スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
僕これ欲しくなっちゃいましたよ~
2007-02-06 Tue 21:35

このブログは過去と現在がゴチャマゼに進行しているので、支離滅裂な部分があります。
晴れて156のオーナーになり、登録はいつもお世話になっている整備工場にお願いしました。
「で、今度は何買ったの?また外車?」
「えっ・・・!ええ、まぁ(苦笑)」
「アンタも外車好きだねぇ~」
「・・・」(別に外車が好きなんじゃなくて車が好きなだけなんだけど・・・)
車庫証明が出るのに1週間くらいかかります。手続きが済むまでの間は156を横浜ナンバーのまま乗る事に。
10日位して社長さんから連絡があって、明日登録するので車を取りに行きます、と言います。足はどうしよう?
「明日はシトロエンの方に乗ってもらえますか?」
1日くらいなら、不調のZXも騙せない事はないだろうと思いOKしました。
翌日の朝、久し振りにZXのシートに座ります。
すると何か懐かしい感じがします。なんだろうこれ?ホッと落ち着く感じ。
フロントガラスもサイドガラスも大きくてルーミー。開放感に溢れています。
エンジンを掛け走り出します。相変わらずブレーキが開放されず引き摺ってノイズを出しています。しかし・・・・・・







あえ~ 身も心もトロケソウっす~






正直、毎日乗っていてこの乗り心地に慣れていたのでしょう。久し振りのZXは以前にも増して素晴らしい乗り心地に感じられました。低速では荒さの微塵もなく、速度が乗るとうねるように走るZXはバネサスでも十分にシトロエンです。
しかし帰り。自宅手前の交差点でとうとう最後を迎えました。どうにか自宅の駐車場に入れるのがやっと。

力尽きたか・・・

翌日、廃車処理の為に引き取られて行きました。
「本当にこれで最後だからね。廃車にすると1週間以内にスクラップになるよ。」
社長、そんな事と言われると別れがつらくなっちゃうよ。
「腹決まってますからお願いします」


しかしシトロ病という病は重いのです。
思いの外、病は進行していました。
ある日、何とはなしに、Xantiaの売物を眺めていました。
「ん!?何だこのXantia?」
妙に気になるV-SXが1台、オークションに出品されていたのです。


気が付くと「僕これ欲しくなっちゃいましたよ~」と松任谷正隆さんになっていました。
ハイドラシトロに嵌ってみるか・・・






別窓 | Xantia | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<第1回「うおっ!こんな所にこんなものがっ!」 | 欧州車貧乏記録簿 | 郵便配達は二度ベルを鳴らす>>
この記事のコメント
こんばんは、お邪魔します~

広熊の場合、引き取られた後に、たまたま運良く、
別の人へ引き継がれる場面に遭遇し、
娘の結婚式に参加しているような心境でした。
まだ結婚も娘もいませんが(笑)
2007-02-07 Wed 01:48 | URL | 広熊 #zdZ5FuOA[ 内容変更]
広熊さん、こんばんは~
かなり珍しいケースですね、それ。
多分、次のオーナーはプレッシャー感じたはずです。

僕は廃車とあって立ち会わなかったんです。
やはり辛いからですね。
2007-02-07 Wed 20:02 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
たまたま遭遇ですよ。

ランボルギーニじゃないけど、あんまりジロジロ見るのも悪いので、
引き渡している所を、店内からコーヒーをすすりながら(^^)
2007-02-08 Thu 23:20 | URL | 広熊 #KAbUH..Y[ 内容変更]
あー、そういう事だったんですね。
僕の読み違いでしたね(笑)
それじゃ、次のオーナーさんもプレッシャーは感じずにすみましたね。

僕はピアッツァを売却した時、次のオーナーさんとの個人売買だったので一部始終を見届けました。
次の方はオーナーになるのは2度目だそうです。
娘が嫁ぐ時の父親ってこんな心境かって思いました。
2007-02-09 Fri 22:13 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。