スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
砂漠に咲く華
2008-01-27 Sun 18:32
こ~んずさんからご要望(笑)がありましたZXのラリーレイドについて書いてみたいと思います。

このブログでも何回も書いてきた事ですがZXには「華」がありません。しかしZXには実は全く正反対の華があったのです。それはパリ・ダカールラリー(以下パリ・ダカ)で常に三菱パジェロと優勝争いを繰り広げた事です。

zx_rally1.jpg


zx_rally2.jpg


現在も非常に認知度の高いラリーとして知られている一つがパリ・ダカだと思うのですが、その起源は78年の暮れにティエリー・サビーヌがサハラ砂漠の縦断をするという冒険旅行から始まりました。当然、始まったばかりのパリ・ダカにはクラス分けなどなく、四輪、二輪、そしてカミオンが渾然一体となってひたすらダカールを目指し突っ走るという単純なもので、まさにアマチュアリズムに満ちた冒険心一杯のラリーでした。やがてモータースポーツとしての形態を鮮明にし、ワークスチームの参戦を経て、「パリ・ダカ」はラリーのひとつの代名詞として知られるようになります。しかし初期のアマチュア精神は現在まで残っていてプライベーターの参加が多い事でも知られます。

さてZXが何故、ラリーレイドに参加する事になったかです。
80年代WRCはグループBの時代になっていました。ランチアはデルタS4を投入し、対するプジョーは205ターボ16で迎え撃つデッドヒートでした。年々、各マシンのパワーは増大し公道を使用するラリーでは限界を迎えようとしていました。
86年になるとWRCでの死亡事故が増大し、トドメは第5戦のツール・ド・コルスではデルタの事故でトイボネンとクレストの死亡。事態を重く見たFISAは以後のグループBのホモロゲーションを受け付けない事を発表し突如グループBの時代が終わってしまいます。またこの年、レギュレーション違反とされたプジョーがFISAを提訴する異常事態でもありました。
とっととWRCに見切りを付けたプジョーは翌年になるとパリ・ダカに参戦。まんまグループBマシンの205ターボ16をホイールベースの延長などで改修しグランレイドとして投入。A・バタネンのドライブで優勝し、翌年はJ・カンクネンのドライブで優勝。89年には205のコンポーネントを405に移してA・バタネンとJ・イクスの1,2フィニッシュを飾り4年に亘って首位を独占する「プジョー祭」と言わんばかりの活躍を見せます。しかし91年からはプジョーがF1とプロトタイプカーへ活動の場を移す事を表明しており、クロスラリーとラリーレイドを同じPSAのシトロエンが受け持つ事になりました。
405と兄弟車に当たるZXがベースとなるのですが何しろ中身は前年優勝した405と中身は同じ。ZXは同じ戦闘力で91年92年と連続優勝。
最初は「黄色の巡洋艦隊」の伝統に則ってボディカラーは黄色(キャメルイエロー)でしたが、途中からシトロエンのコーポレートカラーである赤に変更され以後のシトロエンワークスカラーとなっています。
93年こそ三菱パジェロに首位の座を明け渡しますがその後も勝ち続け、追撃するパジェロはシトロエンが撤退する96年までZXを首位から引き摺り降ろす事ができませんでした。

そこまで強かったZXですが、TSOはワークス車両のスピードがあまりにエスカレートしたことに対し、97年よりメーカーチームからのプロトタイプ車両の出場を禁止しました。この変更を受け、同年よりシトロエンが撤退したため96年のモデルが最終ワークスマシンとなったのですが、正直この頃はすでにZXの面影などほとんどなく言われなければシトロエンである事しかわかりません。

タミヤからも1/24プラモデルが発売されていました。残念ながら入手していないのですが、同時期のパジェロもモデル化されていて、当時のパリ・ダカ宿敵セットが簡単に再現できました(核爆)

