スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
トルクロッド交換
2008-02-24 Sun 17:27
12ヶ月点検で見付かったトルクロッドのブッシュ切れは一旦インターネットの出物を探す事にしましたが、結局ヤフオクでも個人からの出物がなく純正を取り寄せる事にしました。チョット前にユニコルセの強化トルクロッドが出品されマークしたのですが、かなりイヤラシイお値段で引け僕は途中から諦めモードだったんです。落札すれば良かったかと少し後悔。
ディーラーに連絡して代引きで送って頂く事にしました。手数料が1,050円と安い金額とは思えないのですが、往復のガソリン代や人的コストを考えればリーズナブルと言えるでしょうね。
エンジントルクロッド 60652740 6,284円
代引き手数料 1,050円
合計 7,334円

torque_rod.jpg


昨日到着し今日交換しました。天気は昨日と打って変わって低気圧の所為で雪がパラツク天候。かなり寒いです。交換自体は大した問題もなく15分程度あれば終わると思います。

IMG_0088.jpg

現状です。ブッシュが完全に切れて外側に出てきています。シフトの入りが渋い時が度々ありましたからかなりエンジンが動いていたのでしょう。
取り外しは単にボルトを緩めて抜けば良いのですが、僕の156はタワーバーを装着しているのでタワーバーも少し緩めてスペースを作ります。ボルトは15mmですがエンジン側のボルトはボディ若しくはウォッシャーのラインが邪魔をするのでソケットの選択が微妙になります。ショートだとラインが邪魔でディープだとボディに干渉するという具合なので、セミディープのソケットが必要です。勿論使用するラチェットにも左右されますが、作業スペースが小さいのでコマ数の多いラチェットが大変有利です。

IMG_0089.jpg

IMG_0090.jpg

取り外したトルクロッドと新品の比較です。左が取り外したモノで、右が新品です。

当然、切れていたエンジン側の芯が狂っているのは当然として、反対のボディ側でも芯が狂っているのがお分かり頂けると思います。
IMG_0091.jpg

ボルトですが長い方がボディ側で短い方がエンジン側です。
取り付けは取り外しと逆の手順で取り付ければ良い訳ですが、念の為1つのボルトを一気に締めるのではなく2つのボルトを徐々に締めていく方法をお奨めします。所謂、対角締めと同じですが正確にトルクを懸けるにはこの方法が最良だからです。

IMG_0092.jpg

取り付けの終ったトルクロッド。
明日からが楽しみだぁ~。

フレグランスシートも同時に取り付けました。方法はラップで包むという一見アバウトな方法ですが、これなら穴なんか開けなくても大丈夫でしょう(笑)取り付けにはスナップピンが使われていますので、折れ易いプラスチックにはチョット慎重になる必要があります。
古いフレグランスシートはボロボロの可能性が高いので引っ張ればあっけないほど簡単に取れてしまうでしょう。しかし新品はそうとも行かずスナップを外して装着したい所ですがスナップ外しを持っていないと苦労するかも知れません。割りピンと同じ要領なので細めのラジオペンチなどでも代用は可能ですが。

と、ココから追記です。

トルクロッドを交換して一番感じるのがソリッド感です。エンジンはアルミ製とはいえ軽いものではなく、加減速時やコーナリング時には最大の重量物として大きく運動性に影響を与えるのですが、そのエンジンの動きが制限された事によって明らかにクルマの動きがスムーズになりました。前回の車検ではまだ持つだろうという事でしたが、既にひびが見付かった状態でした。交換によって購入した時より遥かに良い印象となりました。特に減速時のシフトの入りが吸い込まれるように入る様になりました。
またコーナーが連続するような場合でも、以前ならユラっと車体に何かが凭れ掛かるような印象だったのが払拭され、安心して踏んで行ける様になりました。
何よりエンジンの動きが最小限になった事で各ホース類、取り分けあのワンタッチ式のホースバンドが緩んでしまう事を防げる事も書いておかなくてはなりません。このホースバンドは増し締めが構造的にできません。ですからエンジンユニットが動けば経年変化で硬化したフューエルラインにヒビが入ったりバンドが緩んだりして最悪火災という事もありえます。これはAlfa Romeoだけでなくフィアット系のクルマ達も同様なので十分注意が必要で、エンジンマウントが定期点検部品の欧州車の場合ケチらず交換するのが吉です。
最近どうも切れがないとかシフトが渋いなどという印象なら、一度エンジンマウントを確認されては如何でしょう。

powerplantsus01.jpg

powerplantsus02.jpg

powerplantsus03.jpg

powerplantsus04.jpg

別窓 | AlfaRomeo | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<これ以上なにをお望みですか?(今ならご主人様付きだな) | 欧州車貧乏記録簿 | 激怒するアルファ>>
この記事のコメント
交換ご苦労様でした
トルクロッド、V6は結構エンジンが動くので特に重要ですよね。
そしてさほど難しくない場所でも工具によってはやたら苦労したりしますし、だから少しづつ工具が増えるんですが(笑)
スナップ外しなんてその典型じゃないですかね、意外と持ってませんから。
PSAはそれを使っても折れちゃいますけどね(苦笑)
2008-02-24 Sun 18:14 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
こ~んずさん
>少しづつ工具が増えるんですが
増やさないよう努力はしてるけど増えますね(苦笑)
できるだけ使用頻度の高い工具を揃える様にして、滅多に使わない工具を使う整備はプロにお願いします。
だって工具を揃えるコストを考えると工賃の方が安い事もあるんですよね。

>折れちゃいますけどね
欧州車はプラスチックが硬いみたいです。だからポキっと逝っちゃう(笑)
気温が低い時期の内装剥がしは神経使いまくりです(苦笑)
2008-02-25 Mon 06:41 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
マウント
重要ですよね、アクセルのON、OFFで大きくエンジンが動くとクルマの挙動にまで影響しますから。
時々思います、『いっそリジットマウントにしちゃおうか』(爆)
2008-02-25 Mon 21:01 | URL | こ~んず #JalddpaA[ 内容変更]
リジットマウントにしちゃおうか
そりゃ~ボディーが持ちそうにないですね(核爆)
強化マウントあたりで我慢すべし・・・でしょうか(笑)
2008-02-26 Tue 18:28 | URL | IKEA #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 欧州車貧乏記録簿 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。