駐車場に停められていてはマズイのです。やはり高級マンションの地下駐車場や高級住宅のガレージにひっそり佇んでいなければなりません。そう、周辺環境も高額となります。
オーナーのファッションも「ユニクロ」や「しまむら」であってはなりません。イタリアやフランスの高級ブランドに身を包まなければクルマと釣合いが取れません。
街中の駐車場はほとんど駐車できず、車体も低いので段差にも合流にも気を遣います。車体幅も広いので狭い道路での離合も困難でしょう。国道を走っていると、ドライバーの中にはクルマを見ているのにも係わらず「何かの見間違えだ」と存在を打ち消される心配もあります。そのため急接近されたり割り込みをされたり怖い思いをすることも度々あります。(これ本当にあるらしい)
最近でこそセミATが採用され過去のものとなろうとしていますが、ポルシェを代表とするクラッチの繋ぎ方にもクセがあって坂道発進は腕を必要とします。クルマがああいうクルマですから無論エンストしたりギクシャクした走りをしたりすると失笑を買います。そうでなくてもスーパーカーのオーナーは「運転が上手い」と周りから信じ込まれているので失望させてはならないのです。
そして見切りの悪さも天下一品。
特に後方なんか箱車のトラック並みに見えずミラーもデザイン優先で見難いですからバックしようと思えば、こんな曲乗りをしなければならないのです。因みにカウンタックのアクセルは相当に重い(笑)




「カウンタック・リバース」と呼ばれるバックの仕方ですが、様々なスーパーカーに応用されてきました。
しかし現在のランボルギーニe-ギアではドアが開いていると自動的にニュートラルに入るのでこの技が使えません。更にバックは難しくなっています。

現在はインジェクションの採用やセミAT採用で往年のスーパーカーよりはマイルドで扱いやすくなったとはいえまだ一般のクルマより乗りこなしが難しいのも事実だと思います。
こうして冷静に考えてみると「スーパーカーを買う」という行為は不自由も同時に買っているように思えます。大衆車のように気軽に買物や通勤など日常の生活などには全く使えないと思われますし、逆に我々の方がずっと自由にクルマを利用できているように思えます。
勿論、スーパーカーを所有する=セレブですから普段の足は別にあって、イベントの時はスーパーカーを乗るというスタイルではあるのでしょうし、難しいバックが必要な時は駐車係(ホテルとかね)がいますからキーを預ければ済む事なのでしょう。しかしそのために支払う対価は小額ではない、という事も事実ではあります。
そしてこの記事を読んだアナタは今後スーパーカーを目撃する度にこう思うようになるのです。

ああ、お気の毒に

別窓 | 日々記 | コメント:12 | トラックバック:0 |
<<この世に残されたロータリースポーツ | 欧州車貧乏記録簿 | 親が親なら…>>
この記事のコメント
フェラーリサウンドに憧れるRオーナー
はじめまして。

スーパースポーツに憧れるFD2シビック タイプRオーナーです!

フェラーリはこれまでの人生で2~3回しか目にした事がないのですが、強烈なフェラーリサウンドが脳裏に焼きついます!

でも、スーパースポーツって維持が大変そうなんですね!
はい・・、スーパースポーツを見るたびに、
「ああ、お気の毒に」と思うと思います(笑)

そう考えると、日本車の品質を持った、
ホンダNSXが一番!と改めて思った今日でした!
2007-12-22 Sat 08:31 | URL | ぱんだ #nZZcMDXE[ 内容変更]
なぜか派手なスーパーカーはネガティブなイメージがありますね。

昔何かで読んだことがありますが、日本のメーカーがフェラーリをもし作ったとしたらあの価格では絶対に出来ないそうです。
そう考えると購入できる層にとってはコストパフォーマンスに優れるのでしょうかね。

田舎では世間体がありますので、スーパーカーは昼間には乗れません。(^^;
ちなみに近くにミウラに乗っている方がいるらしいです。
もちろん、昼間に見たことはありません。
2007-12-23 Sun 00:24 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
>ぱんださん
初めまして。
FD2は今年4月頃のデビューだと記憶してますからバリバリの新車ですね。TYPE-Rは僕も興味があるクルマです。恐らくエンジン単体で見ても国内トップのエンジンだと思います。というか比べるものがない孤高の世界。