御存知の方も多いと思いますが、今年のパリ・ダカ(リスボン・ダカール・ラリー)が中止になったそうです。レグの一国であるモーリタニアでアルカイダ一派を名乗るグループにフランス人観光客が殺害された事が原因です。モーリタニア政府は警備を増強するとのアナウンスを出しましたが、フランス政府が新たにフランス人を狙ったテロの計画があるとのとの理由で、主催者ASOに中止勧告を出したようです。それを受けASOは今後治安の危険なアフリカを避け、他地域での開催も視野に入れた検討に入ったとのことです。実際、紛争という事態では人命も守れない訳ですし他のルートも止む無しかも知れません。いつか平和になってアフリカ大陸を駆け抜けるマシンを見たいものです。

Xantiaに関してはまたの機会にしたいと思います。
別窓 | シトロエン | コメント:7 | トラックバック:0 |
<<ジキルとハイド(ロ?) | 欧州車貧乏記録簿 | 1周年>>
この記事のコメント
はやっ!
凄いレスポンス、ありがとうございます(笑)
ZX、中身は別物とはいえ確かに華がありますねぇ、華がないからZXを選んだのかな(爆)
次はエグザンかぁ、楽しみだぁ♪
2008-01-28 Mon 19:52 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>こ~んずさん

>はやっ!
ZXは元オーナーだけにリサーチ済みです。
当時、TVでもF1ブームもあってかパリ・ダカも採り上げられてましたので記録が多いんですよ。93年のレースはNHKで放送されましたので録画してます。

>華がないからZXを選んだのかな
いや華がないように見えて実はある(笑)
ベルトーネはいい仕事をしてます。何気に洗練されている。

>楽しみだぁ♪
情報がほとんどありませんからね(苦笑)
ヤバイものに手を付けたかも…
2008-01-29 Tue 07:02 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
確かに
>ベルトーネはいい仕事をしてます。何気に洗練されている。

それは感じますね、一見地味なんですが(笑)

>ヤバイものに手を付けたかも…

でしょ、私も少し調べたんですが全然出てこないんですよぉ(苦笑)
2008-01-29 Tue 09:11 | URL | こ〜んず #JalddpaA[ 内容変更]
初めてコメントさせていただきます。南隣の県でやはりアルファとシトロエンで暮しております。私も以前ZXを所有していたことがあります。確かにデザインは地味で特筆するべきメカニズムもありませんでしたが、なぜか今でも気になる車です。1.6のクラブでしたが、いろいろな方が言われているように、ハイドロに勝る乗り心地だったと思います。市街地での燃費がわるかったのと、山間部を走ることが多くてパワ-不足を感じて乗り換えました。MTだったらもっと楽しかったのかもしれませんね。
2008-01-29 Tue 12:00 | URL | AKIRA #JalddpaA[ 内容変更]
>こ~んずさん
情報本当にすくないでしょ(苦笑)
ムリもないんですけどね。

>AKIRAさん
似たような経歴ですね。
同じ九州からのご訪問ありがとうございます。

>ハイドロに勝る乗り心地
高速に乗らなければ本当にそうですね(笑)
僕の場合、バネからハイドロだったので特にそう感じました。

>パワ-不足
1.8も似たようなものです。もうチョット馬力があれば、と思うシーンが多かったですね。
あちらの税制が絡んでの馬力設定だから諦めるしかないんですが。
2008-01-30 Wed 06:50 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
勝利のZXにあやかって・・・!
貴重にして詳しいレポートでした!!
パリダカにての大活躍のZXを心にきして
実は大いに華のある由来を持つ愛車を駆れること、幸運です!

私もあやかって活躍するぞ・・・!

 そういえば、パリダカ時だと思いますが、赤の奴のミニカーのそれ、車のAT付近の鎮座させているなぁ・・・。
中国のメーカーの奴だったかな・・・?
2008-02-10 Sun 08:41 | URL | いちまた #uAGuP8FM[ 内容変更]
>いちまたさん
遅レス済みません。

>私もあやかって活躍するぞ・・・!
アハハ、街中の華も宜しくお願いします。
日本での評価が不当に低い、という事は何度も書いているのですが、このクルマほど生活の道具として素晴らしいものは思い当たりません。

>赤の奴のミニカーのそれ
意外とパリダカモデルは各社出してるんですよ。
マメに探せばかなり出てきますから迷うと思います(笑)
2008-02-11 Mon 21:05 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。