スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
激怒するアルファ
2008-02-22 Fri 07:00
昨年の10月に行われた「アルファ・ネーミング・コンテスト」をご存知でしょうか?
これは現時点で「ジュニア」と呼ばれる次期147の後継車の名前を一般公募したもの。このジュニアは以前の記事でも一度取り上げましたが、今回はそのジュニアの名前公募の話です。
0000017497_front.jpg

0000017497_rear.jpg


6ヶ国の自動車雑誌を通じて募集が行われ、イタリア「Quattroruote」、ドイツ「Auto motor und sport」、イギリス「Top Gear」、フランス「L'Automobile」、スペイン「Autopista」、日本では「CAR GRAPHIC」と各国を代表する代表する自動車誌が名前を連ねています。
Alfa Romeoが名前を一般公募したケースは過去に一度だけあります。1966年に発表されたスパイダー1600がそうで「デュエット」と名付けられました。
0000017497_ALFA_DUETT.jpg

このデュエットの場合、2ヶ月の応募期間中に140,501通の案が集まったそうです。今回はAlfa Romeoのエントリーモデルという違いはあるもののインターネットで募集するという如何にも現代らしい方法で募集が行われました。但し、期間は2007年10月2日~10月15日と短く、また一旦Alfa Romeo側である程度絞り込んだ名前から投票によって決定するというものです。

決定した名前はAlfa furiosa
激怒した或いは狂ったという意味だそうです。僕としては意外な名前だった気がします。
Alfa Romeo最小のエントリーモデルなだけに、もっと軽やかな走りをイメージしていたのですが、この名前だと過激な感じがします。ターボモデルも採用の予定があるという事ですから、もしかすると過激な加速路線もあるのかも知れませんが(笑)

さて何故既に終わってしまったキャンペーンの話を今しているかというと

プレゼントが到着したからです。

IMG_0081.jpg


実はこのキャンペーンには懸賞が付いていました。名付け親には何と「アルファ スパイダ」が送られるのです。投票者も抽選で様々なアルファ・グッズが当たるという大変豪華な公募キャンペーンだったのですが、くじ運の悪い僕が珍しく当たってしまいました。
IMG_0082.jpg

IMG_0084.jpg

lettera.jpg

当選のお知らせは昨年12月にメールであって事務局にFAXで返信しないと送られてこないシステムでした。まぁネット上からの個人情報漏洩が問題化する現代らしいです。

別窓 | AlfaRomeo | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<トルクロッド交換 | 欧州車貧乏記録簿 | 薫り>>
この記事のコメント
お!
そんなのあったんですねぇ、まったく知りませんでした。
それにしても凄いネーミングですね、なぜかイタ車はそういったネーミングを使いますよね。
ディアブロとか(笑)

キャップが当たったんですね!
でもスパイダーだったらどうしようとか考えませんでしたか?(爆)
2008-02-23 Sat 21:45 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
>こ~んずさん
細々と行われたようです(笑)
道理でアルファ乗りが記事にしない訳ですね。こ~んずさんが知らないくらいですから。

>ディアブロ
悪魔ですか(笑)
子供の名前に悪魔くんと付けようとして拒否された人がいましたっけ(笑)

>考えませんでしたか?
置き場所の事やら3台所有は可能かどうか(笑)
いや思ってません。スパイダーを貰える方は名前を考えた人ですからね。僕は投票しただけです。
2008-02-24 Sun 08:18 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。