>ホンダNSXが一番!
当たりだと思います。コストパフォーマンスも品質も優れています。

>ああ、お気の毒に
そう思ってやって下さい(笑)
今回のネタは、維持以外にも苦労があるスーパーカーとして取り上げたのですが「身の丈にあったクルマ」でないと相当に苦労するということでもありますし、憧れは憧れで夢のままでいる方が幸せな事も多いという事でもあります。


>LOHAS20さん

>ネガティブ
確かにねぇ。謂われなき「ネガティブ」も含めてご近所のミウラのように「昼間に乗り難い」クルマになっちゃってますよね(笑)
イタリア本国でも同じらしいですので、お膝元でも昼に見掛ける事は珍しいという事です。
しかし近所にミウラって…うらやますぃ(笑)

>コストパフォーマンス
こいつは微妙なのではないでしょうか。
恐らく、日本のメーカーが作ったら性能も品質もかなりハイレベルになると思われますし、あらゆる面で信頼性も高いものになると思います。
購入後の修理代を考えたら安くなるのではないでしょうか。
2007-12-23 Sun 02:46 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
フェラーリVSランボルギーニ
おはようございます。
再びおじゃまします!

この「スーパーカーの悲劇」に貼り付けられている、
フェラーリ VS ランボルギーニの動画が、
ものすごく気に入ったのですが、
私のプログにも貼り付けても構わないでしょうか?

よろしければお願いします!
2007-12-23 Sun 08:37 | URL | ぱんだ #7pC3vk0A[ 内容変更]
>ぱんださん

>私のプログにも貼り付けても構わないでしょうか?
構いませんが、この動画はYouTubeからダウンロードしたものです。検索すると
http://jp.youtube.com/watch?v=ZeBd_F2Bz5Y
にありました。
僕のはFLVメーカーに再アップしているのでパスが掛かってます。ですからムービーを一旦ダウンロードした方が無難だと思います。
ご存知かも知れませんがWinの場合直接ダウンロードできませんので専用ソフトを使うかKEEPVIDのようなサイトからダウンして下さい。URLは
http://keepvid.com/
2007-12-23 Sun 11:45 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
確かに
楽しむ対価は相当なものがありますね。
本気で乗れば尚更みたいです。
友人が512TRを所有していますが、月に
1・2回数百キロ程度しか乗っていませんね。
2007-12-23 Sun 12:22 | URL | こ〜んず #JalddpaA[ 内容変更]
>こ~んずさん
今回のテーゼは「現実に向き合った時のスーパーカー」です。お金が掛かるとは言っても400万円以内のクルマとは桁違いの維持費が掛かることも事実です。
事実、父がメルセデスの時計が動かなくなってヤナセで部品の値段を尋ねたら「単体で11万円」と言われたそうです。結局「時計如き荷に11万はバカバカしい」といって交換しませんんでした。
こういう下世話な話も面白いかと思います。
でも憧れちゃうんですよね~
2007-12-23 Sun 14:29 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
ありがとうございます☆
IKEAさん、丁寧な説明で非常に助かります!
ありがとうございます♪

早速やってみます☆
2007-12-23 Sun 15:42 | URL | ぱんだ #CFnO5eDI[ 内容変更]
ご挨拶
本年はお世話になりました。
来年も宜しくお願いいたします。

そして本日、エグザンティアが”あのトラブル”で死亡してしまいました(苦笑)
2007-12-30 Sun 16:54 | URL | こ〜んず #JalddpaA[ 内容変更]
今年もあと数時間を残すのみとなりました。
今年は私のBlogにお付き合いいただき、ありがとうございました。

また来年も宜しくお願いいたします。

IKEAさんにとって良い年になりますように!
2007-12-31 Mon 11:41 | URL | LOHAS20 #-[ 内容変更]
”あのトラブル”
って、まさかあのトラブルですか!?
うわっ、マジで~ 廃車必至でしょうか・・・
年末年始にこんな事になってしまうとは。
やはりこのトラブルを記事にしたのは何かの思し召しだったのでしょうか。

こちらこそ昨年は大変お世話になりました。
今年も気長にお付き合い下さい(笑)
2008-01-01 Tue 14:36 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
>LOHAS20さん

昨年は大変お世話になりました。
今年もひとつこのBlogにお付き合い下さい。

っていうか正月ないし(笑)
一旦、仕事から戻って軽く仮眠。もう少ししたらまた仕事に行きます。
結構ハードなスケジュール(笑)はぁ~。。。
2008-01-01 Tue 14:43 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。